« 再び三陸海岸へ③ | トップページ | 再び三陸海岸へ 終章 »

2015年1月10日 (土)

再び三陸海岸へ④

 ~海岸線を走る~

先回で紹介したサーモンフェスタは宮古駅前で行われていました。
朝から鮭の切り身の無料配布で大賑わい。そのまま私たちの所へ来てくれないかな…

駅前広場のすぐ横にあるショッピングセンター“キャトル宮古”というところが人形劇の会場でした。

ビルの5F、屋上を抜けたところに、「すくすくランド」という子育て支援室があります。
少しわかりにくいのでお客さん来てくれるか心配でした。

(写真はクリックで少し大きくなります)
Dscf6467
始まり~~
日曜なのでお母さん、お父さんと一緒のお子さんたちが集まってくれました。

この企画を立てて下さっている方の記事が新聞に載りました。
少し見づらいですが、雰囲気だけでも…
261212
現地に行きたい、笑顔を届けたいと思っても、場所や集客に関することは私たちだけではできません。みなさんの活動があればこそなので心から感謝しています。

嬉しい出会いはまだあって、ココログのお友達も駆けつけて下さいました。

Dscf6470
ぽこりんちゃん、こまちとご対面!
おばさんとは3月に会っていますね。
岩手の内陸方面から2時間かけて来てくれました。
(リアルこまちは出張人形に、ぽこりんちゃんの気配をしっかり嗅いでいましたよ)

この日で上演は全て終了、現地のお世話していただいた方からいっぱいお土産いただいちゃいました。
本当にお世話になりました。また来年もお会いできたらと思ってます。

宮古での最終日、少しドライブしてみました。
Dscf6481
きれいな海です
Dscf6483
でも堤防は工事の車がひしめいている
しばらくいくとこんな看板が
Dscf6485
津軽石川・・ここは鮭の遡上で有名な川だそうです
そしてこの川には冬になると…

Dscf6484
白い○○がやってきます。

Dscf6491
白鳥さんたちです!!
野生の白鳥って初めて見ました。さすが北国ですね。

Dscf6494
日曜日だったので親子連れの方がパンをあげていました。
全然怖がらないのですね。
Dscf6486
こっちにも来たけど何も持ってなかったんで…ごめんね

そして翌日、仙台へ向けて約6時間の移動開始。
内陸の峠越えは凍結道路が怖いので海岸線をひた走ります。
車窓からいっぱい写真撮りました。

Dscf6497
釜石付近。「がんばろう!!」の文字が滲んでしまう…

Dscf6499
釜石大観音は海を向いて立っておられます。
お顔拝見できなかったけど
きっと優しいお顔なんでしょうね。

Dscf6505
痛々しいビル。向こうにポツンと見えるのが陸前高田の一本松です

Dscf6507
近くまで行くのは道路脇に車を止めて、1km位歩かないといけないそうなので、
車窓からだけにしました。工事車両いっぱいです。

Dscf6508
海岸沿いには寸断されたままの鉄橋や防波堤がそのまま残っています

Dscf6510
南三陸町の防災対策庁舎
正面には献花台が置かれ、この日もお参りされている方がいらっしゃいました。
3階建ての鉄骨だけが残ったこの庁舎、幾度となくニュース映像で見ました。
遺構を保存するかどうかは難しい問題です。
「奇跡の一本松」も保存には莫大な費用がかかっているし、維持費も必要です。
何よりも現地の方のご意見が反映され、後世へきちっと伝えられるものであってほしいと願っています。
Dscf6512
高さ15.5mの津波。数字だけではわかりません。
宮城県の遺構保存対象として残されるかどうか、2015年3月には決まるのでしょうか?

2014年12月でもまだまだ海岸線は荒涼としていました。
復興道路は整備され、工事関係の車がひっきりなしに行き交います。
私たちの車は最終地仙台へ向けてひた走るのでありました・・・
Dscf6513_2


後1回で終わります     こまち&洋子

|

« 再び三陸海岸へ③ | トップページ | 再び三陸海岸へ 終章 »

コメント

津軽石川・・・鮭の遡上で有名です(実家がある)

まだまだ復興は遠いみたいですね(´~`)。゜○

投稿: 姉さん | 2015年1月10日 (土) 19時04分

ばんびさん、こんにちは。

東日本大震災の月命日ですね。合掌。
地震、津波の傷痕、想像を絶する悲惨さですね。
平穏な生活を過ごさせて頂いていることに感謝です。

投稿: にわつかの同居人 | 2015年1月11日 (日) 12時38分

ばんちゃん、被害地の風景たくさん撮って来てくださってありがとう、TVでは殆ど取り上げなくなったしその経緯のニュースも無くなったね、想像はしてたけど復興は進んでないね、
心が痛みます。

投稿: おっかさんbell | 2015年1月11日 (日) 15時57分

ぽこりんちゃん♥カワイイ~!
それにしても、もうすぐ4年が経とうというのに、
この寂しい現地のお写真の数々・・・。
復興はまだまだ先のようで残念です。
でもばんびさんたちの人形劇を観て、
楽しい日曜日を過ごした方々がたくさんいたことと思います♪
素晴らしい活動だなぁー!(*´ω`*)

投稿: よめ | 2015年1月11日 (日) 17時47分

うわっ! 南三陸町の防災対策庁舎の写真を観ると、涙をこらえるので精一杯です…

投稿: p-chan | 2015年1月11日 (日) 19時16分

こんばんは~。
おお、なんか、ついこの間のことのような、遠いことのような気がしてきます。
遠路、はるばるとお疲れさまでしたね
人形劇、面白かったよ~~~ん。
また、見れることを期待して…って、遠いよね~
ぽこりんは、カメラ目線にならないなぁと思っていたけど、しっかり、こまちを見てたんですね。ははは
何と思ったことやら…
こちらも、帰りは遠回りだけど、あの雪の峠は怖いので(2,3日前に人身事故があった)ので呼ばれるとまずいので、遠野の方を走ってきました。
ほんと、神戸のようにすぐ復興というわけにはいきませんよね~。心が痛みます
こんな遠くまで、ほんとにありがとさんでした

投稿: ジャネット・ぽこ・リン | 2015年1月11日 (日) 20時08分

子供にしっかりとこの津波の後の景色を見せました。
そろそろ自然の厳しさ、現実の大変さも理解してもらわなければ・・・

ぽこりんちゃんのラブリーさには二人ともです

投稿: emico | 2015年1月11日 (日) 23時44分

あの日の惨事は何年経っても、目に焼き付いて離れません。報道では、復興の姿が流れますが、こうして時間の止まってしまった風景を目の当たりにしますと、悲しさとともに何とも言えぬ悔しさも感じてしまいます・・・
鴨ではなく白鳥が川にいるなんて、素敵ですねぇ。
あ、鴨もいいですけど^^;

投稿: ディッシュ | 2015年1月12日 (月) 20時35分

ばんびさんこんにちはm(__)m
人形劇沢山の笑顔に会えたのでは(*´艸`*)
東日本大震災あの日の映像が目に焼き付いています…
こうして…画像を見ていると…復興の文字は何処に…
時が止まった感じが………
仮設住宅で暮らす方のためにも1日でも早い復興を願うばかりですm(__)m

野生の白鳥にも会えて感激ですね
季節が巡っているのが分かります
ぽこりんちゃん可愛いですねヽ(´ー`)ノ

投稿: Art Rose | 2015年1月13日 (火) 11時54分

姉さん、こんにちは
白鳥が来てる川の岸に鮭直売所がありました。
遡上を見てみたいです。

投稿: ばんび | 2015年1月13日 (火) 15時21分

 にわつかの同居人さん、こんにちは
復興道路や沿岸は工事関係の車両がひしめいていますが、住宅跡地は草に覆われた空き地ばかり。普通の草地かなと思っても、基礎の跡が見えたりして悲しくなります

投稿: ばんび | 2015年1月13日 (火) 15時39分

bellさん、こんにちは
復興遅いです。リアス式海岸は入り組んでるし、あまりにも広大ですね。
JRの宮古~釜石間は復旧するのかどうかもわかりません。寸断された線路が痛々しくて…うまく写真撮れませんでした

投稿: ばんび | 2015年1月13日 (火) 15時46分

 よめさん、こんにちは
宮古で人形劇の公演をさせていただくのは3月に続いて2回目です。定期的な公演開催を目指して下さってるのでありがたいです。昨年は小学校の部活動の人形も作りました。宮古だけでなくもっといろんな所へ行きたいと思っています。

投稿: ばんび | 2015年1月13日 (火) 15時50分

  p-chan、こんにちは
南三陸の庁舎は世界的にも有名なので、見ていただければすぐにお分かりいただけると思いますが、まだまだ報道には乗らない場所がたくさんありますね。去年は宮古の写真集を買いました。

投稿: ばんび | 2015年1月13日 (火) 15時58分

 ジャネット・ぽこ・リン さん、こんにちは
遠野回りでしたか?ぽこりんちゃん、大人しく指定席に乗っていましたね。季節の違う時に行きたいのですがなぜか冬場に呼んでもらってます。
またぜひお目にかかりたいです。

投稿: ばんび | 2015年1月13日 (火) 16時01分

 emicoさん、こんにちは
日本は災害列島などと言われてますね。
地震だけでなく水害も多いし…。
災害から立ち直るのは容易ではないけれど、底力を出していかなきゃって思います。
福島なんていつになるやらです

投稿: ばんび | 2015年1月13日 (火) 16時06分

ディッシュさん、こんにちは
阪神淡路大震災から20年。今でも高速道路がなぎ倒された映像など鮮明に浮かんできます。今回の訪問もしっかり胸に刻んでおこうと思います。
やはり自分の目で見ることは大切ですね。
それにうれしい出会いもありましたので…

投稿: ばんび | 2015年1月13日 (火) 18時01分

 Art Roseさん、こんにちは
復興は時間かかりますね。海岸線道路のトンネルは土埃でかすんでいます。工事用の重機もいっぱい動いているのですが、そこは人が暮らすための工事ではないし、住宅は建ちません。普通の暮らしが戻るにはまだまだのようです。
あの川でまさか白鳥に会えるとは思いませんでした
ぽこりんちゃんはこまちよりちょっとお姉さんです。

投稿: ばんび | 2015年1月13日 (火) 18時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再び三陸海岸へ④:

« 再び三陸海岸へ③ | トップページ | 再び三陸海岸へ 終章 »