« 2017年4月 | トップページ

花降る日の美術館

sun ちょっと写真の整理をしてたら更新が遅れてしまいました。
もう五月も終わってしまいますね。連休明けにいきなり30℃超えの夏日になったところもあったようですが、最近少し落ち着いて平年並みとか…。今年の夏も猛暑の予報が出ていますので、せめて梅雨に入る前の爽やかな5月の風を楽しみたいものです。

点検おばさんがお出かけしたのはちょっと前、桜が散る頃でした。
昨年の10月にも紹介しましたが、また見たい絵が展示されていたので2時間も電車に乗って行ってきました。
1
三重県、菰野町を走る近鉄電車。、湯の山線です。

小さな駅を降りて徒歩5分ほど
Img_2210
パラミタミュージアムへやってきました。

この日のメインは大好きな画家「有元利夫」展です。
Img_2122

1975年に初の個展を開いてからわずか10年間の画活動でこの世を去ってしまいました。
もう没後30年以上になるのですね…。
以前、我が街の美術館で展示された時にも見たのですが、今回はより多くの作品を見ることができました。

2階展示室の前でちょうどからくり人形のパフォーマンスがあり、撮影が許可されていました。
2
機械仕掛けも見えるようになっています。
お祭りの山車の人形は下で人間が紐を引っ張って操作しているのですが、代わりに機械が紐を引くようにできています。

3
顔のお面がパッと変わるのですがびっくりするほどでもないですね^^;

ゆっくり絵画を見た後は、庭へ出て季節の花々を点検しましょう。
4
10月に来たときは雨でしたが、この日は晴天。
どんな花が咲いているかな?

5
雪もち草です。何とも不思議な形をしていますね。

Img_2143
すみれ。名前は??

Img_2145
日本桜草
冬によく園芸種で売っているのは西洋桜草(マラコイデス)
日本桜草は花数が少なくて清楚な感じです。

Img_2147
椿・卜伴(ぼくはん)
もう他の椿はほとんど終わっていましたがこの子はしっかり挨拶できました。
3月なら椿が一杯咲いてたんでしょうね。

Img_2150
花筏(はないかだ)
葉っぱの上のツブ粒が花です。上手く保てば実も成ります。

Img_2152
淡い色の石楠花(しゃくなげ)
石楠花って身近にないので会えると嬉しいです。
つつじよりも優しいね。

Img_2153
敷地の外から桜吹雪が…
Img_2172
あちらから花が降ってくるのです。

Img_2157
イワウチワ

山野草がたくさん植えられています。
Img_2167
カタクリ

Img_2169
オニバシリ(ジンチョウゲ科)
初めて見ました。
Img_2158
ミヤマシキミ
赤い可愛い実がなりますが有毒だそうです。

Img_2175
ミツバツツジが緑の中で鮮やかに光っていました。

他にも一輪草、碇草、春オコシ、ショウジョウバカマ、ムサシアブミなど。見落としはないかと3度も回りました。

Img_2191
山吹(一重ヤマブキ)

Img_2184
細い水路に生えていた花。コウホネかなあ?


Img_2203
ムシカリの花にも会えました。

また違う季節、展示が変わったら行ってみたいと思います。
5月~7月にかけては「棟方志功展」をやっているそうです。
Img_2214
無人駅だけどわかりやすいです。

さて名古屋へ戻りましょう。
Img_2224
名古屋駅前の新しいビルにあるビール園で一息。
限定樽のソラチエース。とってもいい香りのビールです。

ソラチエースにぴったりのおつまみプレートもいただいちゃいました。
Img_2225
おしゃれでしょ。勿論ビールはお代わりしましたよ。

Img_2527
左「花降る日」 右「厳格なカノン」

大好きな画家の絵と花、美味しいビールで満たされた一日でした。


花粉終息宣言が出たのに留守番の こまちdog &洋子














| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ