« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

点検おばさん飛行機に乗る

airplane 先週、久しぶりに県営名古屋空港から出発するツアーに行ってきました。
中部国際空港ができて来年で10年・・・それまでは国際便もあって立派な空港だったのに、
なんだかこじんまりして、ローカルな感じの空港にになっちゃいました。

(写真はクリックで少し大きくなります)
1 可愛い飛行機だね
点検おばさんもこまちも飛行機に乗るのは初めてです(機内持ち込み扱いのバックに入ってですけどね)
ここから出る飛行機はフジドリームエアラインズの飛行機で、小型機です。
名古屋から岩手花巻空港まで行ってるのはこちら

2 ピンク色~heart04

搭乗時間が遅れたためすでに15時過ぎてます。
やっと乗り込んで出発ー!
Dscf6001 木曽川辺りかな?

無事に上昇したようです。

3 おばさん早速点検

雲の上に出ちゃうともうあまり見るものはないですね。
4 こまちもドキドキ

安定飛行に入ったら飲み物のサービスが来ましたよ。この日は花巻空港に向かっていたので、岩手名物の「かもめのたまご」というお菓子が付きました。
Dscf6005 いただきまーす

1時間10分ほどで無事に到着。ツアーでしたからすぐ迎えのバスに乗ってホテルへ直行。
1日目はあっけなく終わってしまいました。
翌日の早朝からホテル付属のゴンドラに乗って岩手山近辺の眺望を観に行きました。

5 眼下に広がる雲海

6 姫神山も見えます

岩手山は上からはあまり見えなくて、下に降りてからくっきりと見えてきました。
7 バスで移動中

向かうは白神山地です
8 昼食タイム
山菜があれこれついたお昼ご飯・これからハイキングなので麦汁なしです!
(この時すでに風邪で喉が痛くて麦汁どころじゃなかったのでしたcrying

今回のツアーの第一の目的・白神山地ハイキングへ
9 来ましたよ
ここが登山口、というほど遠くまでは行きません。何しろ一行は中高年ばかり15名。
ネイチャーガイドさんの案内で行く、往復3時間ほどのコースです。

11 先頭のガイドさん
お天気が良くて汗ばむくらい。少し登ってはポイントごとに、説明をして下さいます。
10 山肌が染まってる
落葉樹、主にブナの原生林が広大な範囲に自生しているのは、世界的にも貴重な存在だということで世界遺産に登録されました。私たちが行けるのはほんの入り口の緩衝地帯というところです。
20 現場の看板
見づらいですが、薄い色が緩衝地帯。濃い部分が核心地帯です。赤いルートが今回歩いたところなので、ほんの入り口だとわかりますね。
安心して登っていけます。

12 木は大きくはないのです
1年で15cm位しか伸びないそうです。
13 真っ赤ではないけれど
山全体が迎えてくれる
14 毎日の散歩にいいね
のんきなこと言ってますが、結構険しいところもあるのです。
17 道板をかけてある
工事現場のような骨組みに渡り板。川の傍の道はこんな風に道を作ってあるのですが、冬場、山が閉ざされる前にすべて撤去するのだそうです。山に雪が降る前に作業を終えなければならないので、2週間後には作業が始まるということでした。
16 暗門の滝(第3)
一番入り口に近い滝が今回の目的地でした。ブナが蓄えたおびただしい水。
ブナという木は葉っぱ1枚がすべて雨どいのような役目をしていて、幹に雨を伝わらせ、根元にたくさん水を含んでいるのだそうです。青森県の方はブナの水を飲んでいるとバスガイドさんが言ってました。
15 世界遺産
18 白神山地
個人では簡単には行けないと思って、今回のツアーに申し込んでみたのですが、大変なところだということがよくわかりました。
手つかずの自然を守るために狩猟禁止となり、マタギさんがいなくなったことを聞くと、本来そこで暮らしていて、昔ながらの方法で山を守ってきた方たちの知恵は生かされてないのだろうかと、少し残念に思うこともありました。
貴重なブナの森だからこそ守らねばと言いながら、私たちのようにお気軽な観光客を受け入れなければならない…。維持費って大変だろうなと思いました。
森林環境整備推進協議会さん頑張って下さいねconfident

19 白い神様から
入山証明書いただきました。

身近な散歩で我慢してる・こまち &洋子

| | コメント (28) | トラックバック (0)

没ちゃんの涙

happy01sprinkle 10月になってから2回も台風がやってきて、ゆっくり秋を楽しむどころではありませんでしたね。台風一過できらりと晴れた日もありましたが、
今週は少し雨が多いようです。
うちの垣根では早咲きの山茶花が開いてきました。

(写真はクリックで少し大きくなります)
Dcf00004 雨に濡れてます

この写真を撮ろうとしてたら、すぐそばに立派な蜘蛛が居ました。
Dcf00002 きれいですね

せっかく網をかけたのだから雨が大降りになりませんように。

 さて、新作の人形劇「一大事でござる!」は台風通過にもめげず、無事に初演を終えることができました。これからは各所で上演してまいります。
舞台写真の撮影もしましたので、ちょっと紹介しましょう。

G タイトルです
H 全景はこんな感じ
D お侍さんたち
A お殿様登場

人形もたくさん作りましたが、シーンにあわない人形が出てしまいました。
そういう人形を「没ちゃん」と呼んでいます。今回は2体出ました(。>0<。)

Dscf5973 じいやともう一人は…

I この人です
どうもサイズがおかしかったので作り直しました。

この没ちゃんたちはもう舞台に出ることはありません。せめてこのページに登場させて、涙を拭いてあげましょう。
(出張に連れて行ったらどうかって?)
点検おばさんとこまちのコンビがいよいよお出かけするので、やっぱり没ちゃんたちは何処かへ仕舞われる運命ですねcrying

 取材用のこまちとおばさんですが、一人で撮影するのはちょっと心配…と言いましたらこんなものを作ってくれました。
Dscf5978 
硬い鉄線をえいやっと曲げてあります。

Dscf5979 連結金具です
これで一人で二つの人形を持てます。
Dscf5983 向きも変わるよ

さあ、準備万端!
何処へ行こうかな?
深まる秋が見つかるといいね。

二度咲きの金木犀ももう散り始めて、道路にオレンジ色の吹き溜まりができてます。
近所のお宅ではヒイラギモクセイが満開になっていました。
Dcf00008 香りにうっとり
葉っぱがギザギザと丸葉と混ざっています。

秋深し 隣は…   柿の実がたわわだ!

今頃夏毛になったこまち &洋子

| | コメント (20) | トラックバック (0)

看板犬のこまちです。

dog 今日10月9日は看板犬のこまちの誕生日です。
最近点検おばさんに取材をお任せしてるので、登場回数がめっきり減っちゃいました。

でも今日は私が主役です!
この家に来たのは2005年の11月でした。まだ生まれて40日。こんなにかわいかったのだ。

(写真はクリックで大きくなります)

Dsc00217_2
体重,量るの忘れたね。
Dsc00399_2
お座りはすぐできるようになりました。

柴犬特有の頑固で神経質。
いやだと言ったら梃子でも動きません。
アレルギーも出ちゃって食べ物も制限されてます。
誕生日が来るたびにお母ちゃんはハーネスとリードを作ってくれます。
Dsc03558_2
でも縛られるのは嫌い!
散歩は好きだけど、ハーネスつけるのが嫌で逃げ回ってます。

お母さんになったこともあるのです。
近所に住んでる娘のももちゃんには時々会えるの。
Dcf00132_2 ももちゃん(左)
娘のももちゃんのほうが大きいので貫録負け~

もうすっかり秋!
Dcf00133_2
この稲は刈り取った後に生えた二番穂です。食用にはならないですね。
水があるのは先日の台風で降った大雨がまだ溜まっているのでしょう。

家の前の道路も一時水を被ってしまいました。
Dscf5816_2
もうちょっとでお向かいさんの玄関に到達するーーー!!
数年前の豪雨ではもっと水が来て浸水しました。
また週末に台風が来るって、嫌ですねえbearing

せっかく秋を楽しもうと思っているのに…
巷ではハロウインのお菓子やカボチャの飾りつけでにぎわっていますね。
スーパーの店先ではでかカボチャの重量当てクイズなんてやっています。

カボチャと言えば、このカボチャです。
Dcf00136_2
圧倒的な存在感!水玉の女王「草間彌生展」に行ってきました。
美味しそうじゃないけど元気になれます。
カボチャパワーで台風なんかやっつけちゃいそう。

そして、誕生日の記念にこまちの出張人形が完成しました。
Dscf5843_3
おばさんと取材に行くよ~^^

Dscf5850_2
リードも水玉にしました。
でもカメラ片手に二つの人形持って…
はたしてうまく写真撮れるんだろうか?ちょっと心配です。

このほかにミニサイズのおばさん、指サイズのおばさんを製作中。
どの人形を取材に連れて行くか迷ってしまうかも~。

Dcf00149_2 秋明菊
 
花の取材には向かないなあ~…

誕生日のお祝い貰ったかって?

冬用のベッドと低アレルギーの馬肉のおやつをゲットしました!

☆新作の「一大事でござる!」はついに初演を迎えます。
舞台写真などはまもなくホームページにアップされる予定です。
ホームページへは右のリンクから行けるようになっていますので、時々覗いてみてくださいね。地方公演や一般向けのお知らせも随時アップしております。

 ベッドに寝る気のない こまち&洋子

| | コメント (32) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »