« 初夏の京都へ | トップページ | 琵琶湖のほとり、長浜を歩いてみた。 »

2019年8月20日 (火)

初夏の奈良へ

旧盆の最中に台風10号が中国地方を縦断、お盆のお休みの移動に大きな影響が出ました。
そして台風が去った後は猛暑がやってきて、今年の夏も厳しい毎日が続きますね。
それでも少し日が短くなって夕方の散歩が楽になりました。

さて、梅雨入り前の京都も暑くてあまりうろうろできませんでしたが、次の日は近鉄特急に乗って奈良へ向かいました
奈良2019-01
車窓から見える平城京跡。以前は礎石がだだっ広い草地に並んでいただけでしたが、大極殿が復元されて立っています。
近鉄奈良線は平城京跡地の中を走っているのです。いろいろな建物が復元される予定だそうですが、礎石だけのほうが良かったなと思わないでもありません。

奈良2019-02
奈良公園につきました。奈良も暑くて鹿さんも水の中へ入っていました

奈良2019-03
おばさん、鹿せんべいをねだられてる?

奈良2019-04
奈良公園内にある奈良国立博物館。

奈良2019-05
「藤田美術館展」を見に来ました。
藤田美術館は大阪市の中心部にあり,実業家・藤田伝三郎と息子・平太郎、徳次郎の親子三人によって収集された美術、工芸品を展示公開するために1954年に開館しました。
約2000件のコレクションは茶道具、水墨画、絵巻、仏像、経典、仏教工芸など多岐にわたっています。世界に3点しか現存しない国宝「曜変天目茶碗」などが展示されています。

奈良2019-06
国宝・曜変天目茶碗(絵葉書より)
今年、3点の「曜変天目茶碗」がほぼ同時期に展示され、3月にMIHOミュージアムで大徳寺・龍光院所蔵の茶碗を一つ見てきました。こちらが二つ目の曜変天目。

奈良2019-07
国宝・曜変天目茶碗(絵葉書より)
青い輝きがきれいです。龍光院所蔵の物よりも華やかな気がします。
この展示室へたどりつくまでは長蛇の列他の展示品もたくさんあるし,あきらめようかとも思いましたが、このために来たんだからと並んで待ちました。
三つめの東京・静嘉堂文庫美術館所蔵の展示は既に開催終了で見られませんでした。

奈良2019-08
快慶作・重要文化財・地蔵菩薩立像(絵葉書より)
快慶は運慶とともに奈良・東大寺の金剛力士像の製作に携わった鎌倉時代を代表する仏師です。
運慶作の仏像はきりりとした厳しさがありますが、快慶はどちらかといえば優し気な表情の仏像が多いと言われています。
作品が残っているのは快慶のほうが多いのだそうです。

この他、国宝や重要文化財が多くてとても見応えがありました。
藤田美術館は現在リニューアル中2022年4月に新装オープンだそうですので、出来上がるころに大阪へ行ってみたいですね。


「藤田美術館展」は博物館の新館で見学。
博物館内のミュージアムショップを通り抜けると本館へと続いていて、本館には常設の仏教美術、青銅器の部屋などがあって見応えのあるものばかり。ゆっくり見るには時間と体力が必要です
しばし休憩した後もう一か所見学しました。

奈良公園からまあまあ近い所に新薬師寺があります。
あまり訪れる人がいないのか静かな所なのです。
奈良2019-09
国宝・新薬師寺・本堂(奈良時代建立)
創建当時の本堂はもうありません。こちらは修行のためのお堂とも食堂だったともいわれています。
お堂の中には円形の土台が築かれ、本尊の薬師如来座像を取り囲むように十二神将立像が配置されています。

奈良2019-10
国宝・木造・薬師如来坐像と国宝・塑像・十二神将立像 奈良時代(パンフレットより)
以前、ここを訪れた時は堂内は真っ暗で、懐中電灯が用意されていて、十二神将の顔を懐中電灯で照らしながら拝見したのですが、今回は懐中電灯はなく、割と明るく感じました。それでも他の寺院に比べたら暗い方かもしれません。どっしりとした薬師如来座像を囲む塑像の十二神将が白く浮かび上がって幽玄さを感じます。自分の干支の神将の所へはロウソクをあげている方が多いです

奈良2019-11
国宝・塑像・十二神将の一部(パンフレットより)
右の 伐折羅(ばさら)大将の髪は「怒髪天を衝く」表現が有名です。
500円切手にも使われましたが、そんな高額な切手は一般には使いませんね。

新薬師寺のすぐ近くには奈良の仏像や風景を撮り続けた入江泰吉の写真館があります。
奈良2019-12
入江泰吉記念・奈良市写真美術館 設計は黒川紀章氏です。

奈良2019-2-13
暑いし、いろいろ見て疲れてしまったので今回は素通り^^;
塀越しにちょっと写真を撮らせてもらいました。
展示室は地下にあり、外壁はガラス張りになっているため瓦葺きの大屋根がぽっかりと浮いているように見えるのだそうです。
高畑界隈には志賀直哉旧居もあるので、また次回行くことにしましょう。

奈良2019-14
散歩コースの廃屋の塀に毎年カラスウリの蔓が伸びています。
夜8時頃咲いて朝にはしぼんでしまうので、1本ちぎってきました。
(夜間、廃屋に行くのは怖いし~)

奈良2019-15
カラスウリ、咲きました。何とも不思議な花ですね。
家で水揚げして、待つことしばし。
少し部屋を暗くしておくと、ちゃんと8時頃に開花しました。
8月も後半になると結実していますので種ができるころに貰って来ようかな。

暑い時はじっと寝てる・こまち &洋子

iine
ポチッとよろしく! 

 

|

« 初夏の京都へ | トップページ | 琵琶湖のほとり、長浜を歩いてみた。 »

コメント

こんにちは(#^^#)
おばさん、お煎餅をねだられていると言うよりは
「お煎餅くらいの大きさだけど、違うの?」って
言われているような・・・?(;・∀・)

お茶碗は焼き物なんでしょう?
どうして、こんな輝きが出るのか、不思議~。
見とれてしまいますね(#^^#)

投稿: 四季 | 2019年8月20日 (火) 17時43分

ばんびさん、こんばんは☆
鹿さん、可愛いなぁ♡この猛暑では鹿さんも水浴びしたくなっちゃうのですね!おねだりされて鹿せんべいはあげたのかしら~!?
その昔、奈良でお金出して鹿の角切り見たの思い出したわ^^;

曜変天目茶碗はとても美しいですね(o^-^o)

投稿: おやゆき | 2019年8月20日 (火) 20時09分

鹿もこの暑さではシンクロしたくなるだいね
よしゃ 部員にしたるべ(笑)

投稿: あさひ | 2019年8月20日 (火) 21時04分

カラスウリの花は神秘的ですよね。
夜は怖くて、見に行けません
いつもしぼんだものしか見てません"(-""-)"

投稿: 姉さん | 2019年8月20日 (火) 22時02分

名前入れ忘れた  🙇

投稿: 姉さん | 2019年8月20日 (火) 22時03分

🍆 四季さん、こんにちは
初夏の京都も夏も暑いです。鹿たちも木陰や水に入ってました。あまりセンベイ食べてなかったです。
曜変天目茶碗は再現しようと陶芸作家さんが研究されていますがまだまだ謎が多いのだそうです。

投稿: ばんび | 2019年8月22日 (木) 15時38分

🍆 おやゆきさん、こんにちは
今年の夏もやっぱり猛暑でしたね。鹿が水に入ってるのは初めて見ました。おばさんがセンベイを持ってないのが分かるとさっさと他所へ行ってしまいました^^;
3つ目の曜変天目茶碗もいつか見に行きたいです。

投稿: ばんび | 2019年8月22日 (木) 15時52分

🍆 あさひさん、こんにちは
鹿も泳げるんですね。島へ泳いで渡る鹿がいると聞いたことがあります。シンクロ部員、鹿チームできるかも^^;

投稿: ばんび | 2019年8月22日 (木) 15時55分

🍆 姉さん、こんにちは
カラスウリ、実が赤くなったら種を取ってこようと思います。毎年見に行くけど廃屋なのでいつ解体されるかわからないので…(と思うけどもう十年くらい経つかも)

投稿: ばんび | 2019年8月22日 (木) 16時02分

こんにちは。昨日あたりは上着がないと寒いと感じる
気温でした。
もう夏は終わったかも。
藤田美術館のリニューアル後、是非見に行きたいです。
曜変天目、素晴らしいだろうなあ。

投稿: kayoko | 2019年8月24日 (土) 11時57分

おばさんと鹿のツーショット可愛い♪
大昔勤めていた歯科医院にあったカラスウリ
何年も世話はしてたけど午後5時までの勤務だったから花は見た事ありませんでした。
最近花を知って無理にでも残って見ておけばよかったと思います。

投稿: だーしょんまお | 2019年8月24日 (土) 22時13分

こんばんは。やっと涼しい夜がやってきましたね。虫が合唱しています。
カラスウリの花、初めて見ました。夜咲くんですね。知らなかったです。きれいですね。
奈良は、去年正倉院展に行ったきりです。写真美術館行きたいです。

投稿: ひろ | 2019年8月24日 (土) 22時18分

🍆 kayokoさん、こんにちは
藤田さんちはお金持ちだったんですね。国宝や重要文化財が一杯です。大阪もまだ未開拓なので行かなくっちゃ💨

投稿: ばんび | 2019年8月25日 (日) 13時54分

🍆 だーしょんまおさん、こんにちは
カラスウリは実も可愛いです。カラスがあるならスズメウリもあるのですが、実は見ましたが、花を見たことがありません。どんな花か探してみようと思います。

投稿: ばんび | 2019年8月25日 (日) 13時57分

🍆 ひろさん、こんにちは
正倉院展は混みますね。曜変天目茶碗の行列も似たようなものかもしれません。他にたくさん見るものがあるので人が流れていくだけましだったかなと思います。
カラスウリ、種を取ってきたら家で撒いてみようと思ってます。夜な夜な怪しい花が咲くのって夏にぴったりでしょ^^

投稿: ばんび | 2019年8月25日 (日) 14時00分

こんばんわ、ばんびさん
今も発掘すると何か出てくる奈良。
はるか昔近鉄奈良線の車掌さんの言葉が解らずトンチンカンな返答した私です。
国宝なんちゃら茶碗(笑)すごくきれいですね。本当に宇宙を感じます。ただ、なぜかこのタイプの展示品を見ると『これを持って落としてしまう私』を想像してしまい怖いです^^; 仏像のほうが安心、安心。
鹿せんべいは味見したことありますが、味がまったくなかったですよ。

投稿: チョロ | 2019年9月18日 (水) 19時17分

🍆 チョロさん、こんにちは
奈良で何か発掘でもされたのかな?今年は世界に3つしかない曜変天目茶碗を2つ見ることができました。あと一つは東京にあるのでいつか見られると思います。形あるものはいつか壊れるけど、自分が当事者にはなりたくないですね^^;
鹿せんべい、味見したことあります。こまちは好きじゃないみたい。

投稿: ばんび | 2019年9月23日 (月) 09時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初夏の京都へ | トップページ | 琵琶湖のほとり、長浜を歩いてみた。 »