« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

おばさんの日帰り出張・帰宅編

busbullettrain 先週日帰りで東かがわ市のとらまるパペットランドへ行ってきました。瀬戸内海が遠くに見える丘の上にとらまる公園があります。

人形劇のいろんな施設がある広場からちょっと歩いてみました。
そこには
Dscf2880
こんなユニークな石像がど~んと置かれていたり
(遠くに見える水平線が瀬戸内海です)
Dscf2881 砂に埋もれた顔の彫刻や
Dscf2877
あっと驚く“ダリ”の彫刻があるのです!
そして京都駅では
「京都名流いけばな展」が新幹線コンコースで開催されていました。
Dscf2935 山茱萸(さんしゅゆ)
Dscf2936 ちょっと洋風かな?
Dscf2937 もうアマリリス?
Dscf2938白い桃に椿
Dscf2939 木瓜
Dscf2940 辛夷と椿
さすが名流の作品だけあって大作です。18もある流派の方々が週替わりで出瓶されていて、急ぎの旅でしたが季節を先取りした花々に目を奪われました。
帰宅後しばらく寒い日が続きましたが、公園の梅が気になっていたので、梅まつりに出掛けました。
Dscf2943 まだ満開じゃない…
Dscf2945 ピンクも可愛い
Dscf2948 白梅が好き!
Dscf2957
満開だとこのあたりからふわっと梅の花の香りがしてくるのですが…
今年は寒さが厳しかったようで満開はまだこれからです。
こちらの公園には早咲きの紅梅“薩摩紅”、遅咲きの“光源氏”、枝垂れ咲きの“司”などいろんな種類の梅が植わっています。3月の10日ころまでが見ごろでしょうね。
こまちも一緒に行ったのですがもう花粉が飛んでるみたいで元気がありません。
Dscf2961 春が来るよ~
今年は対策しっかりするからね。
木と春で椿。大好きな椿“胡蝶侘助”を一枝もらってきました。
Dscf2964
小さな椿ですが陽射しがたっぷりに注いだら開花してくれました。
春一番の椿ですhappy01
ばんびのホームページもよろしくね→人形劇団ばんび
散歩は行きたいけど涙がでちゃう・・こまち&洋子

| | コメント (13) | トラックバック (0)

おばさんの日帰り出張・その1

bullettrainbus 梅まつりに行きたいと公園の近くまでは行ってみますが、なんだかまだ満開じゃなさそうで車から出る気になれません。それなら思い切って遠出しちゃおう~。ということで、四国は香川県のとらまるパペットランドへ行ってきました。

おばさん、新幹線に乗りましたよ。
Photo 遠くの山に雪が…
米原辺りはやはり、雪です。
Photo_2 Photo_3 寒そう~!
新幹線を京都で降りて高速バスに乗り換えです。
Photo_4 高松エクスプレス
いざ四国へ~
Photo_5 明石海峡大橋
淡路島へ渡り、鳴門海峡を過ぎると阿波・徳島です。
とらまるパペットランドは、高速大内のバス停から徒歩5分。駐車場を横切って行くと、とらまる人形劇場があります。
Photo_6 噴水の向こうが劇場です。
日本で唯一の人形劇の専門劇場なんですよ。
こちらでパペット・アーク(人形劇学校)の最後の卒業公演が行われました。
タイトルは文字通り “ザ・ファイナル”
人形劇の専門学校の運営に、全国のプロ人形劇団の人々が協力して財団を立ち上げ、明日の人形劇界を担う若者を育成する事業を10年間行って来ました。しかし、厳しい経済状況などの事情により、今年度で学校は閉鎖となってしまいます。最後の卒業公演だけは何としてでも見届けようと、おばさんがやって来ると…
Photo_7 お~い!
Photo_8 パペット・アーク2期生、
3年前までばんびで活躍してくれて、現在はとらまる研究所の職員の本田 誠氏や、
Photo_9 私たちばんびの人形劇の音楽を初め、いろんな劇団の音楽を作曲されている、音楽家の西尾 賢氏にも会えました。
Photo_10
華やかなお祝いの飾りはあったけど本音はとても寂しいです。
日本で初めて人形劇を学ぶ学校を作り、人形劇なんて見たこともないような若者や、自分探しの旅の途中の青年たち。何十人かの卒業生たちを送り出しはしたけど、まだまだ続けてほしかった。ばんびもいろんな形でこの事業に関わってきました。代表者自ら,単身赴任で10年間、現場で若者たちにカルチャーショックを与え続けてきました。
Photo_11 お疲れ様って
Photo_12こまちが待ってるから
あれ?そんな顔で待ってちゃだめだよ。
Photo_13 さよなら~
「パペット・アーク」またいつか新しい船出ができるといいね~。
Photo_14
しんみりしてちゃおばさんらしくないから、讃岐うどん「ぶっかけ・やさい天」食べて
麦汁飲んで帰りました~beerbusbullettrain
Dscf2917 つづく…
とらまるパペットランドはこちらから→→とらまるパペットランド

ばんびのホームページも見てね→人形劇団ばんび

春は遊んでもらえるかも…こまち&洋子

| | コメント (20) | トラックバック (0)

決めなきゃね☆

new 2月は短いから残すところ3分の2しかありませんね。年度末もすぐで、せっぱつまって来ました。苦しまぎれのような気もしますが、なんとか来年度の新作人形劇のタイトルを決めました。

先日から狸のお話だとちらちら日記に書いていたのですが、ついに!ついに~決めました。(引っ張ってるわけじゃないですよ)
じゃ~~~~~ん!発表します!
「豆狸だ・ぽん!」 
Dscf2825 に決定しました~
↑あくまでもまだイメージです。
昔から酒蔵に豆狸という妖怪が住み着くと、お酒が美味しくなるという言い伝えがあります。
各地に残る狸の伝説や、信楽焼きの狸などを参考にお話を作ります。
もう一つの小作品は
昔話・わらしべ長者」 をちょっと変わった舞台で作ってみたいと思っています。

そして庭では春を待つ花たちが少しずつ顔を見せるようになりました。
Dscf2810 クリスマスローズ
まだ花茎が伸びませんが少し開いて中身が見えます。
Dscf2808 いいお顔ですね
Dscf2804 多肉植物も元気
日の光を受けてます
春を待つと言えばここ豊橋では奇祭「鬼祭り」が明日から開催されます。
豊橋駅には主役の赤鬼の着ぐるみが展示されています。
Dscf2816 大人の方が着用
鬼祭りの由来説明書きも
Dscf2818 (クリックして読んでね)
Dscf2821 髪が長い!
昨年の記事「我が町の鬼」に書きましたので、詳しい内容は省略します。
この鬼祭りが終わり、同じ愛知県稲沢市の国府宮の「はだか祭」が、2月の20日過ぎに開催されると、少し春めいてくるかなと思いますが…
やっぱりお彼岸過ぎまでは暖かくはなりませんかね?
Dscf2823
家の中でもセーター着て丸まっているこまちでしたbearing
今年は寒さが厳しすぎるよね・・・
ホームページもよろしく→人形劇団ばんび
 
   こまち&洋子

| | コメント (22) | トラックバック (0)

春はどこから来るかしら?

snowsoonsun 1月もあっという間に終わってしまい、もう2月です。旧暦ではまだお正月は来てませんが、節分が過ぎれば立春ですから、春の訪れは近いかしら?(まだ梅も咲いてませんけど)

最近、節分といえば恵方巻きなるものが関西方面からやってきて、スーパーやコンビニでは予約注文まで取っていますね。私の子どものころは、節分の日の夜、大きな袋を持って、近所の家々を回ったものでした。個別包装のお菓子などなかったので、バラのままの大豆や落花生、半面に砂糖がコーティングしてあるビスケット、タンキリ飴などが、真っ暗な部屋の中で頭の上から降ってきて大興奮でした。翌日は踏みつぶされたお菓子などを掃除するのにさぞ大変だったことでしょう。
我が町が誇る名産「ヤマサちくわ」さんが、こんな楽しい節分限定品を出していたので、一つ買ってきました。(写真はクリックで大きくなります)
Dscf2759_2 赤鬼君です
包装紙に描かれた赤鬼君…いかめしいのに
Dscf2761_2 中身は練り製品
Dscf2765_2 各部品の説明です
目は竹輪にぎんなん、髪は昆布、パンツはカレー風味、
金棒はピーナッツがまぶしてあります。
いかめしさはどこ行っちゃったの?
職人さんが遊び心満載で手作りされた限定品です。
なんか子どもの粘土細工みたいですけど、味は保証つきです。
青鬼くんもありますが、もったいないので一つしか買いませんでした。
Dscf2764_2 こまちが狙ってます
豆も煎り大豆だけだと飽きちゃうので、麦汁のおつまみにぴったりのこちらを
Dscf2770_2
ジャコと干しエビが入ってます
Dscf2769_2
こちらはスイートポテト風味、おやつにぴったりjapanesetea
Dscf2784_2
今年は幾つもらえるかな?
Dscf2778_2 こまちは7つね。
節分の夜には柊にイワシの頭を刺したものを軒先に打ち付けておきますね。
イワシの尾頭付き買いましたよ。
Dscf2787_2 鬼も逃げちゃうね
節分の翌日はいよいよ立春です。
さあ春はやって来るかしら?
新作のあらすじは決まりました。今年は豆狸が活躍します。
いよいよタイトルの発表!
それが…bearingbearingbearingなかなか決まりません。
ホームページも見てね→人形劇団ばんび 
          こまち&洋子

| | コメント (26) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »