« 一日で世界一周? | トップページ | 旅行けば~~♬駿河の国は »

一日で世界一周?~ヨーロッパ編~でおしまい

event 先週は人形劇団ばんび・豊橋最終公演にお越しいただきましてありがとうございました。
ばんびの活動も残すところ2週間余り、公演は福岡市で2回、東かがわ市で1回のみとなりました。お近くの方、ぜひいらしてくださいね。
こちらのブログは『点検おばさんの旅日記』 とタイトルを変え、4月からもあちこちお出かけして日記を続けていきますので、引き続きご訪問下さいますようお願い申し上げます。

さて世界一周ですが、南米、インドネシアエリアを抜けると、ゾーンⅣはいよいよヨーロッパです。
Photo
なんとなくヨーロッパ?

Photo_2
ヨーロッパエリアにはドイツ・バイエルンの村があって、ドイツといえば当然ビールです。
お昼も過ぎてスープの味見だけだったので、お腹ペコペコ。

ガストホフ バイエルンで麦汁タイム!!
Photo_3
ソーセージの盛り合わせとプレッツェル。
麦汁はもちろん、レーベンブロイ

表のお店で洞窟熟成ラクレットを頂きました。
Photo_4
ふかしたジャガイモの上に溶けたチーズをたっぷりかけてくれます。
ラクレットチーズが美味しい~。

ドイツの隣はフランス
アルザス地方の農家です。
Photo_5
こちらの母屋は1584年に建てられ、1985年まで実際に使われていたものを解体、移築したものです。大きな家ですね。

Photo_6
フランスからちょっと行くともうイタリアです。
イタリア アルベロベッロの家
帽子のような屋根をいくつも連ねている家屋をトゥルッリと呼ぶのだそうです。

家の中にはこんな絵が飾ってありました。
Photo_7
読めない~^^;

次のゾーンⅤは世界のテントを展示しているかまぼこのような建物です。

Photo_8
モロッコのテント。点前が女性の間で料理用の炉があります。
奥が男性用。ヤギと羊の毛を織って作ってあります。
ロバさんは動きません。

Photo_9
スェーデンのサーミという遊牧民のテント
ツンドラ地帯でトナカイの遊牧をして暮らす人たちです。
トナカイは逃げません^^;


ヨーロッパから向かうのはアフリカ大陸。
ゾーンⅥへ

Photo_10
いきなり南アフリカです。
カラフルな色の家は 南アフリカ共和国の内陸部 ンデベレの家
なんともおしゃれな色使いですね。

こちらは色よりも形が面白い。西アフリカ カッセーナの家
Photo_11
ここはまるで迷路みたいに家が建ち並んでいます。

Photo_16
四角の家は男性が、丸が重なったひょうたん型の家には女性(妻)が住みます。

アフリカゾーンでぜひとも挑戦しなきゃいけないのがこちら
Photo_12
ダチョウの卵のスープ。
本物のダチョウの卵です!
3人分以上あって,殻も厚いけど、スープも熱アツ~。
食べ終わった後の殻は持ち帰りできます。何に使おうかな?

そしてもう1品
Photo_13
ワニとラクダの串焼き
白っぽいほうがワニで、とてもあっさりしています。
ラクダは、え~~と、年取った羊肉っぽいかな?

アフリカンプラザでワニがお出迎え
Photo_14
ナイルワニ? もう食べちゃったから怖くないよ^^

Photo_15
アフリカンプラザには 楽器、衣装などの展示コーナーもあります。
カラフルで形の面白い帽子がいっぱい。帽子好きなんだけど、売ってないので
動物絵の靴下を買いました。

ダチョウの卵の殻を抱えて向かったのはゾーンⅦ
またアジアっぽくなってきました。

Photo_17
ネパールの仏教寺院。まずは仏塔があります。

Photo_18
仏塔からシャクナゲの小道を下っていきます。
春はきれいでしょうね。

Photo_19
マニ垣
マニ車を回しながら進みます。

Photo_20
チベット仏教ニンマ派に属する寺院をモデルに復元されています。

ここには素朴なお土産が一杯あって、フェルトのスマホケースが可愛かったんですけど、スマホ持ってないので…買いませんでした。次の機会にね。

Photo_21
ネパールを抜けて、インドを飛ばして向かった先は
飛んでイスタンブール!!

Photo_22
イスラーム学院の中庭
民族衣装の方がいますね。
もちろん着ました^^

Photo_23
こんな素敵なお部屋がいくつもあって

Photo_24
女性の間で談笑中。
こちらの方達は全衣装制覇目指して何回も来園されているんですって。

Photo_25
トルコといえば伸びるアイス・ドンドルマなんですが
案内人のお勧めで「ラフマジュン」を食べました。
薄焼きのピザで、スパイスの効いたひき肉、玉ねぎなどが乗っています。

Photo_26
これはアラビア語の第一番目の文字で名称は「エリフ」です。
アルファベットで言えば「a」 日本語なら「あ」

勉強しないとダメですね。

トルコの先にもタイ 北部の家
その先のゾーンⅧは韓国の家などがあって最後は山形・月山の山麓の家があります。
森敦(もり あつし)の小説「月山」に出てくる恐ろしく寒い家ではなさそう…。ちょっと見てみたかったけど、閉園時間が迫ってきました。

Dscf9621
レトロバスに乗ってゲートへ直行!
冬場の閉園時間は16時なんですって。
犬山駅までのバスも最終便でしたdash
夏時間の時ならゆっくりできそうです。

季節ごとにイベントがあるそうで、世界のスープ祭りはもう終わっていて
この春からは↓
58a6a413ed3e3
肉らしい…
お肉が好きな方はぜひチャレンジしてみて下さいね。

ワンコの入場もOKだって聞いたけどね dogこまち &洋子



|

« 一日で世界一周? | トップページ | 旅行けば~~♬駿河の国は »

コメント

肉らしくて 口美味しい…

投稿: まりりん | 2017年3月16日 (木) 10時13分

pig まりりんさん、こんにちは
季節ごとにチェック入れなきゃね(^-^;

投稿: ばんび | 2017年3月17日 (金) 10時59分

ばんびさん

ラクレット美味しそうで拡大して見ましたsearch
でも、ダチョウやワニやラクダはその勇気がありませんでした(◎_◎;) それを食べるってすごい勇気!

投稿: あめぶる | 2017年3月17日 (金) 13時51分

美味しくて楽しいテーマパークですね。
本場のソーセージにチーズとビール、良いな~heart04

dogもOKなら、こまちちゃんも一緒に、
探検するのもいいかも。

いよいよ福岡での公演も、ラストなんですね。
残念ながら、今回はお伺いできないのですが、
楽しい時間をありがとうございましたheart04]皆様によろしくお伝えくださいねhappy01

投稿: 四季 | 2017年3月17日 (金) 14時32分

pig あめぶるさん、こんにちは
ラクレットチーズは、アルプスの少女ハイジでおじいさんが暖炉で炙って、パンの上にたらしたアレです。
めっちゃ臭いらしいのですが、火を通すと臭みがなくなるという不思議なチーズですね。
ダチョウの卵は薄味でした(殻は硬いけど)
ワニもラクダも普通の肉の串焼きと変わりません。
変なものも取りあえず食べてみることにしていますdelicious

投稿: ばんび | 2017年3月18日 (土) 15時05分

pig 四季さん、こんにちは
犬山市なら明治村のほうが大人っぽいと思ってましたが、こちらもなかなか良かったです。何匹も犬を連れたグループがいて、建物背景に撮影会をしていたのにはびっくりしました。
九州公演ではお世話になりました。
本当にありがとうございましたlovely

投稿: ばんび | 2017年3月18日 (土) 15時18分

こんばんは☆ここは街並みだけでなくグルメも楽しめちゃうんですね~♪
ドイツのソーセージは間違いなくおいしそうだしだちょうの卵も気になりますね*^^*
ワニ肉は何となく筋っぽいイメージですが実際は柔らかいのかしら!?
お肉大好きな私は次回「肉フェスタ」が気になります♡
とても楽しく拝見させていただきました(^^♪

投稿: おやゆき | 2017年3月18日 (土) 17時48分

pig おやゆきさん、こんにちは
園内にはいくつか食事処がありますが、それほど本格的ではないので軽く食べて次へ移動となります。
肉フェアーは牛・豚・鶏はもちろん出ますが、蛙、バッファロー、カンガルーなんてのもあるそうですよhappy01

投稿: ばんび | 2017年3月19日 (日) 13時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201049/65019867

この記事へのトラックバック一覧です: 一日で世界一周?~ヨーロッパ編~でおしまい:

« 一日で世界一周? | トップページ | 旅行けば~~♬駿河の国は »