« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

中秋の夜に

fullmoon 昨夜は中秋、雲の隙間からなんとか名月を拝むことが出来ました。

Dsc03528 月の中に何がいるのかちょっとわかりませんね。

シルエットが兎に見えたのは遥か昔のこと。シルエットといえばうちの窓にはこんな影が…。

Dsc03482 これは昼間の写真です。なのでお腹もばっちり写りました。

Dsc03483 開いた足が可愛いでしょ?

秋も深まるとどこかにもぐりこんでしまいます。そろそろ冬支度でしょうか?

 中秋といえば萩の花。お婆ちゃんちの庭では萩満開です。027

裏庭では三尺ササゲという豆がすだれのように垂れ下がっていました。

029 おいしい?

長い残暑もようやく終わりそう。さあ秋はやることが一杯です!運動、読書、芸術、食欲!

こまちはやっぱり食欲だね?

“中秋の畑に豆の雨が降る” (こまち心の俳句)

こまち&洋子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜の現場

moon3 夜の作業が終わる8時ごろ、玄関に置いた花が甘い香りを放ちます。

Dsc03464 散歩の途中で頂いた“夜香木”です。朝になると匂いはまったくしなくなり花も閉じてしまいます。歩道の脇に植えてあるので、夜この道を通る人は甘い香りに包まれながら不思議な感じがするかもしれませんね。バラや、百合、ジャスミンなどとは全く違うどこか異国の風情があるような気がします。

夜の現場に残されたのは今回の“没ちゃん”たち。幸いなことにまだ人形の不採用はありません。小道具が少し…。

Dsc03466 色塗り前の物もあるようです。大量の薪のようなもの。草など。まあ少ない方ですね。

後ちょっとで完成?なのに…。妙に細かい作業を残してしまいました。

Dsc03468 タイトルの部分は千代紙をちぎって貼っています。気分は山下清?私には向いてません。どちらかといえばこまち向きかも。こまちは紙を引き裂くのが大好きですからね。でも繊細じゃないので、現場に入れてもらえません。おやつにスイカをほんの一口もらえるだけです。台風一過で、秋が来るかと思いきや、また猛暑のぶりかえしだって!いったい何時になったら涼しくなるの?ねえさくらちゃんっ!

Dsc03462 猛暑なんてへいちゃらのさくらちゃん。もう8ヶ月です。

風立ちぬ、それは野分か秋風か?~(こまち心の俳句

こまち&洋子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

期待したけど…

Dsc03399 suncloudrain?×× 9月に入っても、太平洋高気圧の威力は衰えません。毎日入道雲がもくもくわいて、雨が降るかと期待したけど、中天に差しかかる頃にはふわっと消えてしまいます。もう三週間以上雨が降りません。いい加減にしてほしいと思うけれど、ここより暑い地域はまだまだ沢山あるので、ひたすら我慢の日々です。

 こんなに暑いのに生き物たちはたくましい。ツル植物が大好きなスズメ蛾の幼虫をよく見かけます。派手な目玉模様に、お尻に角を立ててひたすら葉っぱをかじっていました。

029 昨日見た時は体の色はグレーだった(うわっ嫌い!)

028 今日は黒にオレンジのドット

(同じ個体なのか?)

027 危うく車に轢かれそうだったけど

(助けません!)

 嫌いなんだけどつい見てしまう、強烈な個性の芋虫です。野葡萄やエビヅルなどのツル植物の下にオシロイバナの種のような黒い糞が落ちていたら必ずこの手の芋虫がいます。雀の口には余る大きさ。早くサナギになってちょうだいね。

 新作の仕込みもいよいよ大詰め。本番まで後2週間程となりました。今年の作品はいまいち派手さがないのですが…。少しだけ贅沢に着物のハギレ紬などを使ってみました。

 Dsc03380どこに使ってあるかな?

  どんなに暑い夏でも、終わりがくるはず。夕方、日の暮れるのが早くなりました。

 秋は夕暮れ、夕日のさして…、上空ではカラスが急いでねぐらへ帰り、うん?低空飛行のヒラヒラは何?そうコウモリたちがぶつかりそうに飛んできます。

 “ 黄昏のこうもりが舞う散歩道 ” (こまち心の俳句)

 こまち&洋子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »