« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

最期に最後まで…

sun いよいよ今年も押し詰まってきました。もう後何時間もありません。(100時間切りましたhappy02)こんなせっぱつまってからのお出かけですが、実は乗車券の回数券が今年中だったので無理やり名古屋へ出かけました。美術館めぐりも大変なので、もう少しお気楽にと思い、「ノリタケの森」へ行って来ました。

名古屋駅から歩いて行ける、陶磁器メーカーのノリタケ美術博物館です。

Dscf2368 赤レンガの建物ってどうしてこんなに雰囲気が出るんでしょうね?
Dscf2369 広いお庭の中には神社まであります。
Dscf2371 オープンスペースではクリスマスのグッズを販売中
Dscf2391 ノリタケの歴史はまさに日本の洋食器の歴史です。オールドノリタケと言われるディナーウエアーは必見です。テーブルセットも再現されていて、私には縁のないお皿たちですが、1枚だけ目を引くプレートに出会いました。
Photo この、文旦を載せたお皿はノリタケの歴史展示にちゃんとあったんですよ!各年代別に流行したプレートの中に並んでいました。
頂いたお皿ですので大切にしていましたが、この1枚の姉妹たちにこんなところで出会うとは思いませんでした。

文旦は大変美味しくいただきましが、皮を捨てるのがもったいなくて、お風呂に入れようか迷いましたが、最後までいただきたかったので、マーマレードを作ってみました。
Dscf2375 皮の苦みを取るために3回ほどゆでて水にさらし、砂糖を控えて煮詰めました。(薄皮を別の鍋で煮て、シロップだけを濾して、加えます。ペクチンが含まれていてとろみをつけるためです)

こんな感じにできました。
Dscf2377 シフォンケーキに添えて
Dscf2378 ヨーグルトに合わせて
苦味は残りますが、文旦の上品な香りはそのままです。
最初から甘いイチゴやリンゴのジャムを作るのと違い、皮ですから苦味を抜くのが大変です。次は皮のピールを作ってみようかな?
Dscf2381 こまち、狙ってもダメ!

今年最後の花

Dscf2356 ポインセチア・斑入り葉
真っ赤ですけど、白い斑が入るとゴージャスですね。
クリスマス終わりましたけど、玄関前を明るくしてくれてます。

今年もこのブログを訪問して下さりありがとうございました。
点検おばさん、こまち共々これからもよろしくお願いします。
Dscf1982 頑張ろうね~

良い年をお迎えください   ばんび一同

ホームページはこちら→人形劇団ばんび      

| | コメント (22) | トラックバック (0)

冬の贈り物

present もうすぐクリスマス。プレゼントなんてもらえるあての全くない私とこまちでしたが、先日思いがけずお友達からどんと頂いちゃいまして、うはうは気分の毎日なのです。
お歳暮の贈答も一段落して、お正月前にせっせと頂いております。

 南国の四国方面からは文旦を頂きました。土佐文旦の温室物。
大きさは夏ミカンよりも一回り大きい位です。香りがステキfullmoon

(写真はクリックで大きくなります)

Photo きれいな色です
Photo_2 剝き方説明あり
Photo_3 きれいに剝けました

上品な甘味、酸味は夏ミカンのように刺激的ではありません。美味しい~。大好きです。ところでこのような大きいかんきつ類、薄皮を剝いてから食べますか?剝きながら食べちゃいますか?私は全部剝いて、お皿に盛って、手を洗ってから食べます。さっさと食べれば~って言われるのですが、どうもね。

贈り物は食べ物だけではありません。うれしいお便りも頂きました。

静岡県浜松市立・金指小学校の皆さんが、人形劇を観た感想文を送って下さいました。

12 1年生
大きな字で書いてくれました。イラストはご自分の顔ですね。笑顔になってて嬉しいです。
3 6年生になると
感想もイラストも具体的です。
Dscf2364 カラフルな色使いですね
普段は幼稚園・保育園での公演が多く、乳児さんも一緒に観たりして、内容を全部理解してもらうことはできませんが、さすが小学生です。細かい所もちゃんと観ていてくれてびっくりしてしまいます。「七福神」が出てくる話は「悲しい気持ちの人が元気になるお話で良かった」という感想を書いていただき、作者として思わずほっとしてしまいました。

頂いてばかりじゃいけないですね。

垣根の山茶花に小鳥がやってくるようになったので、ミカンをあげました。
Photo_4 二羽来てます
Photo_5 メジロさん
Photo_7 食欲旺盛
回りを気にしながら、時々場所を入れ替わって食べています。
とても可愛いので、毎年ミカンをあげています。でももうちょっと大きいヒヨドリが来たら、メジロさんたちは追い払われてしまいます。ミカンいっぱいあるから遠慮しないでね。

Photo_8 冬になるとどうしても編みたくなるマフラー。今年はフワフワの毛糸で編みました。プレゼントにします。
Photo  お友達のワンコにはフリースで作った服をプレゼント。

こまちはね、今日、可哀想なバッタの足をかじっちゃったからプレゼントはナシ!

Dcim0159 ゴメンナサイ
こまちが片足噛んじゃいました。

Dcim0160 反省してますけど

さて今日は冬至です。柚子湯、カボチャの出番はあるかな?
今年の冬はちょっと寒さが厳しいですね。クリスマス寒波も来るとか…
ノロウィルスも猛威を奮ってるそうで、手洗いうがいは欠かせません。新しい年を迎える前に、まだ大掃除っていう重大仕事が待ってまーすsweat01体力勝負だdash

ホームページも見てね→人形劇団ばんび

大掃除は手伝わないと決めたこまちdog
                 &洋子

| | コメント (22) | トラックバック (0)

美術館への旅って?

sunbullettrainart

 今年も残すところ後わずかになってしまいました。
何かやり残したことがあるような、ないような…焦燥にも似た気持ちに駆り立てられて(前から決めてたんですが)美術館巡りをしてきました。

芸術・美術は心の栄養です。年が明けたら新作の人形劇の構想をまとめなくてはなりません。いろんな刺激を今この時期にたっぷりと受けておきたい…取りあえず名古屋のボストン美術館へ行きました。

Photo 金山駅のすぐ横にあります

海を渡った日本美術が里帰り。蕭白、光琳が圧巻でした。

2 日本にあれば国宝級ですね

そして先日は東京・上野のツタンカーメン展へ行って来ました。
Photo_2 約50年ぶりに日本で開催
もう次回のチャンスまでは待っていられません。
少し混んでいましたが、さすが世界の四代文明の一つです。あたかもそこに少年王が眠っているかのような雰囲気でした。

折角上野に来たんだからと欲張って、博物館へも足を延ばしました。

Photo_3 立派な建物です
Photo_4 新館の平成館で
「中国王朝の至宝展」を観ました。
青銅器の重厚な形や、まだ発掘されたばかりで謎の多い、蜀の金の仮面など、四千年の間の王朝の変遷をたどる、素晴らしい展示でした。

Photo_5スカイツリーも見えたし
Photo_6 次は西洋美術館にも行こう

大変お腹一杯になった美術館・博物館巡りでした。
それにしても上野公園には、なんと沢山の美術館・博物館が集中していることか!

今は耐震工事中の建物もあって、一度に全部見ることはできませんが、
ぜひまたゆっくりと訪れてみたいと思いました。
動物園も不忍池へも行かなきゃねevent

たっぷり栄養補給したから、新作の構想もそろそろ湧いて来るかしら?

ホームページも見てね→人形劇団ばんび

例によって、旅にはぽこりん一家がお付き合いして下さいました。

ぽこりん一家と行く美術館・博物館の旅をデジブックにしてみました。

こちらも見てね。

やっぱり留守番のこまち 
          &洋子

| | コメント (19) | トラックバック (0)

冬の光を求めて~☆

sun 12月になった途端に寒風吹き荒れて、思わぬ寒さに風邪を引きそうです。
ここ太平洋側は何と言っても日差しが頼り。日中はお日様さえ当たっていれば何とか過ごすことができます。
もちろん人間だけじゃなくて犬も猫も陽だまりが好き。

散歩から帰って来ると玄関の日当たりのいい場所にお隣の猫が陣取っていて
Dcim0150 入れてくれません
Dcim0151 眼光するどいね

仕方がないのでもう一回りしましょうか?
Dcim0144 走ってみた
Dcim0143 遊んでよ

猫に負けた照れ隠しにちょっとおどけているこまちでした。

冬の光はお日様だけじゃないですね。今、街ではイルミネーションがまばゆく光っています。めったに夜の街など出ませんけど、駅前ではLEDの明るいツリーが輝いていて、しばし見とれてしまいました。
Dcim0147 なかなかきれいです
Dcim0148 次々に変化してます

最近クリスマスに縁がなくなってきたんですけど、クリスマスのイベントに人形劇はいかがですか~?

詳しくはホームページへどうぞ→人形劇団ばんび

ココログ広場のお友達、ジャネット・ぽこ・リンさんの「ぽこりん日記」の写真をお借りしてデジブックを作りました。秋から冬へ、岩手の風景と柴犬ぽこりんの可愛い様子をご覧ください。

今回は沢山写真でました~こまち(ぽこりんにはかなわない) 

    &洋子

| | コメント (20) | トラックバック (0)

母校が呼んでる~

school 先日、私の母校の小学校が創立80周年を迎えました。
ひょんなことから同窓会の役員を引き受けたのですが、(殆ど用事はないと言われたからです…)
学校なんて卒業してから出向いたこともなかったのに、80周年記念式典をやるので、実行委員会を開いて準備に入るからと、何度も会議の招集がありました。
えーっ!結構仕事があるじゃない…。
これも母校のためか~と、できる限り出席して、12月2日の記念式典を目指してきました。
ありがたいことに式典の後のアトラクションで、私たちの人形劇を上演させていただくことになりました。

Dscf2206 おお、立派になって

在校生490名程で4階建。昔は1000人超えてた。1学年、200人はいたよね。
でも3階だったと思う。もうどこにも面影はありません。

Dscf2198 式典の準備
小さい花は児童たちの手作りのアレンジフラワー

Dscf2197 来賓席も並んでる
おばさん、会場を点検中

Dscf2201 広いね~
在校生はカーペットに体操座り、後ろは一般の父兄、校区の人たちの席だね

Dscf2202 司会用マイクのテスト
そこは持場じゃないです。おばさんはやらなくてもいいのに…

Dscf2205 うちの舞台の準備も始まりました
式典の舞台とは反対側にこっそりと立てておきます。

さあ、いよいよ式典の始まりです。

Dscf2210 校歌斉唱~note
2番までは唄えたけど、3番は覚えてなかった…

Dscf2209 市長さんの挨拶
このシーンは新聞にも出ました。市長さん効果ですね。

式典の後私たちの人形劇「かっぱのお守り」を上演しました。
卒業生である私は 「夢について」 のようなテーマでスピーチをさせられたのですが、
“きゃーっ!”
会場の体育館は底冷えがしていて、指がかじかんでしまい、
いきなりマイクを落っことしてしまいましたkaraokedownshock
話の落ちより先にマイクが落ちるという、とんでもない記念式典でした…

おばさん、点検したのにねhappy02

きょうの花

~山茶花~
Dscf2215 赤い八重咲
Dscf2214 ピンクの一重
一重の方が好きだけど、花の少ないこの季節に、元気に咲いてくれれば何でもいいかな?
垣根というにはお粗末な植え込みだけど、この花たちを目当てにメジロがやってきます。そろそろ、ミカンを枝に挿しておこうかな?

今日のこまち

Dscf2032 友達のラムちゃんと
この子たちの見つめる先には何があるの?

ホームページはこちら
(「かっぱのお守り」も出ています)→
人形劇団ばんび 

12月に入ったら本格的に寒くなりました 

  こまち&洋子

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »