« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

芸術の秋?それとも食欲?しぞーか編

ticket 秋深しとはなかなかなりませんが、お出かけには最適な日々となってまいりました。観劇の後は美術館巡りを…ということで、静岡市へ行ってきました。

1
静岡県立美術館。
新幹線で1時間ちょっとの静岡駅から、JR東海道本線に乗り換えます。
二つ目の草薙という駅で降りて、バスで美術館へ向かいました。

目指すは「徳川の平和」展

2
徳川幕府が開かれてから約250年もの間天下泰平の世が続きました。
江戸時代の初期から幕末までの絵画などを時代ごとに見ることができる壮大な展覧会です。

安土桃山時代から受け継がれた狩野派の屏風絵や障壁画は圧巻です。

江戸中期に活躍した伊藤若冲は生誕300年ということで、特別な展示もありました。
今年は若冲の年ですから、何としてでも見に行かねば…

展示物はもちろん撮影禁止ですので、ミュージアムショップで買った物で写真を撮りました。

21
樹花鳥獣図屏風・右隻
22
樹花鳥獣図屛風・左隻
(静岡県立美術館所蔵)

これにそっくりな図屏風がプライスコレクションの「鳥獣花木図屏風」なんですが
両方見比べることができたら面白いのになあ…
10月10日までが「樹花鳥獣図屛風」で12日からは後期となり作品の入れ替えがあります。11月3日までですので、もう一回行こうかな…。

静岡県立美術館には本館のほかに“ロダン館”があって、そちらは撮影自由です。(フラッシュは禁止ですが、中は明るいので問題ありません)

31
天窓から光が入ってきます。

3
階段状の展示室になっていて、こちらは「カレーの市民」

4
ほらね、足元に「A・Rodin」 ってサインがあるでしょ。

5_2
最接近もOK 触っちゃいけません。

圧巻なのは「地獄門」
6
1階の壁面にどおおおん!すごい存在感です。

「地獄門」を見上げている足元のカーペットには
7
漱石「倫敦塔」の中の一文が…。踏まないようには無理~

他にもダンテの「神曲」を訳した一節がカーペットにプリントされてました。

地獄門の上部中心にいるのがかの有名な「考える人」です。
8

小さくて見にくいですか?
ではこちらを

9
有名すぎて…どうも~

10
こちらはロダンのモデルになった日本女性の花子さん。

11
裏側も見ちゃいました。
裏側は空洞です。
ブロンズ像ってどのくらいの重さでしょうね。

ロダン館への入り口にもいくつかの彫刻作品が展示されていました。

12
ムーアです。

13
写実的なロダンはもちろんいいですけど、ムーアが好き^^
小さい作品ですが、顔や体の線でムーアだとわかりますね。

14
ジャコメッティ。スプーンじゃないですよ。
「横たわる女」だそうです。

なんかこの形みたらお腹が空いてきました。
ちょっと休憩。

16
カフェ「Rodin」でクリームブリュレを頂きました。

日本画と彫刻とお茶とお菓子で満たされました~~。
来る時はバスに乗りましたが、並木道が素敵なので帰りは歩くことにしました。

駅までの道
17_2
歩道右側は公園のようになっていて、あちこちに彫刻が置かれています。
ここをゆっくり上ってくるのもいいですね。

18
もうすぐ落ち葉の季節、欅は落ち葉が多いから大変でしょうね。

19
途中にネットで囲われたお茶の木がありました。
この木は静岡を代表するお茶、「やぶきた茶」の原木なんだそうです。
ちょうど白い花が咲いていました。
そして静岡といえば富士山。あいにく少し曇ってましたが…
20
ふっと見上げたその先に…
やっぱりいたのね富士山~~fuji

さあこれで思い残す事はありません。
後は静岡駅に戻って「しぞーかおでん」を食べて帰るだけ^^
まだ3時なんだけど…
21
教えてもらったお店は… 
あれだ!「海ぼうず」さんへ直行dash
開店してからまだ30分くらいなのに既に盛り上がってます。

運よくカウンター席に座れました~^0^
22
お昼ご飯を我慢して良かった。
とりあえず黒はんぺんのチーズ乗せフライ。

23
そしてしぞーかおでんの出番です。
5時間半も煮込んだ半熟卵、ワカメのしゃぶしゃぶ、黒はんぺん

24
ワカメを卵の黄身にからめて…むふっ(*^m^)

25
もつの味噌煮もいただきました。麦汁が沁みる~~。

さあ日の暮れないうちに帰らなきゃ…
26
新幹線の車窓からきれいな夕日が見えました。

お土産はもちろん
27
羊羹パン
去年初めて買ってから静岡の駅でなんとなく探してしまいます。

      ~つづく~~

小豆なら痒くならない こまちdog &洋子

| | コメント (16) | トラックバック (0)

芸術の秋?それとも食欲?

art ようやく秋らしい日々になってきました。

ばんび人形劇場の新作もやっと初演を終えることができました。
舞台写真を撮りましたので、ちょっと紹介しましょう。
「もういくつねると」より
Photo
大晦日の一日のできごと。
年神様は村人たちに配る年札を書いています。
村中を回って年札を届けましたが…
Photo_4
問題なのはこの二人、すんなり年札を受け取ってくれません。
早くしないと年が明けちゃうよ~><

小作品の「へこきじいさん」より
Photo_5
お昼寝してるじいさんの口にかわいい子鳥が飛びこんじゃった@@
どんなおならが出るかお楽しみ~


10月の終わりには東かがわ市の「とらまる人形劇カーニバル」で、11月には浜松市の「引佐人形劇まつり」で一般公演もありますので、お近くの方ぜひお出かけくださいね。
詳しくはばんびホームページのお知らせコーナーをご覧ください。

この夏から愛知県の各地で愛知トリエンナーレが開催されていますが、人形劇でも並行企画事業として、名古屋のひまわりホールで「人類と人形の旅」が企画されました。

人形劇の公演もろいろあったのですが、私たちはブルガリアからやってきた劇団「クレド・シアター」の公演を観劇してきました。

ひまわりホールのエントランスでは懐かしい人形たちがお出迎え。
(撮影OKだったのです)

Photo_3
憧れのダンディさん♡
Photo_4
ひょうたん島のメインキャストたち。
この人形たちはリメイク版だそうです。(ぴかぴかだもんね)

Photo_5
ひょうたん島の人形デザインをされた片岡 昌氏の作品や

Photo_6
糸あやつり人形劇「平太郎化物日記」の人形たち。

ひまわりホールは、名古屋のど真ん中、損保ジャパン日本興亜名古屋ビルの19階にある人形劇の専門劇場です。
「クレド・シアター」の公演は全編日本語で行われる
ロシアの作家・ゴーリキーの『外套』でした。
Img_1304
(公演パンフレットより)
右の丸顔のニーナさんが演出もなさっています。

圧巻なのはセリフは全て日本語で演じ、まるで掛け合い漫才のようなテンポの良さでペテルブルグの冬の寒さを訴えてきます。
彼らは必ず公演先の国の言葉で演じるそうですが、何か国もの言語を話せるわけではありません。日本語は全然話せないのですが、音として全てのセリフを2か月かけて覚えたそうです。わずかなセットを効果的に使い、所々に人形的手法なども出てきて面白いお芝居でした。

トリエンナーレの会場へは行かなかったけれど、名古屋駅前に新しいビルができたので、点検しながらお昼を食べてきました。

Photo_7
名古屋めし? ではないかしら?ビール工場直営のお店ですので
トンテキランチと生ビール。どーんと厚い豚さんと甘辛のしょうゆたれに浸ったキャベツが美味しい。キャベツだけで麦汁飲めるね。

Photo_8
小さいブーツに入った3種のビールの飲み比べセット。
クラフトビールなので、とてもフルーティで飲みやすく、お昼ご飯にぴったりでした。

芸術の秋はまだまだこれから。
涼しくなったのでおでんでも食べに行きましょうか~。

        つづく…

 夏毛から冬毛へ換毛中・・・こまちdog &洋子




| | コメント (11) | トラックバック (0)

雨にも負けず、上高地

bus もう10月も1週間過ぎてしまいました。でもまだ半袖だったり、エアコンのお世話になったりで、残暑を引きずっています。

北国も暑かったし、岡山も暑かった…。いっそ上高地なら涼しいかもしれない。
などと思案を巡らせ、台風の心配もあったけれどツアーバスは決行サインが出ていましたので、秋分の日に名古屋発の観光バスに乗り込みました。

前日まで台風の影響でキャンセルが相次いでいたそうで、最小人数での出発となりました。
雨、休憩のひるがの高原サービスエリアでは

Img_1144
あの雲の向こうに大日岳が…見えません><

バスは雨の中をひた走ります。途中でお弁当が配られました。
朝早かったのでお腹が空いてます。バスの中で食べちゃいましょ。

Img_1145
飛騨牛の太巻き、おかずもいろいろ入ってます。

岐阜県との県境、安房峠のトンネルを超えると次々にトンネルが…
上高地への入り口である釜トンネルから先は一般車両は通行禁止。

その先は今年7月に完成したばかりの上高地トンネルへ。
運転手さんも初めて通るトンネルだそうです。

大正池前でバスを降りました。

穂高連峰は見えるでしょうか?

Dscf8877
雨~~

Dscf8882
雨~~ちょっと小雨

遊歩道はちゃんと整備されているのですが、水たまりをよけながらなので足元がびちょびちょです。

でも大好きな田代池はきれいでしたよ。
Dscf8884
水深はごく浅く、周囲の湿原とつながっているのでしょうか。

Dscf8885
おばさんと撮影していると後方からカモがやってきました。

Dscf8886
お仲間はいないのかな?

田代池の近くの湿原では草が見事に紅葉していました
Dscf8887
周りの木々はまだ黄葉ではありません。
落葉松も緑のままです。

雨降りだとあまり周囲の草木に目が行きませんが、こちらはひときわ目立っていたので写真を撮ることができました。
Dscf8890
マムシグサの実です。

梓川も雨で増水してゴウゴウと流れています。

Dscf8892
白く煙ってるみたいな川の流れ。

Dscf8897
急流です。
春(5月下旬)に来たときはこんなに多くはなかったと思います。

Dscf8899
梓川沿いの落葉松林。もう少し後だと黄色になるんだよね。

Dscf8895
1本だけ色づいた木がありました。

Dscf8906
ナナカマドの実でしょうか?赤い実を狙って鳥がたくさん来ていました。

Dscf8904
カケスです。鳩よりは小さくてヒヨドリより少し大きいかな。
鳴き声があまりきれいじゃないのと、羽根が黒白、青のだんだら模様でわかります。

あと少し歩けば河童橋です。雨宿りしましょう~。

Dscf8908
雨でも休日なので観光客が多いね。

Dscf8912
う~~ん北アルプスぅ~~

休憩、雨に濡れたヤッケも脱ぎたい。
Dscf8913
蕎麦、ラーメンがお高い!!上高地だからね。

Dscf8916
河童橋の上から北アルプスを…見えません><

ツアーバスの特典でお土産を買い、少し時間があったので有名な5千尺ホテルのスィーツを頂くことにしました。

普通なら行列ができて長時間待つのだそうですが、雨の日だからか、すんなり席につけました。

Dscf8919
レアーチーズケーキ。上にかかっている、ブルーベリージャムも美味しい~。
このケーキを食べられたので雨でもよしとしましょう。

Dscf8923
バスターミナルにあるインフォメンションセンター。
駐車場には大型バスがいっぱい停まっています。

また何時間かバスに揺られて名古屋へ~。
途中眠いのは客も、添乗員さんも運転手さんも同じだけど、
お願いだから寝ないでね~@@

ホテルの前で取ってもらった記念写真
Img_1263
上のような景色にいつか会いたいね。



雨降りの散歩は嫌い こまちdog &洋子









| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »