« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

行く年来る年

fuji  今年も後三日。切羽詰って大掃除やら、今流行の“断捨離”に挑戦してみたものの、なかなか片付きません。ちょっと一息入れに二川町にある本陣資料館に行ってみました。

Dsc04009 行く年来る年の干支の張子展を開催中

今年の干支の虎と、来年の兎の張子が展示されていますが、全国各地の張子たちの表情がそれぞれ特徴があって見ていて飽きません。特に虎は、いかめしい顔立ちからちょっとお間抜けな感じのものがあって楽しい。私は鳥取県の虎が一番好きです。本陣資料館には浮世絵版画の体験コーナーや、東海道の大名行列のミニチュア、宿場に関する古文書など。見ごたえのある展示品の数々。

D1000268 版画を体験。見当を合わせるのが難しい

本陣の建物は修復保存された重厚な構え。お座敷を歩き回り、お大名の御座所を拝見。縁側でお庭を見ながら日向ぼっこも出来ます。

D1000265 梅が咲いたらまた来ようね

今年もあまりいいことなかったけど、まあ年を越せるだけでもいいかしら。“貧乏神”のお芝居やってるとますます貧乏になっちゃう気がしますねdespair

何はともあれ今年一年お世話になりました。このブログを読んでくださる皆様に来年こそ良いことがありますようにお祈りします。

D1000082 こまち心の俳句もまたね

年越しは放って置かれること多き 春を待つ気持ちうらはら目に涙 

 めでたさも中に届かぬ犬の春

Dsc04007 もうすぐ出番…。    

 こまち&洋子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の足音

xmas...。oо○**○оosnow

もう師走。誰もが駆け足になる頃。こまちと美術館に行って来ました。

Dsc03988 ユトリロ展を観ましたDsc03989

もちろん犬は入れないので、車の中で待っていましたが、美術館の周りの公園を、ゆっくり散歩できました。沢山の落葉を踏んで、初めて会ったビーグル犬にもちょっと接近できました。

Dsc03981 かしこそうな女の子だったね

Dsc03985 落葉は保護色?

ユトリロの絵は初公開のものばかり。美術の教科書に載っているのとは随分雰囲気の違うものもありましたが、やはり白い教会や、パリの街角の絵はすてきでした。ありえない話だけど、うちの壁に飾るならこれだな!という絵を見つけるのも美術鑑賞の楽しみです。100円のポストカードを、100均の額に入れて飾るのが精一杯だけど…art

落ち葉踏み冬の足音たててみる (こまち心の俳句)

本物の絵を観るのは心の栄養。パリ…生きてるうちに行けるかなあ?

こまち&洋子

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »