« 何処へ(伊豆へちょっこお出かけ⑤)韮山反射炉 | トップページ | 美術館への道(MIHOミュージアム) »

2019年4月30日 (火)

何処へ(伊豆へちょこっとお出かけ⑥)旅の終わりは三島~

 

韮山反射炉から程近くに「蛭ヶ島」という旧跡があります。

 

伊豆・三島2019-6-01
ここは平治の乱で敗れた源氏の御曹司・源頼朝が配流されたところで今は小さな公園になっていますが、当時は川の中洲でした。
蛭が多かったのかちょっと気味の悪い名前です
頼朝は14歳で流されて34歳で平家討伐の旗揚げをし、弟・義経たちと合流して平家を滅亡させ、鎌倉幕府を打ち立てます。約20年もの間ぼーっとしていたわけではありません。関東の豪族・北条時宗の娘・政子と恋に落ちたのです時宗に猛反対され婿を押し付けられそうになった政子は熱海の東にある伊豆山権現に逃げ込み、頼朝を手紙で呼び寄せて結ばれたのでした。(政子のほうが行動的)

伊豆・三島2019-6-02
頼朝31歳、政子21歳。
北条時宗も仕方なく頼朝を北条館に迎え入れたのです。おかげで頼朝は平氏討伐の挙兵準備を進めることができました。

伊豆・三島2019-6-03
頼朝と政子の縁結びにちなんだ梛(なぎ)の木
伊豆山権現の梛の葉をお守りとして持っていると願いが叶う、好きな相手と結ばれるという故事が伝わっています。

伊豆・三島炉2019-6-04
赤とんぼが止まっていました。
これから相手を探しに行くのでしょうか


伊豆・三島2019-6-05
配流になったとはいえまだ若さの真っ盛り。馬でこの辺りを駆け回っていた頼朝はかなりの男前だったと言われています。
弟の義経のほうが人気はあるけれど、頼朝の肖像画と比べると義経のほうが見劣りするかもしれませんね。

伊豆・三島2019-6-06
珍しい茅葺屋根の葺き替えが行われていました。

伊豆・三島2019-6-07
タクシーの運転手さんがぜひにと連れて行ってくれた「願成就院」でしたが、お休みで中を拝観することはできませんでした
鎌倉時代の創建で北条時宗の菩提寺だそうです。
ではお昼ご飯にしましょう

伊豆での最後の食事は三島へ
三島といえばうなぎです。有名店もいろいろありますが、運転手さんお勧めの「姫しゃら」さんへ行きました。
伊豆・三島2019-6-08
店の横に名前の由来、姫シャラの木が植わっています(左の木肌が赤っぽい木が姫シャラ)

伊豆・三島2019-6-09
豪華にうな重を食べる人、カキフライ定食(鰻付き)を選ぶ人、それぞれでしたがひつまぶしにしました。
茶碗蒸しもついててお腹いっぱい
少し歩いて腹ごなししなくては


伊豆・三島2019-6-10
三島には富士山の伏流水が川の中に湧き出している柿田川湧水群があります。
国道沿いの大きな公園の横に柿田川が流れていて遊歩道が整備されています。
三島梅花藻が有名ですが冬なので花は見えませんでした。

伊豆・三島2019-6-11
展望デッキから柿田川の湧水スポットを見ることができます
川底から水が湧き出ているのです動画じゃないのでわかりにくいですね。

伊豆・三島2019-6-12
砂が黒っぽく舞い上がっています。

伊豆・三島2019-6-13
都市開発の影響で湧水量が減少していくのを食い止めるため、公益財団法人・柿田川みどりのトラストが設立され、流域の土地を買い上げて自然環境を保全する運動が繰り広げられています。
展望デッキで湧水群の保全について説明されている方がいらっしゃいました。

伊豆・三島2019-6-14
旅の最後は三島大社へ。
来る年もいい旅ができますようにとお参りしました


伊豆・三島2019-6-15
お土産は~富士山ようかんパッケージが可愛いので買ってみました。
伊豆・三島2019-6-16
ようかんも富士山の形。まずまずのおいしさでした。

伊豆・三島2019-6-17
せっかくわさび田に行ったので本わさびを1本買ってきました。
わさびは摺り下ろして食べちゃいましたが、葉っぱが奇麗だったのでずーっと花瓶に入れてました
三か月後、とうとう新芽が出なくなったのでサヨナラしました

わさびより鰻が食べたかったこまち&洋子

ポチッとよろしく!

|

« 何処へ(伊豆へちょっこお出かけ⑤)韮山反射炉 | トップページ | 美術館への道(MIHOミュージアム) »

コメント

ばんびさま。
「伊豆」の続きのブログありがとうございます。
鰻定食と羊羹がホントにおいしそう!!
「令和」の時代も宜しくお願い致します!

投稿: ちん | 2019年4月30日 (火) 23時32分

🍚 ちんさん、こんにちは
旅の〆の食事はちょっとやけ食いっぽくなってしまいました。もちろん🍺も飲んだので、このほかに鯵のお刺身なども食べてました^^;羊羹はあっさりしてました。
時代が変わっても点検おばさんはあちこち出かけますので、また覗いてくださいね。

投稿: ばんび | 2019年5月 2日 (木) 18時10分

こんにちは。
そうか、三島も鰻が有名なんですね。
行ったことない場所ばかりがでてきて
本当に旅行している気分になれます(^_^)
富士山ようかん。食べたいです・・・。

投稿: kayoko | 2019年5月 2日 (木) 18時35分

ばんびさんこんにちは!!
考えてみたら、三島は東海道を歩くみたいな企画で箱根から歩いた事はあるのですが、三島に着いたら即バスに乗って帰宅だったので、観光した事ないですわ~
有名な三島大社も行った事ないし。
最後の〆のうなぎと、富士山ようかん良いですね(^^)
そうそう、ちなみに神奈川には「蛭ヶ岳」なる県内最高峰の山がありますよん。丹沢山域は蛭が多くて有名なので、まさにぴったり(;・∀・)

投稿: おやゆき | 2019年5月 4日 (土) 09時42分

🍚 kayokoさん、こんにちは
鰻は愛知県でも食べられるので三島でわざわざと思いましたが、以前三島へ来た時に行列のできるほどの人気店の横を通りましたので、今回はリベンジでした。羊羹は形が可愛いので食べずにとっておきたかったです(;^ω^)

投稿: ばんび | 2019年5月 5日 (日) 14時48分

🍚 おやゆきさん、こんにちは
三島は清流の街なので、源平川の川の中を歩いたりできますし、刀剣で有名な美術館もあって昨今の刀剣女子に人気です。蛭ヶ岳とはおどろおどろしい名前ですね。山の蛭は大きいとか…。泉鏡花の「高野聖」で山の中で大きな蛭に吸いつかれるところが気持ち悪かったです。モデルは丹沢山系なのかしら?

投稿: ばんび | 2019年5月 5日 (日) 14時55分

ばんびさん、こんばんわ~
湧き水ですか、きれいです。昔から開けたところは水がポイントなんですね。そして大きな神社あり。三島神社有名ですよね。鰻が名物なのも水のせい? 鰻は食べられないのでもし行く事があれば羊羹かな(笑)
ちゃんと頂上が白っぽくなっているんですね。
またまた出遅れて拝見してますが、ゆっくり見させていただきますねー チョロ

投稿: チョロ | 2019年5月25日 (土) 21時02分

🍚 チョロさん、こんにちは
三島は水辺もいいですが美術館もいいですよ。「佐野美術館」は刀剣が有名。三島大社の宝物館には北条政子が奉納したとされる、国宝・蒔絵手箱があります。
中身の化粧道具が全て揃っているそうです。

投稿: ばんび | 2019年5月27日 (月) 10時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何処へ(伊豆へちょっこお出かけ⑤)韮山反射炉 | トップページ | 美術館への道(MIHOミュージアム) »