« 芸術の秋?それとも食欲?しぞーか編 | トップページ | 芸術の秋?それとも食欲?瀬戸市焼き物編のおまけ »

2016年11月 3日 (木)

芸術の秋?それとも食欲?瀬戸市焼き物編①

 11月になりました。いよいよ今年も残すところ2か月、何かと気ぜわしくなってきますね。
でもお出かけには今が一番。紅葉の便りもそろそろ聞こえてきます。

美術館へのお出かけが続いています。
10月の半ば過ぎに瀬戸市美術館へ「宮川 香山」展を観に行ってきました。
これまであまりなじみがなかったのですが、TVの番組で紹介されていて、なんて凄い焼き物だろうと思っていました。
今年は没後100年に当たるそうで、各地で展覧会が開かれていますが、愛知県瀬戸市は焼き物の本場ですので、瀬戸市美術館でも特別展を開催しています。

1
初めて瀬戸市美術館に行きました。
11
小高い丘の上に、文化ホール、文化交流館、美術館の3棟が立っています。

エントランスホールの焼き物は撮影OK。
ネットでどんどん拡散してくださいと書いてありました。

(クリックで拡大して細部をよく見てくださいね)
2
鳥が張り付いてます。陶器の表面にリアルな装飾を施した高浮彫(たかうきぼり)は、宮川香山が生み出した独創的な技法です。

3
う~む,凄いとしか言えません。海外の博覧会で絶賛され、日本にはほとんど残っていなかったのですが、
香山研究家の田邊哲人氏が買い集めて貴重なコレクションとしたおかげで私たちも実物を見ることができます。

6
焼き物って火入れで縮むのに、何故こんなことができるのか…。全く不思議な世界です。

香山の凄いところは、高浮彫だけにとどまらず、華麗で繊細な釉下彩という焼き物へ進んでいくのです。

4
全く趣が違います。薄い膜がかかったような釉薬。
陶器ではなく磁器なんですね。

5
透明感というか、色使いも抑えてあるのでさわやかです。

7
展示室内は撮影できませんので、絵葉書を買いました。
上の「青釉船形花瓶」は優しい色と形も素敵なのでもっと小さかったら、一つあってもいいかなと思いました。
(我が家の許容範囲は狭いので…)

右の猫に牡丹、「眠猫覚醒蓋付水差」は猫の表情が何とも言えず引き込まれてしまいます。
顔のアップがクリアファイルになっていました。
8
小さな歯、耳の中の色使い…。
ちょっと怖い?

冒頭の写真のワタリガニも凄かったんですが、ここに展示されてるのとよく似た作品が東京国立博物館にあります。そちらは初期の高浮彫の作品で重要文化財になっています。

猫も鷹も熊もカニも、とにかくリアルで凄いです。
瀬戸市では11月27日まで展示がありますので、お近くでしたらぜひ一度ご覧になって下さいね。

過剰装飾と繊細な焼き物でちょっと疲れましたが、せっかく瀬戸へ来たのだから普通の焼き物も見たいねということで、少し街を散策しました。

9
いい雰囲気のお店ですね。和菓子屋さんかな?

10
店の前の川が瀬戸川なんですね。

11_2
瀬戸物屋さんで掘り出し物を探しましょう。

12
沖縄ならシーサーが乗っているのでしょうが、こちらは鍾馗さまかな?

毎年せともの祭りが開催されてこの辺りは大変な賑わいになります。
掘り出し物…。小さな香炉を買いました。

先ほどの和菓子屋さんで見かけた張り紙。
122
猫饅頭?たま?
店先の看板猫は黒白っぽかったけど…。
肉球が気になったのでお饅頭を買ってみました。

123
可愛いでしょ(お皿も瀬戸で買いました)
食べるのが可愛そうな気もするけど…賞味期限が( ´艸`)

猫の顔のアップ見ながら頂いちゃいました^0^

折角出かけたのだから、午後からもう一か所行きました…つづく

肉球は美味しくなさそう こまち &洋子

|

« 芸術の秋?それとも食欲?しぞーか編 | トップページ | 芸術の秋?それとも食欲?瀬戸市焼き物編のおまけ »

コメント

冒頭に「愛知県の瀬戸市」と書かないと、瀬戸内海のどこかだと思う人が多いでっせ~ 

投稿: まりりん | 2016年11月 3日 (木) 09時57分

 まりりんさん、こんにちは
瀬戸ってやはり瀬戸内海ですよね。タイトルちょっと直しました。東海は焼き物の街が多いけど瀬戸物の名前の由来の街だってことあまり知られていないかもですね

投稿: ばんび | 2016年11月 3日 (木) 10時22分

猫顔アップのクリアファイルほすぃーな、
たまの和菓子屋さんいいね、行きました、招き猫のたまが居るね、
瀬戸は上の妹が居ます、美術館、当時資料館、いいね、昔妹とあちこち窯巡り、窯ごとに作風があって楽しかった。

投稿: bell | 2016年11月 3日 (木) 10時38分

 bellさん、こんにちは
クリアファイル、キープしておきますね。最近美術館へ行くとお土産にクリアファイルばかり買ってしまいます。
陶器は重いのでなかなか買えません^^;
この膨大なコレクションの所有者、田邊克人氏はスポーツチャンバラの創始者だそうです。スポーツチャンバラやってる友人から招待券をもらっていきました。

投稿: ばんび | 2016年11月 3日 (木) 11時47分

宮川香山・・初めてです
検索してみたらすごい人なんですね
焼き物:私も好きですが・・・もう見るだけにしてます

投稿: 姉さん | 2016年11月 3日 (木) 17時13分

 姉さん、こんにちは
日曜美術館で紹介された時はへえ~っとくらいにしか思わなかったんですが、実物には圧倒されました。
でもやはり見るだけでいいです。
焼き物はいいものを見てしまうと、手ごろなものなんて買う気が起こらなくなりますね。

投稿: ばんび | 2016年11月 3日 (木) 18時09分

こんにちは
初めて見ました、高浮彫。思わず見入ってしまいますね。
本当、どうやって作るんだろう?

私は鳥獣戯画展を見てきましたよ。
有名な部分しか知らなかったけれど、
たくさんの種類の動物(と人間)が描かれていました。

猫饅頭、可愛い~

投稿: 四季 | 2016年11月 4日 (金) 18時51分

 四季さん、こんにちは
宮川香山の作品は一度見たら忘れられません。ホールで詳しく解説のビデオが流れていましたが、実際に庭で鶉や鷹、熊も飼っていたそうです。ワタリガニなんて茹でて食べたくなります。
鳥獣戯画いいですよね。ガチャで鳥獣戯画の小さなフィギュアがあるのでついやってしまいました

投稿: ばんび | 2016年11月 5日 (土) 13時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芸術の秋?それとも食欲?瀬戸市焼き物編①:

« 芸術の秋?それとも食欲?しぞーか編 | トップページ | 芸術の秋?それとも食欲?瀬戸市焼き物編のおまけ »