« 古代アンデス文明を点検 ② | トップページ | 光琳の櫛に魅せられて »

2019年1月 2日 (水)

香りを閉じ込める器

2019年が始まりました。今年こそはびしっと決めたいのですがそうもいかず、力を抜いてボチボチと行きたいと思っています。点検おばさんも相変わらずお出かけしますので、昨年同様お付き合いくださいますようお願い申し上げます。

最近の洗濯用品、仕上げ材でいい香りが残るとか、焼き肉食べても大丈夫だとかCMが盛んに流れていますがどうなんでしょうね?
少し前ですが、新聞に「香害」についてという石鹸会社の広告が載っていました。
強い香りはかえって迷惑ではないか?満員電車内での香水の香り、消臭剤の強い匂いに困っている方もいるはず。確かにねと賛同しながら読みました。普通の石鹸の香りが一番好きなので。香水などには全く縁がない生活をしていますが、香水瓶となるとちょっと興味がわいてしまいます(乙女心をくすぐられた?)

市内にある美術館へ行って来ました。
Img_4125
平日は人出が少ないなあ…

Img_4079
今回見てきたのはアール・デコの作家ルネ・ラリックの香水瓶の展示です。

Img_4581
アール・デコとは1925年のパリ万国装飾博覧会で花開いた装飾美術の様式です。
19世紀末に流行したガラス作家エミール・ガレなどの装飾様式(アール・ヌーボー)が植物や昆虫、自然をモチーフにした曲線的なデザインだったのに対し、20世紀初頭には幾何学模様などを取り入れた機能的、実用的な様式美が生まれました。
今回は長野県諏訪市にある「北澤美術館」の所蔵品と、神戸市ファッション美術館からのアール・デコ時代のドレスなどが展示されていました。

Img_4080
コティ社の香水瓶。シンプルなデザインです。

Img_4083
優雅な香水瓶。
空っぽになっても捨てられないだろうな。

Img_4087
シダ模様の香水瓶

Img_4092
翡翠とすみれ
ころんとした蓋が可愛いですね。

Img_4105
カシス(酸味の強い木の実)
蓋の持ち手にフルーツがついています。

Img_4109
香水瓶だけではなくアクセサリーもあったのですが、撮影はできませんでした。

Img_4117
常夜灯・キューピット

Img_4578
 香水瓶・すずらん(絵葉書から)

Img_4579
香水瓶・真夜中(絵葉書から)
香水が入っているときは星の部分が金色になるのだそうです。

Img_4576
シガレットケース・猫(絵葉書から)
ケースの蓋の裏側から彫・彩色されています。
ルネ・ラリックは無類の猫好きで多数の猫と暮らしていたそうです。

ファッションもそれまでコルセットに締め付けられていたドレスとは違い、開放的なハーレムパンツのようなもの、踊り出しそうなドレスなどが展示されていました。

香水やドレスとは縁のない暮らしですが、海外旅行のお土産に頂いた瓶を大切に取っていた時期がありました。本物を見た後で出してみたら、やっぱり違うなあと実感。中身は干からびちゃったし、一輪挿しにもならないし…。断捨離コースへ行くのか~

Img_4573

でもいつか行きたいと思ってた北澤美術館のコレクションが見られただけでも良かったです。
見るだけでも心は暖まりますよね^^;

気になるのは他のワンコの足跡だー…こまち&洋子


|

« 古代アンデス文明を点検 ② | トップページ | 光琳の櫛に魅せられて »

コメント

年寄のアンモニア臭はどうしたらいいでしょう
小便の後は必ず紙で拭いていても、パンツに臭いが付いてる
トイレ以外で小便が漏れることはない(と思う)

投稿: 酒が好き | 2019年1月 2日 (水) 16時40分

私にも縁がないものですけど・・・
 
香水瓶って惹かれますね

投稿: 姉さん | 2019年1月 2日 (水) 22時00分

素敵な展示ですね!
こういうの、札幌の美術館とかでやらないかなあ。
(やってるけど気づいてないのかもしれない・・・)

ただ、香水は苦手なんですよねえ(笑)
匂いって難しいもんだ。
今年は、私もあちこち旅行したいです!!

投稿: kayoko | 2019年1月 3日 (木) 10時19分

ばんびさんこんばんは☆
香水はあんまり興味ないけれど、香水瓶は憧れますね!香害になる程の強烈な香りは論外だけど、香水って大人の女性のたしなみなのかしらん~??だって、女性でも加齢臭ってあるっていうものね(゚ー゚;
ラリックは箱根に美術館があり、何度か足を運びました。ラリックの作品、美しいですよね(*^^*)

投稿: おやゆき | 2019年1月 4日 (金) 20時51分

ばんびさん、こんばんわ。

縁がなくても美しいものを見るのはいいですよね。
エミール・ガレ何度か観ました。
確かに時々香害もありますが、香水でなくても匂いはその時の情景を思い出させる作用が強い気がします。
「同じコロンの人に振り返る~」みたいな歌がありませんでした? こまちちゃんは違う犬の匂いに振り返る~かな(笑)
今年もよろしくお願いいたします。
チョロ

投稿: チョロ | 2019年1月 5日 (土) 21時09分

酒が好きさん、こんにちは
臭い匂いは元から絶たなきゃ…やっぱりふぁぶりーずですかねえψ(`∇´)ψ

投稿: ばんび | 2019年1月 6日 (日) 15時57分

 姉さん、こんにちは
山でいい空気吸われてるから香水は不要ですね。
あんな素敵な瓶に入ってるのがお酒だったらいいのになあ~

投稿: ばんび | 2019年1月 6日 (日) 16時10分

  kayokoさん、こんにちは
この展示は昨年全国を巡回してたようですが、札幌はなかったですかねえ><
美術館などへ行くと他所の展示会のパンフレットが置いてあるのでいっぱい貰ってきます。行けなくてもちょっとワクワクしますよ。
香水、好きな香りがあったけれどもう販売してないしなあ…。

投稿: ばんび | 2019年1月 6日 (日) 16時16分

 おやゆきさん、こんにちは
加齢臭~Σ( ̄ロ ̄lll) 香水じゃごまかせませんね。
日本人ってガラス製品好きですよね。
切子ガラスも、ガラスの風鈴も大好きです。
壊れそうなもの、滅びの美ですかね?
箱根も諏訪湖も行かなくっちゃ^^


投稿: ばんび | 2019年1月 6日 (日) 16時24分

 チョロさん、こんにちは
美しい装いには本当に縁がなくなってきました。
ヒールの高い靴も履けません。香水瓶って異世界を覗いているみたいなものです
ラリックよりもガレのほうが沢山見てると思います。ガレは1点物って感じでしょうか。アール・デコ様式を取り入れた旧浅香宮邸(東京都庭園美術館)の入り口に大きなラリックのガラス作品があって素敵でした。
同じコロンに~♬はユーミンでしたね。
こまちは人の後頭部の匂いに執着するんですよ。

投稿: ばんび | 2019年1月 6日 (日) 16時52分

むか~し、グレのパヒュームのミニミニ瓶の詰め合わせ、
買った事あります。
ちょうど、この写真のような感じで可愛かったので
5~6個あった、あの瓶、どこへ行っちゃったんでしょう
私も香水は苦手なのですが、大切な香水を入れる瓶も
大切な美術品だったのでしょうね

投稿: 四季 | 2019年1月 7日 (月) 18時16分

 四季さん、こんにちは
香水のミニチュア瓶可愛いですよね。小さいものなら何でも好き。ガチャに出てこないかしらん。プラスチックだと全然美しくないけど><
自宅で仕事してると香水とか、おしゃれ着は全く要らなくなりますね^^;お出かけしなくっちゃ

投稿: ばんび | 2019年1月 8日 (火) 10時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 香りを閉じ込める器:

« 古代アンデス文明を点検 ② | トップページ | 光琳の櫛に魅せられて »