« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

春の香り

tulip 雨の多い三月も終わり。いよいよ新年度が始まります。桜も満開になってきました。

毎日の散歩は春の香りに包まれて

ちょっと幸せ。Dsc02732_2

もっと嬉しいのは山盛りのイチゴを頂いたときです。D1000154 食べきれないので、ジャムを作ることにしました。鍋でことこと煮詰めていきます。丁寧にアクをすくい、水分をとばしていくのですが、ふつふつと噴火するように飛んでくるマグマ状イチゴ液で、ガスコンロの周りはべったり汚れ、素手でかき回していると、やけどしそうに熱いし、服にも顔にも飛んできてなかなか危険な作業なんです。深夜、木べらでかき回しながら“甘くなれ~、美味しくなれ~”と呪文のようにぶつぶつ唱えているとなんだか魔女が毒薬を調合しているような気分。D1000160 かき回し続けて手がだるくなり、液体からどろりと重みがついてきたらできあがり。味見をして(いつもここで舌をやけど)レモンを絞って完成!D1000162

今回はどんぶり2杯のジャムが出来ましたwink

どんぶりのままじゃ変なので…冷めたらおすそ分けパックに詰めます。家中に甘い春の香りがいっぱい広がっています。

D1000142 近くの運河の水面をかすめてツバメがたくさん飛んでいました。ぎりぎり2羽しか写らなかったけど…。こまちもあれ?なんか飛んでたよねって振り返ったんですよ~。

D1000145こまち&洋子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開花宣言

cherryblossom まだお彼岸なのに、早くも桜が開花しました。でも大陸からの黄砂と、低気圧の通過で晴れ晴れとした開花ではありません。はるばる中国から砂が飛んでくるなんてね~。この砂ぼこりを踏んだら中国の土を踏んだってことかな?D1000128

 はるばる飛んでくるといえば渡り鳥たち。もうツバメが飛び始めました。ツバメが飛ぶとなんだか雨が多いような気がします。うちに来るメジロもそろそろ山へ帰るかなあ?ミカンも品切れで、毎日の供給が出来ません。(買えばあるけど、ちょっと痛んだミカンをあげてたので…)よく観察していたら、2羽でやってきて、足場のよい所は強い方が独り占めして、片方を追い払ってしまうんですよ。Dsc02709 なんか意地悪そうな感じです~。それにヒヨドリはもっとけたたましくて、メジロを蹴散らすように飛んできます。まあどこにでも見られる光景ではありますが…。ウグイスも鳴き始め、まさに春爛漫近しです。春といえば花粉(。>0<。)幾田は鼻づまり、こまちは涙がじとじと…。でも花が咲いて草が伸びてくるのは大好きですD1000127。 雪柳も満開。菜の花も満開。その下に伸びた草を食べて、文字通り道草を食う犬です。  桜が散る頃から新学期?新作の貧乏神を作り始めます。

D1000131 さて、どんな貧乏が始まるやら?

商売繁盛の豊川稲荷にお参りしたんだけど~効果ありますように~full

 こまち&洋子 D1000109

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花いっぱいの~

cherryblossom もう三月、梅の花も早々と終わり 公園の白木蓮が開き始めました。

D1000116青空に明るく映えています。いつもの年より早い感じ。そして、うちのささやかな庭にメジロがやってくるようになりました。この間まで山茶花の花の蜜を吸っていましたが山茶花が終わったのでミカンを出しておいたら、5分もしないうちにやってきました。Dsc02700

写真を撮ろうとするとすぐ逃げちゃうので、なかなか写すのが難しいし、このくらいのミカンだとあっという間に食べてしまいます。後にはきれいに表皮だけが残っていて、また催促されているような気分…。花ざかりといえば我が稽古場で華道教室が開かれています。教室というほど大げさなものではなく、幾田のお姉さんが先生で場所をちょっとお貸ししているだけですが…。

Dsc02688

日本人のたしなみとして、茶道、華道など少しは知っておきたいですね。

Dsc02702_2 こちらは大好きな多肉植物。サボテンのようにトゲはないけど扱いは同じ。多肉という響きが身近なんです~。

 

 冬のオリンピックで活躍された、女子フィギュアの鈴木明子選手は、豊橋出身。駅にも街中にも、「がんばれ豊橋の星」という垂れ幕が踊っていましたね。鈴木選手の卒園した保育園はうちのお得意さまです。20年前から毎年人形劇を見ていただいているので、鈴木選手もきっと見てくれたはず。そんなこと覚えてないかなあ?

          こまち&洋子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »