« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

ありがとうございました(^^)/~~~

cherryblossom 今年の桜は咲きそうで咲かない。散り際の潔さを真似たいと思っていましたが、肝心の開花が遅れているようですね。

人形劇団ばんびの活動もとうとう千秋楽を迎えました。
最終公演の場所は四国・東かがわ市にある「とらまるパペットランド」でした。

1
春休みのイベントがありました。

12
パペットランドの中にある「人形劇場とらまる座」
何十回もここで公演をしてきました。
無事に最終公演を終えた後、人形劇ミュージアムの企画展示室でばんびの歴史を振り返る展示をしていただきました。

2
年表があります。長いようで短かったかも…

3
メッセージボード、劇団員紹介もあります。

4
ちょっと前の作品の人形たち「仙人の知恵袋」
なにかの銀賞を頂いた記憶が…

5
一つのキャラでも吹き替え人形が一杯あります。
6
この竜は縫うのが大変でした^^;

7
七福神の宝船はお正月飾りになってましたねhappy01

8
上段は商売繁盛とタヌキの話「豆狸だ・ぽん!」。
下段はお城の騒動「一大事でござる!」の人形たち。

9
「からから山の天狗さん」飛んでる天狗が可愛い(自画自賛^^;)

10
最後の作品「もういくつねると」は舞台丸ごと展示です。

ミュージアムの人形展示室にもばんびの人形があります。
11
沢山作りましたね~。
小道具やセットなどは一つの作品が終了したらどんどん破棄してしまったので残っていません。使いまわしがききませんし、保管場所もないので仕方ないですね。

こちらのミュージアムではプロの劇団で使用された人形たちもたくさん展示されています。
ばんびの人形がどこにあるか探してみてくださいね。
お客様をはじめ、劇場関係者、ブログを訪問してくださった皆様
本当に長い間ありがとうございました。
劇団員たちは次のステージに向けて旅立ちました。

点検おばさんも旅を続けます。
次回からこのブログは 「点検おばさんの旅日記 とタイトルを変えて展開してまいります。
どうぞこれからもお付き合いくださいますよう、よろしくお願い致します。


    旅する柴犬ってやってみたいdog こまち &洋子

| | コメント (20) | トラックバック (0)

旅行けば~~♬駿河の国は

sun あっという間に3月も残すところあと1週間。人形劇団ばんびの千秋楽公演の日が来てしまいました。

3月26日、東かがわ市、「とらまるパペットランド」の春フェスタでの公演が最後となります。
お近くの方ぜひお出かけ下さいませ。
詳しくはこちら→とらまるパペットランド春休みフェスタ

さて、このページは4月より「『旅する点検おばさん』 とタイトルを変更いたしますが、中身は相変わらず点検おばさんがあちこちお出かけしていきますので、どうかいつも通りお立ち寄り下さいませ。

〽 旅行けば~駿河の国は茶の香り~ってご存知かな?
今、静岡県は西のほうでは大河ドラマの影響もあって、直虎さん関連の地が賑わっていますが、静岡県の県庁所在地は静岡市葵区。2015年は徳川家康公生誕400年だったのですが、盛り上がっていたかどうか…。
県庁の真ん前には家康公の大御所時代に建てられた駿府城があります。現在は復元された二の丸東御門や巽櫓等を有する駿府城公園として親しまれています。

静岡はお隣の県だからJR東海道線の普通列車で十分行けます。

1
静岡駅前からコミュニティバスに乗って東御門に到着~
(家康号だ)

2
お堀の前の旅姿のお二人は
「東海道中膝栗毛 」でおなじみ、やじさん(左)、きたさん(右)です。

3
お堀に架かる橋を渡って二の丸東御門へと進みましょう。

4
巽櫓へ   
お城ってワクワクしますよね。
公園内は無料ですが、「巽(たつみ)櫓、坤(ひつじさる)櫓、紅葉山庭園」を見学できるセット券を買いました。

中は撮影OKですがあまり写ってなかった><
5
子どもさんが遊べるようになってます。

6
1月の終わりにもう桜が…。静岡ですから河津桜ですね。

紅葉山庭園を散策
7
紅白の梅。こちらは見ごろでした。

8
池は海を、向こうの茶畑は富士の裾野、築山は富士山を表しています。

9
小さいけれど滝もあります。

10
家康公の鷹狩像。鷹狩が好きだったのね。

公園内では発掘作業が行われています。
11
天守台の発掘調査現場です。

すぐ近くに資料や発掘物を集めた部屋があります。
作業現場のプレハブ小屋みたいなのですが、中身はけっこう面白い。
大型重機のなかった時代に気の遠くなるような作業だったでしょうね。
熊本城の復元がうまくいくことを願わずにはいられません。

12
坤櫓の前からはきれいな富士山が見えました。

四季折々の花も期待できそうなのでまた行ってみましょう。

そして、冬の静岡といえば
13
静岡鉄道~

目指したのはちびまる子ちゃんではなくて…

14
しぞーかおでんトレインがご到着!!

毎年、豊橋鉄道の路面電車の「おでん車」に乗っていたのですが、満員御礼で予約が取れず、あきらめかけていたところにお誘いを頂き、乗車することができたのでした。
こちらは路面ではありません。新静岡駅から新清水駅まで行って折り返す、約2時間の貸し切り電車で、二輌編成、定員は60名ですから、規模が大きい。
でもたったの2日間しか運行されません。予約を入れていただいてよかった~。

15
おばさん、点検中!
おでんはもちろん美味しいけれど、この日のお弁当がスペシャルでした。
桜エビとシラスの釜揚げ~。モツカレーも入ってます。
そしてもっとスペシャルだったのはお隣の席に座った方が、この桜エビを捕ってきた方、そのまたお隣が、このお弁当を企画された方でした。
約2時間、キリンさん飲み放題!

折り返した後はショータイムです。
16
派手~~!!
この照明の中で津軽三味線の演奏やカードマジックが行われました。

そしてお楽しみ抽選会。
何も当たらなかったけど、お向かいのお客さんがちびまる子ちゃんのパスケースをくださいました^^

17
車中を盛り上げて下さったのは地元のタレント「山田 門努」さん。
あっという間の2時間でした。
18
静岡鉄道のロゴマークは虹
新型車輌の色なんですって。

赤=いちご
桃色=桜エビ
黄色=みかん
黄緑=わさび
緑= お茶
水色=富士山
紺色=駿河湾

しぞーか行ったら点検してね~happy01

おでんなら食べてもいいかな? こまちdog &洋子













 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

一日で世界一周?~ヨーロッパ編~でおしまい

event 先週は人形劇団ばんび・豊橋最終公演にお越しいただきましてありがとうございました。
ばんびの活動も残すところ2週間余り、公演は福岡市で2回、東かがわ市で1回のみとなりました。お近くの方、ぜひいらしてくださいね。
こちらのブログは『点検おばさんの旅日記』 とタイトルを変え、4月からもあちこちお出かけして日記を続けていきますので、引き続きご訪問下さいますようお願い申し上げます。

さて世界一周ですが、南米、インドネシアエリアを抜けると、ゾーンⅣはいよいよヨーロッパです。
Photo
なんとなくヨーロッパ?

Photo_2
ヨーロッパエリアにはドイツ・バイエルンの村があって、ドイツといえば当然ビールです。
お昼も過ぎてスープの味見だけだったので、お腹ペコペコ。

ガストホフ バイエルンで麦汁タイム!!
Photo_3
ソーセージの盛り合わせとプレッツェル。
麦汁はもちろん、レーベンブロイ

表のお店で洞窟熟成ラクレットを頂きました。
Photo_4
ふかしたジャガイモの上に溶けたチーズをたっぷりかけてくれます。
ラクレットチーズが美味しい~。

ドイツの隣はフランス
アルザス地方の農家です。
Photo_5
こちらの母屋は1584年に建てられ、1985年まで実際に使われていたものを解体、移築したものです。大きな家ですね。

Photo_6
フランスからちょっと行くともうイタリアです。
イタリア アルベロベッロの家
帽子のような屋根をいくつも連ねている家屋をトゥルッリと呼ぶのだそうです。

家の中にはこんな絵が飾ってありました。
Photo_7
読めない~^^;

次のゾーンⅤは世界のテントを展示しているかまぼこのような建物です。

Photo_8
モロッコのテント。点前が女性の間で料理用の炉があります。
奥が男性用。ヤギと羊の毛を織って作ってあります。
ロバさんは動きません。

Photo_9
スェーデンのサーミという遊牧民のテント
ツンドラ地帯でトナカイの遊牧をして暮らす人たちです。
トナカイは逃げません^^;


ヨーロッパから向かうのはアフリカ大陸。
ゾーンⅥへ

Photo_10
いきなり南アフリカです。
カラフルな色の家は 南アフリカ共和国の内陸部 ンデベレの家
なんともおしゃれな色使いですね。

こちらは色よりも形が面白い。西アフリカ カッセーナの家
Photo_11
ここはまるで迷路みたいに家が建ち並んでいます。

Photo_16
四角の家は男性が、丸が重なったひょうたん型の家には女性(妻)が住みます。

アフリカゾーンでぜひとも挑戦しなきゃいけないのがこちら
Photo_12
ダチョウの卵のスープ。
本物のダチョウの卵です!
3人分以上あって,殻も厚いけど、スープも熱アツ~。
食べ終わった後の殻は持ち帰りできます。何に使おうかな?

そしてもう1品
Photo_13
ワニとラクダの串焼き
白っぽいほうがワニで、とてもあっさりしています。
ラクダは、え~~と、年取った羊肉っぽいかな?

アフリカンプラザでワニがお出迎え
Photo_14
ナイルワニ? もう食べちゃったから怖くないよ^^

Photo_15
アフリカンプラザには 楽器、衣装などの展示コーナーもあります。
カラフルで形の面白い帽子がいっぱい。帽子好きなんだけど、売ってないので
動物絵の靴下を買いました。

ダチョウの卵の殻を抱えて向かったのはゾーンⅦ
またアジアっぽくなってきました。

Photo_17
ネパールの仏教寺院。まずは仏塔があります。

Photo_18
仏塔からシャクナゲの小道を下っていきます。
春はきれいでしょうね。

Photo_19
マニ垣
マニ車を回しながら進みます。

Photo_20
チベット仏教ニンマ派に属する寺院をモデルに復元されています。

ここには素朴なお土産が一杯あって、フェルトのスマホケースが可愛かったんですけど、スマホ持ってないので…買いませんでした。次の機会にね。

Photo_21
ネパールを抜けて、インドを飛ばして向かった先は
飛んでイスタンブール!!

Photo_22
イスラーム学院の中庭
民族衣装の方がいますね。
もちろん着ました^^

Photo_23
こんな素敵なお部屋がいくつもあって

Photo_24
女性の間で談笑中。
こちらの方達は全衣装制覇目指して何回も来園されているんですって。

Photo_25
トルコといえば伸びるアイス・ドンドルマなんですが
案内人のお勧めで「ラフマジュン」を食べました。
薄焼きのピザで、スパイスの効いたひき肉、玉ねぎなどが乗っています。

Photo_26
これはアラビア語の第一番目の文字で名称は「エリフ」です。
アルファベットで言えば「a」 日本語なら「あ」

勉強しないとダメですね。

トルコの先にもタイ 北部の家
その先のゾーンⅧは韓国の家などがあって最後は山形・月山の山麓の家があります。
森敦(もり あつし)の小説「月山」に出てくる恐ろしく寒い家ではなさそう…。ちょっと見てみたかったけど、閉園時間が迫ってきました。

Dscf9621
レトロバスに乗ってゲートへ直行!
冬場の閉園時間は16時なんですって。
犬山駅までのバスも最終便でしたdash
夏時間の時ならゆっくりできそうです。

季節ごとにイベントがあるそうで、世界のスープ祭りはもう終わっていて
この春からは↓
58a6a413ed3e3
肉らしい…
お肉が好きな方はぜひチャレンジしてみて下さいね。

ワンコの入場もOKだって聞いたけどね dogこまち &洋子



| | コメント (8) | トラックバック (0)

一日で世界一周?

24hours 気が付けばもう三月。すでに一年の六分の一が終わっちゃったんですねえ。

人形劇団ばんびの公演もいよいよ千秋楽が近づいてまいりました。
豊橋での最終公演は来週11日(土)12日(日)です。どうぞお見逃しなく、皆様お誘いあわせの上お越しくださいませ。
☆時  3月11日(土)  14:00~15:00
               19:00~20:00
     3月12日(日)  10:30~11:30
☆所  豊橋市民文化会館 第四会議室(2F)
☆料金 前売り 1000円 当日1300円 (3歳以上同一料金)

詳しくは前のページへどうぞ。

4月からもこのブログは続けたいと思いますが、タイトルは『点検おばさんの旅日記』に変更させていただきますので、迷わずにこちらを覗いて下さいね。

ちょっと前の休日に、たった一日で世界一周できてしまうお得なツアーに行ってきました。
ツアーと言っても往復運賃+入場料+貸衣装券(重要)+1000円クーポン券が付いたチケットを駅で買うだけ、1日自由行動です(ガイドさんは付きません)

最寄りの駅から名鉄電車とバスを乗り継いで着いた先は
Photo
「野外民族博物館 リトルワールド」です。愛知県犬山市にあります。
ネズミーランドのスモールとは違って、建物はちゃんと実物大のものや移築されたものが建っています。
冬の間、野外は寒いからこんなイベントが開催中でした。
Photo_2
このポスターの女の子はいなかったけど^^;

温かい世界のスープを目指して出発dash
Photo_3
レトロバスも走ってるけど、歩くのじゃshoe
まずはゾーンⅠへ
石垣島のお屋敷がありました。…

ここでいきなり衣装券を出して琉球舞踊衣装を着てしまいました。
Photo_4
建物は石垣島から移築復元した琉球士族の家。お座敷で記念撮影OKなのです。
(あっという間に服の上から着つけてくれます)
似合うか似合わないかは問われません( ´艸`)プププ
軽い衣装でも脱ぐと寒い!

沖縄「めんそーれ・紅芋のスープ」で温まりましょう。
Photo_6
紅芋ってスィーツに使われてることが多いので、甘いかな?と思ったんですが、塩味もちょうどよくて 美味しかったです。

Photo_7
これは沖縄本島の斎場だそうです。
沖縄旅行の記憶が新しいので、お墓の話を思い出しました。
沖縄の隣にはなぜかアイヌ村
Photo_8
一番大きなのが両親の家。中へお邪魔してみましょう。

Photo_9
屋根も壁もノガヤという植物でできています。寒そうだけど、囲炉裏の煙でいぶされて雨雪に強くなり、暖かく過ごせるとのこと。表には熊の檻もあったけど、熊は不在でした。

アイヌの家の近くには…台湾。
あれ?南へ戻っちゃった。
Photo_10
立派な建物でコの字型になっていて左側の棟は兄家族、右側が弟家族。
年長者重視の配置だそうです。

アオザイの人がいます。似合ってますね。

ここでも衣装を着せてもらえます。
Photo_11
どうせなら一番豪華なのを…
皇帝衣装と冠で、はいポーズcamera

Photo_12
これもやってみたかったよねpig

ゾーンⅠはアジアだったということで、次行くよーdash
ゾーンⅡはいきなり北アメリカ!
Photo_13
北アメリカ平原・先住民のティピという移動式住居。
バッファローの絵が描いてあります。
テントが懐かしい気がするのは、昔インディアンの人形劇をやったからかな。

北アメリカは食べ物がなかったのでさっさと移動^^;

Photo_14
でかい魚がお出迎え!ピラルクーの看板?
南米ペルーの大農園領主の館にやってきました。
順番としてはいい感じですね。

Photo_15
礼拝堂も立派です。
ここでも衣装チェック
Photo_16
アルパカと一緒にペルー皇帝になって記念撮影^^;
Photo
ついでにメキシコのソンブレロも決まってるねぇ( *´艸`)
お土産コーナーもあったけどスルーして先へ。1日で世界一周しなきゃいけないからね。

Photo_2
あれ?またアジアに来ちゃいました。

ゾーンⅢはインドネシア。バリ島の貴族の家を訪問。

Photo_3
祭場用の建物。色遣いが綺麗です。

ガムランの演奏が聞こえてきそうなnote

でもこの向かい側の屋台からいい匂いが…
Photo_4
インドネシアのスープは「オポールアヤム」
スパイスのいい香りとココナッツの優しい味のチキンスープ。
これは美味しい~。お代わりしたいくらいだけどまだ先は長いのだ。

Photo_5
池の向こうにはポリネシアサモアの家やミクロネシアの家があるけれど…

急げーヨーロッパへ!      つづくsign04

  スープより肉の塊食べてみたい こまちdog &洋子

  

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »