« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

秋はどこに?

maple やっと夏日から開放され、遅れていた衣替えをしようかなと思っていたら、いきなりの寒波到来。一気に冬になっちゃいました。新作の『風邪をひいた貧乏神』の上演も始まり、一息つかせてもらった私は、秋を探しに山形へ行ってきました。蔵王の山肌はまさに紅葉の真っ盛り。

Photo_2  ゴンドラに乗ってみました。Photo_3

 錦繡の上を滑るように樹氷駅まで上りましたが、この日すでに山頂では雪が降っていたと、夜のニュースで知りました。風雨にたたられ日本海は大荒れ。外の気温は6度。中部地方では、真冬でも10度を下回るなんてあまりないのに、冷たくて寒くてびっくり。でも庄内の町の人はほっこり暖か。道に迷った私たちを雨の中を手振り、身振りで教えてくれました。

“そごのすんご、ふだずめをむぎにいぐと、はすにづきあだるべが、はすはわだんねでいげ”

文字にしたらこんな感じかな?もっとゆっくり聞いていたかったのですが、先を急いで…

Photo_4 羽黒山の参道はうっすらと雪化粧

去年人気だった大河ドラマゆかりの上杉神社にも行きました。Photo_5

 秋を探す旅のつもりだったけどいきなりの雪。真冬に遭遇しました。

留守番のこまちも、夜は寒くてキュンキュン鳴いてたんだよね。

Photo_8

“留守番のご褒美ねだり足を咬む”(こまち)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5歳になりました

dogばんびの看板犬“こまち”は去る10月9日、めでたく5歳になりましたbirthday 036_3

こんなに可愛かったのに(・_・)エッ....?Photo_2

う立派な中年犬です。Dsc03619

吠えて、吠えて吠えまくり、近所迷惑になりそうだったけど、すぐ近くの家に空き巣が入って、これからは番犬として頼りにされるかも…。(芸は身につかないしね)

まだ暑さが残っているけれど、草木はもう秋色になっています。

名前に秋の文字が入った花たちも今が見頃。

Dsc03624 秋桜(花びらがシェル状です)037_3  秋明菊(菊の仲間じゃないけど)

038_2  秋海棠(ベゴニアの仲間)

ちょっと淋しげな雰囲気が秋の庭にあいますね。

こまち&洋子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肩身が狭くて

dog やっと秋らしい爽やかな日が続くようになりました。朝夕の散歩も快適なはずなんですが、ちょっと肩身の狭い思いをしています。といういのも時々見かけるお怒りの看板。

034 かなり怒ってますね!

035 手書きで、太字のは迫力あります。地主さんが現れない内にそそくさと通り過ぎたい。

033ちょっと変だと思う。でも知り合いの家だから言いにくい。

 既製品のカードやら、張り紙など、たった1キロほどの道に何十枚とあって恥ずかしい。でも、いくら犬相手でももう少し正しい日本語で表示してもらえないかしら?犬は道の端を歩きたい。前の犬が通過した痕跡を嗅いで歩きたいんだよね。

005  橋の端を歩く(一休さんか?)

 散歩で出会う生き物たち。きれいに咲いた芙蓉の花の前で網を張っていた黄金蜘蛛。かかった獲物をくるくる巻き上げるのに10秒もかかりませんでした。すごい早業で思わず見とれちゃいました。

031032_2 お見事!

 食欲の秋というより、生き残りを賭けてるんだよね。貧乏神、生き残れるかなあ?

 “秋の朝 隣は何を食うひとぞ” ( こまち心の俳句 )  

こまち&洋子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »