« おばさん、北へ向かう ① | トップページ | おばさん北へ向かう③ »

2015年10月28日 (水)

おばさん、北へ向かう ②

 北国の朝は寒い!!というか~朝の露天風呂でも寒いのは平気なんだけど、すごい霧で何にも見えません。

北の友人Iさんから朝晩は霧が出るよと聞いていましたが、目の前にあるはずの十勝川が全然見えません。前日は真っ暗だったので明るくなったら写真撮ろうと思っていたのに残念><
早めに宿を出て濃霧地帯を抜けると白樺の黄葉が見えてきました。
Dscf7542
やっぱり北国だねえ。(車窓からなのでちょっとボケてます

Dscf7543
広い畑の向こうの山ももう色が変わってます。

十勝川温泉から120Kmあまり走って着いたのは
Dscf7547
釧路駅です。全然人がいない…
日曜なので駅前にある市場もお休み…

ここから釧路湿原ノロッコ号に乗ります。
Dscf7550
出発間近になったら団体さんがわんさか来て皆さん写真撮ってました。
Dscf7553
げっ!塗装が…
Dscf7556
車体記号はさっぱりわからんけど、記念に撮っておくか…
Dscf7557
進行方向(塘路)に向かって右側はベンチシートです。もちろん指定席!
私たちが座ったのは左側のボックス席窓側。
1か月前に予約した時、すでにベンチシートが団体さんに抑えられてて残念~~と思っていましたが、湿原はボックス席の方がよく見えたのでした(笑)
Dscf7564
蛇行する釧路川。湿原はほとんど枯れ色です。
Dscf7567
古い水門が見えてきました。
車内では見どころ解説もあり、要所ではゆっくり走行してくれます。
Dscf7575
三日月湖って教科書に載ってましたね。
釧路湿原はただただ広い。
Dscf7576
動物いないかな?
Dscf7578
人間発見!カヌーの発着所も近くにあるそうです。
Dscf7580
車内は満員なのでおばさんの出番が少ない^^;
Dscf7583
終点の塘路駅に着きました。
折り返し運転の時間待ち。日曜日だったので観光バスが何台もお迎えに来ていました。

駅を出て、次の目的地、裏摩周湖方面へ車で移動中、ついに現れました。
Dscf7588
牛さん~~
そして
Dscf7593
丹頂鶴!!
飛んでるところも見ましたが写ってなかった><
車を停めてもらって精いっぱいズームして撮りましたが…

Dscf7595
Dscf7597
ま、見られただけで大満足です
鶴居村というところに行けばもっと見られたかもしれませんね。

欲張り短時間旅行、ハードな行程ですのでどんどん進みます。

摩周湖の裏手にある硫黄山へ行きました。
Dscf7599
すごい硫黄のにおいです。煙が噴出してる近くまで行ってみましょう。

Dscf7602
黄色!ちょっと危険な感じ。黄信号だー!!


硫黄山の横に広がる山の紅葉がきれいでした
Dscf7598
黄色、赤、緑が織りなす錦です。
Dscf7606
荒々しい硫黄の山肌と紅葉、向こうに見える山は…う~~ん

硫黄山から少し行ったところにとってもレアな場所が…

Dscf7607
神秘の池だというので
Dscf7609
小さい…
Dscf7614
周りを散策できる木道が工事中で、いい撮影ポイントがなくて残念><

Dscf7610
いつ出てきてもおかしくないと言われましたが…出ませんでした~

道も林道のような細い凸凹道なのに観光バスが入ってきたのにはびっくり!
熊より怖い~~

ではもう少し広々したところへ行きましょう。

Dscf7617
摩周湖~~霧は出てません。
運転手さんもこんなにすっきり見えたのは初めてだとおっしゃってました。
小さい小島がカムイシュ島です。悲しい伝説があるのですね。
別の展望台から
Dscf7624
世界で2番目の透明度を誇る摩周湖ですが、この湖にそそぐ川はありません。
湖へは入れないので、どのくらい透明なのか想像するしかないですけど…
神秘的な池と湖をみてお宿の阿寒湖温泉へ

お風呂の後は
Dscf7629
楽しみな夕食…前菜、う~ん
Dscf7630
鍋物…ううう
Dscf7631
お刺身…ボタンエビだけOK
Dscf7632
茶わん蒸し…もうだめ~~
2日目の夕食も食べられませんでした。

せめて、阿寒湖の夜でもと、お宿の近くの劇場へアイヌ古式舞踊を見学に行きました。
Dscf7634
お客さんも踊りの輪に入ります。
Dscf7637
おばさん、劇場を点検。アイヌの人形劇もあるんだって

Dscf7646
観光客も松明を持って行進します。周囲はお土産屋さんがいっぱい。

Dscf7650
お宿に展示してあったアイヌの楽器etc.

部屋の調度もアイヌ民芸調で(そこまで気取らなくてもというのが本音なんだけどね)
さあ、後1日。明日こそ食欲回復していますように~~。


PS. 緊急お知らせ

東三河人形劇祭り35周年記念企画
人形劇団ココン 公演「繭の夢」
◎ 2015年11月21日(土) 午後18時30分~19時45分
◎ 豊橋市民文化会館 リハーサル室
◎ 前売り 1500円 当日2000円(小学生以上対象)
◎ 主催 東三河人形劇連絡協議会
○ ご予約・お問い合わせは人形劇団ばんび まで
詳しくはホームページのお知らせコーナーへどうぞ
食欲なんて落ちたことない こまち& 洋子

|

« おばさん、北へ向かう ① | トップページ | おばさん北へ向かう③ »

コメント

懐かしかぁ~
摩周湖が霧がなくて良く見えたときに
見ると 縁遠くなるって、、、誰かの記事に
書いてあったけれど、、もう大丈夫だもんね
ああぁぁぁぁ おら 二花咲かせるつもりだったのに
しかっと 霧のない摩周湖みちまった
アイヌ、、、おらもここ行っただよ
だども 着いたのが遅くて仕舞っていただ
ほぉー中はこのようになっていただか
ありがとうです

投稿: あさひ | 2015年10月28日 (水) 17時24分

「オハテフ510」の「テ」は、展望車の「て」なのだ

投稿: まりりん | 2015年10月28日 (水) 20時44分

私は霧の摩周湖でした

投稿: 姉さん | 2015年10月28日 (水) 21時51分

ばんびさん、こんにちは。

北の大地の自然はやはり凄いですね。
アイヌの楽器、ムックリを持っていますが扱えません。

投稿: にわつかの同居人 | 2015年10月29日 (木) 12時14分

こんばんは~。
お~~~っ、はるか昔に行った摩周湖
霧の摩周湖だったんだよ~~~。なつかしい
硫黄山があるなんて知らなんだ~~~
また、食べられなかったんですか?
早く本調子に戻してね。
麦酒は控えめに~~~

投稿: ジャネット・ぽこ・リン | 2015年10月29日 (木) 21時19分

釧路湿原はTVと観光雑誌でしか
見たことがありませんでしたが
近くで見たらきっと感動しますね
ノロッコの車体の色もレトロな雰囲気で
景色に合っていますね~
500円玉貯金が貯まったら 私も北海道へ行く~

投稿: ヨメ | 2015年10月30日 (金) 15時04分

 あさひねいさん、こんにちは
前に摩周湖に行った時は雨で湖面はほとんど見えず、小島がぼんやり見えただけでした。
今回は水辺を中心に回ったので、まだまだ湖出てきます。
阿寒湖の夜は賑やかでしたよ~。

投稿: ばんび | 2015年10月30日 (金) 15時52分

 まりりんさん、こんにちは。
ノロッコ号の名前はのろのろ進むトロッコ列車なんだそうです。窓は開閉できるので快適です。
富良野・美瑛方面。流氷号。釧路湿原号。と3種あるそうです。ぜひご乗車下さいませ

投稿: ばんび | 2015年10月30日 (金) 15時56分

  姉さん、こんにちは
摩周湖あたりで古い歌を歌いそうになったけど、今回はやめました^0^;

投稿: ばんび | 2015年10月30日 (金) 15時58分

 にわつかの同居人さん、こんにちは
見どころ一杯で、写真も沢山撮ったんですがカメラも腕もよくないです。ムックリ、簡単な竹べらみたいなものなのに、あんなに響く音が出るのが不思議ですね。簡単だからと言ってましたが、とてもじゃないです。

投稿: ばんび | 2015年10月30日 (金) 16時02分

 ジャネット・ぽこ・リンさん、こんにちは
硫黄山は摩周湖の裏側で地図を見れば近そうですけど、
直線では行けず、一山をぐるっと回って到着です。
北海道の道路って信号機が少ない!!びゅんびゅん飛ばしてくれたけど、やっぱり距離はありました。
未だに禁麦中です

投稿: ばんび | 2015年10月30日 (金) 16時05分

 ヨメちゃん、こんにちは
TVなどは空撮ですので、もっと雄大さがわかるでしょうけど、ノロッコ号はほんの端っこを走ってたし、草は枯れ色なのでちょっと想像と違ってました。人気の列車なので、満員だし、駅のトイレは長蛇の列。
季節を考えないとね…。500円貯金。ノロッコ号は指定席でも3枚でおつり来ますよ( ´艸`)プププ

投稿: ばんび | 2015年10月30日 (金) 16時11分

ばんびさんも、北海道でしたか。
なぜだか、私の周囲の人で、
この秋、北海道へ行く人が続出で…。
      いいなぁ~

体調、まだ悪いんですね。
せっかくのご馳走が…
お大事にしてくださいね。

投稿: 四季 | 2015年10月30日 (金) 16時53分

四季さん、こんばんは
 旅行シーズンだったのでしょうか?団体客が多くて、ホテルは満室。朝食のバイキング会場に人があふれていました。
お隣の国の方も多かったですよ。

投稿: ばんび | 2015年10月30日 (金) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おばさん、北へ向かう ②:

« おばさん、北へ向かう ① | トップページ | おばさん北へ向かう③ »