« 芸術の秋?それとも食欲?瀬戸市焼き物編のおまけ | トップページ | 芸術の秋?それとも食欲?最後は京都 »

2016年11月18日 (金)

芸術の秋?それとも食欲?雨のパラミタ編

 ある雨の朝…三重県の菰野というところにある美術館に行ってきました。
名古屋から近鉄を乗り継いで大羽根園という小さな駅で降りました。
約2時間もかかちゃった。
鈴鹿山脈が間近に見える「パラミタミュージアム」へは駅から歩いて5分ほど。
山は雲に隠れちゃってるし冷たい雨も降ってきたけどいいよね。

Img_1335
国道沿いに大きな看板が立っていました。
目指すは「大観・玉堂・龍子」展

3人は作風も違うし、独自の道を歩んでいたのですが、交流があって「雪月花」「松竹梅」という画題を3人が順繰りに描いて、3年で一回りするという趣向の展覧会があったそうです。

大観の堂々とした絵や、龍子のちょっとドキッとするような女性像は見ごたえがあります。玉堂の絵は何気ない山村の風景ですが、風や雨の湿り気、川のせせらぎの音まで感じられるような気がして、家にも1枚あったらなと思います。

出展はされてなかったのですが色紙があったので1枚買ってきました。
Img_1365
河合玉堂 「渓村春雨」 長野県・水野美術館蔵

額装して飾っておこうと思います。

パラミタミュージアムの名前の由来になったのは池田満寿夫の「般若心経シリーズ」だそうですが、このシリーズの所蔵品978点のうち60点ほどを順次入れ替えで展示しています。
池田満寿夫は多彩な才能を発揮した芸術家ですが、晩年の(といっても63歳で急死してしまったのですが)最高傑作と言われる陶芸作品の般若心経シリーズは、それまでのイメージとは全く異なる精神世界を表現していて心を奪われます。
Img_1336

そして思いがげず人間国宝の截金(きりかね)作家・江里佐代子の作品にも出会えました。
Img_1352
ポスターだけしか写せませんでしたが、興味のある方は検索してみてくださいね。
江里さんは若くして人間国宝になられたのですが、渡欧中に62歳で急死され、現在では娘さんがその技術を継承されています。

仏像荘厳(仏像や仏堂を飾るという意味)の技を現代工芸に応用した独創的な作品はとても美しく、金箔をここまで細く切ることができるのかと驚いてしまいます。

館内の廊下の壁面にはさりげなく片岡球子の「面構・北斎と富士」がかかっていたり、薬師寺に設置された中村普也の「釈迦十大弟子」像のエスキースが並んでいたりと観るものがいっぱいあります。

この美術館に併設されているパラミタガーデンにもいろんな彫刻作品が展示されています。屋外は撮影自由なので、雨の中、庭を回ってみました。
ありがたいことに傘が用意されています。なんと、虫除けスプレーも置かれていました。

Img_1337
「壺の道」



Img_1338
雨のしずくを受ける緑葉がきれいでした。

Img_1341
これも作品なんだろうか?

Img_1343
椅子らしいけど座ってはいけない…

Img_1344
ツワブキの葉が光ります。

Img_1345
シラネセンキュウ

花の名前や作品名、作家はパンフレットで知ることができます。
訪れた日に作成されたパンフレットを頂きました。

Img_1342
マメガキ(カキノキ科だそうですが食べられるのかな?)

Img_1346
これは作品名がないので鳥さん用餌場でしょうね。

Img_1348
「石の中」 明日香村にでもありそうな感じです。

Img_1350
庭から見たミュージアムサロン(休憩室)

館内には飲食できる設備はないので、雨で冷えたお腹を温めなくては…

湯の山温泉方面へ向かえば新しい施設もあるのですが、帰宅時間も気になります。
駅へ向かう途中のとろろ屋さんで昼食を頂くことにしました。

Img_1354
とろろもお蕎麦も美味しいけれど冷たかった><

雨が止まないので帰りましょう。

三重県に来たのだからお土産はもちろん…
Img_1358
伊勢名物「赤福」を名古屋駅で買いました^^;

三重県は近いようで意外に時間がかかります。もうちょっと近かったら何度でも行ってみたいと思う美術館でした。

  赤福の箱を狙っていた こまち &洋子


|

« 芸術の秋?それとも食欲?瀬戸市焼き物編のおまけ | トップページ | 芸術の秋?それとも食欲?最後は京都 »

コメント

江里佐代子さんって初めて知りました。
見てみたいなあ・・・素晴らしいですね。
でもやっぱり、最後の赤福が好き(笑)
(赤福は原料が北海道産って聞いたことがあります)

投稿: kayoko | 2016年11月19日 (土) 06時05分

「パラミタ」ってカタカナで書いてあったから、最初は「なんぢゃろ?パラーメータの仲間?」と思ったけど……あぁ、「波羅蜜多(パーラミータ)」ね(ー人ー)ナムゥ~

投稿: まりりん | 2016年11月19日 (土) 12時44分

  kayokoさん、こんにちは
江里さんは日曜美術館で取り上げられていましたが、実物がこの美術館にあるとは、行ってみるまで知りませんでした。
北海道産の小豆は美味しい和菓子なら絶対使用されてますね。赤福は伊勢の本店で食べるのが一番ですけど…。

投稿: ばんび | 2016年11月20日 (日) 14時19分

 まりりんさん、こんにちは
近鉄、四日市で湯の山温泉行に乗り換えました。
湯の山温泉、御在所岳ロープウエイが近いのでもうちょっとゆっくりできれば紅葉も楽しめたんですが…。色即是空~

投稿: ばんび | 2016年11月20日 (日) 14時28分

こんにちは
美術館巡り、羨ましいです。
この色紙、ちょうど雨模様の日に購入されたのですね。
イメージが重なって、素敵な一枚ですね。

赤福、懐かしい~
伊勢参りの折、本店で頂き、帰りつく日を数えて
お土産に宅配したっけ。

投稿: 四季 | 2016年11月22日 (火) 10時13分

 四季さん、こんにちは
雨は雨でも春雨ですが^^;
長野県の美術館で見た玉堂の絵で、これが一番良かったと同行者が言ってました。
赤福は名古屋駅の一番の売れ筋お土産なんだそうです。
あの事件は時々思い出すけど、喉元過ぎればですねえ

投稿: ばんび | 2016年11月22日 (火) 13時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芸術の秋?それとも食欲?雨のパラミタ編:

« 芸術の秋?それとも食欲?瀬戸市焼き物編のおまけ | トップページ | 芸術の秋?それとも食欲?最後は京都 »