« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

違いがわかる?

eye まだ5月も10日ほど残っているのに、この暑さはどうでしょう?初夏をすっ飛ばして、真夏です!暑さの中、四国へ出張してきました。とらまる公園近くの田園は小麦が色づき、まさに讃岐うどんの素が広がっていました。

Dsc04621 麦秋ですね。小麦と大麦。子どもの頃、我が家の畑に大麦が植わっていたので、かろうじて違いがわかります。わからなかったのは、あやめとかきつばた、菖蒲、アイリスの違い。

Dsc04589 これはあやめです。乾いた所に咲いていて、少し小さめ。八橋図屏風などに描かれている水辺に咲くのが、杜若。大きめなのが菖蒲。咲く時期も少し違うのです。

もう花は終わって新緑の葉がのびている、はなみずきだけれど…。おやこれは?

Dsc04620  花の形はよく似ているけれど、こちらはやまぼうしです。葉が先に出て、花が目立ちません。似ているけれど違いがわかってくると、おもしろい。

Dsc04622  大きな魚の影、と思ったけれど、Dsc04623 渓流にかかった鯉のぼりでした。新緑もまぶしいし、水の色も濃いし、ここは四国なんだねえと、つくづく感じました。

やっぱり遠いのでこまちは留守番だったねdog

麦秋のさぬきの風にうどん旗 

土産には何をくれるか皐月晴れ(こまち)

  こまち&洋子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初夏の色

cherry もう5月も1週間過ぎてしまいました。もちろん連休などどこ吹く風でひたすら内職と、アルバイトです。幾田は四国、とらまるへ単独出張。私は引きこもりで、衣装を縫ってました。

Photo チャイナ服の注文。まだ、仮縫いの段階。帽子も作っています。

縁取りの色を変えて、3人前の注文です。ここだけの話ですが、あの“小東”が再登場するらしいのです。チャイナ服らしく見せるにはなんといってもボタンですね。先回は既製のボタンが高価だったので、手作りしましたが、ネット通販で安価なものを見つけたので助かりました。縁取りのパイピングテープも同じお店で仕入れました。(手芸センターナカムラさんです)

Photo_2 Photo_3 初夏の色はブルーです。

五月晴れの空色の花はファーセリア、紫っぽいのはブルーハイビスカスです。

どちらもおばあちゃんの庭に咲いてます。

5月といえば、さくらんぼ。母の日が近くなると店頭に小さなパックに詰まったさくらんぼが並んでいますね。高価だ!とても手がでない…、と悲しく素通りしてしまいます。

が、昨日近所のお宅で実っていたさくらんぼを頂きました。

Photo_4 小粒ですが甘酸っぱくてまさに初夏の味です。桜桃忌を思い浮かべるほど物憂い気分じゃなかったので、一人で全部食べちゃいました。(実はこまちのおかげで頂いたんだけど…)

 桜桃を 眺めるだけか 物悲し (こまち)

 初夏の味 鼻先かすめ 消えていく (こまち)

  こまち&洋子

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »