« 桜の花が満開になる頃は~ | トップページ | あおによし奈良の都に来てみれば »

2012年4月 6日 (金)

デジブックで人形劇を紹介その2

 数年前に上演していた作品『かさ地蔵』のデジブックを作ってみました。

写真の編集、切り取りがあまりうまくいかなかったのですが、雰囲気だけでもと思い作りました。この先上演できるかどうかは未定ですが、大事にしたい作品なので、人形・セットは温存してあります。普段は1年ごとに作品を入れ替えますので、人形・セットは残っていません。

デジブックなるものを知り、こんな形で残しておけるかな?と試しています。今は無料バージョンなので、保存期間は30日です。

ホームページも見てね→人形劇団ばんび

保存期限が切れたので、デジブック消滅しました。また作成したら見て下さいね。 こまち&洋子

|

« 桜の花が満開になる頃は~ | トップページ | あおによし奈良の都に来てみれば »

コメント

朝一番で素晴らしい物を見せて戴きました
頑張って創って下さいましたねぇ
音楽がまた素敵でした
今の子供達に「食べる物が無い」とか「藁を打つ」
が伝わるのか..と余計な心配は不要ですね。
子供はそれなりにちゃんとわかるのですよね

大人になって、ちょっと知ったかぶりな事が増えてきて、色々考えるところはありますが、「素直な心が温まる」素敵なお話しですネ
有り難うございます

投稿: arakansin | 2012年4月 6日 (金) 07時03分

>> arakansin様 おはようございます。
今の子どもに貧乏が通じるかという心配は、
昨年まで上演していた『風邪をひいた貧乏神』というお話を作るときにも悩みました。
昔話ですらなじみがなくなっている昨今です。
残しておきたい日本のお話を何とか子どもたちに伝えたいと試行錯誤の繰り返し…
常に貧乏世帯のばんびなので、貧乏話は得意です
ちなみに音楽は無料提供から選んだ「雅」です

投稿: ばんび(秘密の工作中) | 2012年4月 6日 (金) 09時37分

おはようございます。先日はさくらの登場ありがとうございました。以前に見せて頂いたかさ地蔵、改めてばんびさんの制作演出に感激。BJMとピッタリでした。

投稿: さくら母さん | 2012年4月 6日 (金) 10時32分

ばんびちゃん、こんにちは!
心が温まるお話
ばんびちゃんたちの優しさを感じました
お地蔵様もキツネの親子も、おじいさんもおばあさんも、みんな優しくて。。
とってもステキなデジブック
ばんびちゃん、やるなぁ~~

投稿: びっくりまま | 2012年4月 6日 (金) 10時50分

>> さくら母さん お待たせしました。デジブックで残すのはいいんですけど、今のところ無料バージョンなので、
30日で消えちゃいます。
毎月500円払うっていうのが、貧乏な私にはきつくて
さくらちゃん、今後も出演お願いしますね

投稿: ばんび(秘密の工作中) | 2012年4月 6日 (金) 11時18分

>> ままさん いつもありがとう。
みなさんが励まして下さるので
ちょいと昔の写真を工作してみました
だんだんカメラやPCの機能がよくなるけど
ついていけません。
半分ボケ防止に作ってるようなものです。
ここだけの話、デジブック作ってる人って結構年いっちゃってる人が多いの
道理で最近中高年が、高いカメラ持ってあちこちお出かけするわけだ。
私なんかヒヨッコです~
ていうか、高いカメラ買えません

投稿: ばんび(秘密の工作中) | 2012年4月 6日 (金) 11時25分

ばんびさん素敵なお話ですね
今の時代に…何でも揃っていて✿
それなりに物も買える…
貧しくても心豊かに…素晴らしい言葉ですね
息子は今幼稚園教諭を目指しています…
先日も紙芝居まがいの物を画用紙に描いて…
どう~って披露してくれました✿
何も無いところからの制作は…大変でしょうが…
心に残る作品を作り続けてくださいね✿
有難う✿(=^・^=)~

投稿: ArtRose | 2012年4月 6日 (金) 15時07分

>> ArtRoseさん ありがとうございます。
Roseさんの作品のようにファンタスティックなものも作ってみたいのですが、ちょっと役者がそろわなくて(苦笑)
お母様の手作りの作品を身近で見ておられるのなら、
息子さんもきっと素敵な絵をお描きになるんでしょうね。将来が楽しみですね

投稿: ばんび(秘密の工作中) | 2012年4月 6日 (金) 15時20分

こんにちは~。
かさ地蔵いいですね
辛いこと苦しいこと嫌なこと。そういった苦労も
家族でいたわり合って笑い飛ばしていられるって、幸せですよね。
ぽこ3も頑張ろう!ありがとうです

投稿: ぽこ3 | 2012年4月 6日 (金) 16時58分

>> ぽこ3号さん 
ありがとうございます。
労わりあう気持ちを忘れないように
家族が仲良しだといいですね

投稿: ばんび(秘密の工作中) | 2012年4月 6日 (金) 18時30分

ゆるやかなページの移り方に、お話をじっくり味わうことができました。
時代は変わっても、「無私の心」の美しさは老幼を問わずに心を打つと思います。

せかせかした日常の中で、久しぶりにゆったりと時間をすごしました。
デジブックに作り上げる時間と労力が、この作品をよりすばらしい物にしていますね。
お疲れ様でした。

心和むお話が見られて良かった。
ありがとうございました。

投稿: maam | 2012年4月 6日 (金) 19時44分

こんにちわ^^
素敵な動画でした~
笠地蔵は子供の頃から
大好きな物語です♡
童心に戻って見入ってました♪
ますます、目の前で見てみたいと思いました。
北海道にも、上陸をお待ちしてます^^

投稿: チョコっとママ | 2012年4月 6日 (金) 20時33分

こんばんは~。
今回のお話も、なかなか感動的でした。
人形や、舞台、小物作りなど、楽しそうですね。
特に、お地蔵様たちや、狐たちの表情が良かったです。四季の移り変わりも、うまいです。曲もよくあってますね。
次回を期待してま~す

投稿: ジャネット・ぽこ・リン | 2012年4月 6日 (金) 21時20分

ナイス爺さん
ナイス婆さん

まりりんはカンドーした

投稿: まりりん | 2012年4月 6日 (金) 21時50分

>>maam様 ありがとうございます。
この作品に使った布は名古屋の大塚屋で仕入れたんですよ。時々古い着物を頂いて,ほどして使うこともあります。
一度作品をお蔵入りにしてしまうと、何も残らないのですが、
こんな形で皆さんに見ていただけると、写真を編集した甲斐があります

投稿: ばんび(秘密の工作中) | 2012年4月 6日 (金) 22時10分

>> チョコっとママ 様 こんばんは
昨年は札幌のこぐま座という人形劇場で公演したんですが、毎年は呼んでもらえないし…。
何せフェリーで一日かかりますものね。
雪の北海道にはぴったりのお話でしょ?
このお話知らない子が多くてびっくりしましたよ~

投稿: ばんび(秘密の工作中) | 2012年4月 6日 (金) 22時19分

>>ジャネット・ぽこ・リン様 毎度ありがとうがざいます。
えっ?次回ですか?
いやープレッシャーやわ~
ジャネット様もぽこりんと岩手の風景を組み合わせて
デジブックを作ってみたらどうでしょう?
なんてったって、あの風景は絵になりますから~

投稿: ばんび(秘密の工作中) | 2012年4月 6日 (金) 22時26分

>> まりりん様 こんばんは
いつもありがとうございます。
私もまりりんさんのジオラマにカンドーしています

投稿: ばんび(秘密の工作中) | 2012年4月 6日 (金) 22時28分

こんばんは
かさ地蔵、知っている話なのに感動しちゃいました
きつねの親子もカワイイですね

投稿: mariko | 2012年4月 6日 (金) 22時43分

遅くなってすんません。

出掛けておりました。そうしたら、人形劇団がやってきておったと。
そこで、郁どんは慌ててでかけたと。
なんと、まあ~~凄いことが起こっておった。
じいさまと、ばあさまがえらいことになっとった。
けどもなあ~
この二人は、優しい心の持ち主だったと。
お陰でなあ~良い年越しができたと。
キツネどん達も、きっと、にこりとわらっておることじゃろうなあ~。
*なんて、書いてたら終いがつかないなあ~
 いい、いい。とってもいいよ。
点じゃい。
でもって、これが30日で消えてしまうのはもったいないよう。
保存できるようにしたらいかがですかあ?
そうしたら、新たに沢山の案を生かすことができるのにぃって思いましたですわぁ~

投稿: こころぐ郁美 | 2012年4月 7日 (土) 17時30分

>> こころぐ郁美先生 ありがとうございます。
100点いただけますか?ちょっとおまけですね
こういうものって欲が出ますね。
有料バージョンならもっと…と思うのですが。
本来は生の舞台でお届けするべきなので、
今のところ消えちゃっても仕方ないかなと思います。
加工した写真は残っていますからまた考えます。
もう、前の方の「こまち」なんか後6日で消えます

投稿: ばんび(工作完了近し) | 2012年4月 7日 (土) 17時58分

コメント遅くなりました。
「かさ地蔵」教科書にも載ってますが 狐が出てこなかったことと お爺さんが糸ではなくかさを売りに行ってたと思うのですが 詳しいことわからないのでよろしければ教えてください。
子供達も気になったみたいです。うちの子が通ってる学校は小規模校です。ひとクラスで10~16名ほどの人数です。昼休みの時間に集会があって。各学年 発表していくのですが 娘も息子も「かさ地蔵」の劇を発表しました。二人とも お地蔵さまの役でした。
娘も息子もお爺さんとお婆さんのやさしさに見入って見てました。ちょうど 娘の友達がきていたので 皆で見ました。私のナレーション付きで見ました。音楽が素敵でした。お人形さんの表情が私は 大好きですヽ(´▽`)/

投稿: ひめ子 | 2012年4月 7日 (土) 23時54分

>> ひめ子さんいらっしゃいませ。みなさんで見ていただいてありがとうございました。
お爺さんが売りにいくのは、笠の場合と糸といろいろあるようです。普通は冬だけのお話なのですが、
私は日本の四季を通してお地蔵様と、里に生きる人々や、動物とのかかわりも表現してみたかったので、
こどもやキツネを登場させました。
元のお話とは違っています。約一時間ほどの間に四季が移り変わり、キツネが成長していく姿も絡めて見ました。本当は生で見ていただかないと分かりにくいので、ここでは雰囲気を感じていただければ幸いです。

投稿: ばんび(旅の前に) | 2012年4月 8日 (日) 09時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デジブックで人形劇を紹介その2:

« 桜の花が満開になる頃は~ | トップページ | あおによし奈良の都に来てみれば »