« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

南九州の出会い

bullettrain 週末、九州新幹線さくら・つばめに乗って南九州に行ってきました。出張という名の取材旅行?(遊びでしょ!)です。九州新幹線が全面開通したのは3月12日。震災の直後なので、開通記念のCMも流れなかったけど、後でネットでみたらとても素敵でした。車両もゆったりしていて、和モード。窓の日除けがすだれでした。

Photo Photo_2 真ん中が透かしてあって景色が見えます。

熊本城の天守閣に登って少し紅葉した銀杏など見ました。

Photo_3 城内には武将隊の面々もいて、「何歳ですか?」と尋ねると「450歳を越えたでござる」とのお答えに思わずくすり(笑)

なりきり武将はなかなか格好よかったですね。

夜の熊本は、ゆるキャラサミットで優勝した“くまもん”のイルミネーションが きれいでした。

Photo_8 くまもんグッズも可愛い!

今回の旅の最大目的は出水平野に飛来してくるナベ鶴の大群を見ることです。

Photo_5 Photo_6 いましたよ!田んぼのあぜ道に餌をまいてもらうと、ひしめいて食べています。出水に住む友人の表現によれば、佃煮になりそうだとか…。ナベ鶴はグレーが濃く地味ですが、数で圧倒しています。首の白さが目立っていて、明るいグレーの羽の方は真鶴です。どちらの鶴も、必ず家族単位で行動しています。鶴の集まる田んぼの側には観察センターがあって、沢山の鶴を見ることができますが、普通の田んぼにも、何気なく鶴の家族がいて、そんな風景に感動しました。佃煮よりものどかでいいなあと…。もちろん、おこぼれをねらうカラスや鴨も、普通の数じゃありませんでしたね。

今週の花  姫つるそば

Photo_7 年に何回か花がつきます。草も緑が弱くなった晩秋に、花は可愛い金平糖のよう、葉はこれから赤く紅葉してきます。地面にちょっとだけ植えたつもりが、今ではすっかりグランドカバーの主役に。そんなに広がらなくてもいいんだけど…

草よけにもなるし、いいかなあ~。

なべのつる?つるのなべかな くれるかな?(こまち)

留守番は してもいいけど 土産くれ! (こまち)

今回の土産はまたしてもゼロ。早くアレルギー治しなさい!

こまち&洋子

| | コメント (1) | トラックバック (0)

いつか終りが来るように

weep 先日の日記で、鈴虫がまだまだ健在と書きましたが、昨日とうとう息絶えました。急に寒くなったので、カイロを入れたりマフラーで覆ったりしましたが、19日(土)は低気圧と、暖気流のおかげで、すごい雨降り。生ぬるいような室温の一日でした。私達は引佐人形劇まつりに参加していたので、鈴之助はこまちと留守番。まずまず元気そうで、暖かいから大丈夫だなと安心していたんですが、昨日20日(日)、新鮮なリンゴとナスを入れたところ、仰向けにひっくり返ったまま動きません。体を起こして、木に止まらせると、かすかに動き、羽を拡げて鳴こうとします。ちょうど開いていたパソコンの中から聞こえる虫の音に反応して、鈴之助が鳴き始めました。最初はきれいな音色で、時折途切れ、それでも鳴こうと羽を拡げたまま、止まり木から落下して息絶えました。いつか終りが来るとわかっているし、小さな虫なんだけど、名前も付けちゃったし、けなげだったし、勝手なこちらの思い込みに過ぎないけれど、少し悲しくなりました。昨夜はそのまま部屋でお通夜。やっぱり生き返りはしなかったので、今日山茶花の根元に埋めました(u_u。)

 晩秋の土に還るか鈴之助

 山茶花の垣根に眠れ鈴之助  (こまち心の俳句)

 19日(土)は一日引佐人形劇まつりに出かけ、大雨の中、会場移動の度にびしょぬれになりながら観劇をしました。こんなに大雨だったのは初めてです。人形劇の様子は撮影できないので、上演後のふれあいコーナーで撮影しようと思ったのですが、こども達の勢いにとても割り込めず断念しまして、こちらのショップは撮り放題camera

Photo Photo_2 人形や、手作りキット、人形劇の本など幅広く売っています。これだけの品数が揃っているのはこちらだけでしょう。しかもお値打ち価格になっていました。買い損なった方は来年こそ要チェックです。

Photo_3 この方はワークショップをやっている“わけみずえ”さん、通称“わけちゃん”こどもでも簡単に作れる人形を指導、遊び方なんかも教えてくれます。

野外ではテントを張って、地元の物産やおいしい軽食などを販売しています。全ての会場が歩いて回れる距離にあり、上演時間もゆとりを持って組んであるので、観劇のはしごも簡単です。来年、またね~と挨拶しあえるのもうれしいフェスタですhappy01

 今週の花  マイクロ胡蝶蘭

Photo_4  何がマイクロかっていうと、花の大きさが3~4センチしかないのです。胡蝶蘭というと、開店祝いや、政治家の事務所には必ずある、豪華さだけを強調して、これでどうだ~っ!という感じが好きじゃないのですが、この小ささは愛らしいというのがぴったり。狭いうちの窓辺にも置けるのです。先日の誕生日祝いにもらって既に1ヶ月過ぎましたが、まだ健在。蘭は長持ちしますから、あと1ヶ月は大丈夫。長持ちするからって、もう名前つけたりしませんけどねribbon

こまち&洋子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

過保護かも

scorpius もう秋も終わりだというのに、うちの鈴之助はまだまだ健在です。

Photo 一匹になってさぞや孤独だろうと、ちょっと甘やかしています。

 夏の間は涼しい玄関に、でも室温が20度を下回ってくると、もしかして死ぬんじゃないかと思い、今では日当たりの良い部屋で、私のマフラーをゲージに巻いて暖かくしてやっています。こちらが風邪を引けば、きっと部屋が寒いからだと、貼るカイロをゲージに貼って暖めています。私は重ね着、こまちは自前の毛皮で乗り切りますが、何時まで鳴くやら…。6月生まれだから、そろそろかな?交尾してないオスは長生きだと書いてあったので、2匹いたメスにはお呼びがかからなかったのかな?

 先日稽古場に数少ないお友達犬の“ラムちゃん”と“たかちゃん”が来てくれました。人形の材料にする、ウレタンの塊は、小型犬にぴったりのお立ち台です。記念写真を…と構えますがみんな目線がバラバラでしたdog

Photo_2 高い所は割と平気なパピヨンの姉妹

 この間の旅行で函館の金森倉庫という赤レンガの立ち並ぶ所へ行きました。中は今時の雑貨や、ケーキ、ファッショングッズのお店が一杯あって、おばさんでもちょっと興奮気味。その中のマトリョーシカのグッズを売っているお店に行きました。今年は、ばんびのメンバーが札幌公演の際、ロシアの劇団の方と交流したり、また“とらまる”で公演されたということもあり、ロシアに縁のある年でした。なので、ロシア料理を食べたりしましたが、やはりマトリョーシカは外せませんね。

Photo_3 買ってしまいました。猫のマトリョーシカ!

もともと日本のこけしの影響を受けているのですが、まあ可愛いのなんの。お店には十数万円もする、巨大マトリョーシカもあり圧巻でした。最近、手芸屋さんの布やワッペンにもマトリョーシカの模様を良く見かけます。ロシアってそんなに好きじゃなかったけど、ちょっと気持ちが動いたかな?

今週の花  ウインターコスモス(イエローキューピット)

Photo_4 真夏に咲く花の黄色よりも、柔らかくて、白い縁取りが可愛い。漢字で書くと(冬秋桜?)そりゃ変だ!ちょっと花びんにさしてあるだけで部屋が良い香りに包まれます。

字余りになるのでこまちの俳句は読めませんでした…。

 今年の風邪はなかなか厄介だそうで、うちも全員風邪引きです。インフルエンザも早めに予防しなきゃ。新型インフルエンザが入ってきた時は大変でしたものね。hospital

こまち&洋子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立冬の朝

maple 暦の上では立冬だと、気象情報で何度も繰り返されるけれど、まだまだ冬は遠いですね。紅葉も遅れているようだし、稽古場には蚊だっています。そんな朝、山茶花の葉陰に居たのは…

Photo_2 アマガエル見つけました!“まだ冬眠には早いかな” と黙考しているような顔。

Photo_3 ちょっと腕に止まってもらいました。可愛い!こんなに小さいけれど、わりと鳴き声ははっきりしていますね。先日の雨の日にカエルの鳴き声を聞いたような気がしていましたが、やっぱり居たんだね。

 秋も終わりになると、家の周りはくもの巣だらけ。とても貧乏くさいと思うけれど、暮れの大掃除までは取り除く気がしません。

今週の花   「藤袴」

Photo_4 秋の七草の1つ。真ん中の花のようにほころんでくると、とても良い香りがします。昔の人は花を乾燥させて、箪笥の中に入れたそうです。源氏物語にも出てきますね。花は地味ですけれど、王朝の香りって感じです。

 秋は果物が美味しい季節。一番はリンゴですね。いろんな種類が出回っていますが、この頃気になっているのは、“紅玉”というリンゴです。子供の頃食べた紅玉は皮は赤くて美味しそうなのにかじると、首が縮むほど酸っぱかったものです。甘い、ジューシーなタイプが本流になり、紅玉はあまり見かけなくなったのですが、最近また復活してきました。アップルパイや、料理には紅玉が一番なのです。スーパーに普通に出回っていたので、早速買って来ました。リンゴジャムに挑戦。

Photo_5 “パン茶家わおん”さんに作り方を教えてもらいました。

紅玉の皮の赤さがジャムの色を引き出してくれます。料理に使うには酸味がポイント。

でも、そのまま食べても、昔のように酸っぱくはなかったんですけどね????

立冬だというのに、うちの鈴之助はまだ元気。6月生まれで、もう4ヶ月半も生きている。鈴虫にリンゴを与えると良い声になると聞いたので、さっそく鈴之助にリンゴをやりました。“紅玉”じゃなくて、“フジ”ですが…apple

 こまち&洋子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のありがとう

happy01 上演班はただ今下関にお邪魔しています。祝日に出発したので、渋滞などあり、12時間もかかって到着したと一報が入りました。夏の北海道、台風に追われた香川、今月末には福井と、遠出をする度に心配で…。最近は携帯から一報が入るようになりましたが、無事に帰って来るまでは安心できませんね。そんな毎日ですが、上演先でいただくありがとうのグッズや、感想文、人形劇の絵などを拝見しますと、ほっと和んでしまいます。

Photo 先日いただいたありがとう。“ありがとう”のカードがゆらゆら揺れて、とても可愛いので、紹介します。物が動くということが人形劇の基本なので、仕掛けを思わず、なるほど~と見てしまいます。

感想文で一番うれしいのは、「面白かったけど、泣けた」と書いてもらった時ですね。楽しい、笑える、というのももちろん大事な要素ではありますが、別れの悲しさとか、思いやりの気持ちが伝わって泣いてもらえた時が作者冥利に尽きるというものです。別れはいつでもどこにでもあるものですが…。

そろそろ別れが近い“鈴之助”

もう11月なんだけど、最近暑さが戻ってきたので、まだ鳴いています。

Photo_2 みかん、りんご、かき…季節の果物をあたえてみたけど、やっぱりナスが好き。鰹節も好物。元気な日は数時間鳴き続けています。

今週の花

Photo_3 野葡萄です。ブルー、紫、不思議な色が一杯

花といいながら実ばかりじゃないか…と指摘されそうなので、

Photo_4 先日泊まった札幌のホテルのロビーにあったスズラン。もちろん生物です。季節外れのスズランの鉢植えが、そこかしこに置いてあるのは、ホテルのシンボルマークだから?いい匂いでした。

こまち&洋子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »