« 卒業公演を観て | トップページ | 旅立ち »

2007年3月 8日 (木)

折り紙

Dsc01327 昨日の上演後に、子どもたちからこんな花をもらいました。丁寧に、それぞれ鬼の顔が折り紙で作ってあります。
 ちなみに、“鬼”は上演中の『逃げだした仁王様』の主要登場人物です。 こういう折り紙レシピがあるんですかね。創作ならすごい。

 子どものころ、僕の家にも折り紙の本がありました。その本の中に数点、折り紙に、はさみを使って“切り込み”を入れるものがあったのですが、子ども心に「何だかずるいなぁ」と、思ったのを憶えています。折り紙は一枚の紙から“折る”ことだけで、いろんな物を表現できるからこそすごい、と何となく感じていたんでしょうね。

 そういえば、ずっと前にテレビ番組で、数メートル四方の厚い紙で巨大な竜を“折って”いるのを見ました。あれはもう「折り紙」の域を超えていたなあ。立体だったし。

                                  誠

|

« 卒業公演を観て | トップページ | 旅立ち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 折り紙:

« 卒業公演を観て | トップページ | 旅立ち »