« 大分の旅・岩を穿つ~その1 | トップページ | 大分の旅・岩を穿つ~その2 »

2019年11月28日 (木)

大分の旅 高原に泊まる

もう11月も終わりですね。今年もあとわずかになりました。
大分の旅はゆるゆると続きます。

臼杵から阿蘇の方へ向かっています
お宿は久住高原なので近くの「くじゅう花公園」に行きました。
大分2019-2-01
標高850mの久住高原に広がる広大な花公園です。

大分2019-2-02
10月の半ば過ぎはサルビアが咲いていました。真ん中の山が久住山(標高1,787m)です⛰

大分2019-2-03
こちらはマリーゴールド。黄色とオレンジが鮮やかです。

大分2019-2-04
温室エリアもあります。フクシアやベゴニアが多いかな。
紫の花はえ~~っと忘れました

大分2019-2-05
グリーンモスの滝。苔がたっぷりあふれてる。欲しい~

大分2019-2-06
天井からは木立ベゴニアのハンギングがいくつもぶら下がっています。
ベゴニアは原色の赤や黄色が多いけど、優しいピンクも素敵ですね
大分2019-2-07
とにかく広いのですが、夕方近くなのであまり人が居ませんでした👥👤

大分2019-2-08
テントが幾つか設営されています。
テントに泊まって星空観察ができるのですって

大分2019-2-09
夜は冷えそうなんだけど、テント泊のお客さんが居ましたよ⛺
食事はもちろんBBQシャワー棟もあるし、テント内の設備も整っているので手ぶらで来ても大丈夫だそうです。

大分2019-2-10
花は季節ごとに植え替えられていて、コスモスはもう終わりになって白い雪のような花たちのゾーンが素敵でした⛄
おばさん、白い小菊に埋まってみました

大分2019-2-11
この日泊ったのは久住高原の「レゾネイトクラブくじゅう」というリゾートホテル。
高原の地形そのままを生かして建てられているので全貌は入り口からは見えません。
ホテルのフェイスブックから写真をお借りしました。
コテージのような部屋が並んでいて、多分一番右端だったのではないかと思います。
中央の管理棟、食堂から遠かった

大分2019-2-12
部屋の外には見渡す限りの草原が広がっていました。
人の声も車の音も聞こえません

大分2019-2-13
建物はべんがら色というのでしょうか壁が赤く塗られています。

大分2019-2-14
お茶セット。自分で豆を挽いてコーヒーを入れてみます

大分2019-2-15
お風呂に行きま~す
炭酸水素塩泉で大気に触れると茶褐色に変わるので「べんがらの湯」と名付けらたそうです。

大分2019-2-16
露天風呂もありましたが意外と小さい…

大分2019-2-17
露天風呂の縁に立って建物を写してみました。
草原へ降りて行ければいいのだけれど立ち入りはできないようです

大分2019-2-18
では夕食を頂きましょう
洋食のコースでした。一口で頂いたアミューズ・無花果のなんちゃらは写真を撮る前に口の中へ…
左からオードブル(豚足ときのこの包み焼、サラダ添え)焼きナスのクリームスープ、パン2種。
そんなに賑やかじゃないのに私たちは隅っこのテーブルで灯りはランプだけ。暗くて料理が見えません。
でも美味しい~。パンも焼きたてアツアツでお代わりしちゃいました。

大分2019-2-19
魚料理は白身魚のポワレと白いんげん豆のグラッセ、メインは和牛もも肉のロテスリィ。デザート、オレンジ風味のティラミス。
ワインも美味しくて満足満足

大分2019-2-20
翌朝、部屋から朝日が見えました

大分2019-2-21
朝食はビュッフェスタイルなので、少しづつ頂きました。

大分2019-2-22
オマケです。同系列の久住高原コテージホテル。
以前に阿蘇を訪れた時に立ち寄りました。
ここの露天風呂の解放感がたまらなく好きです。

大分2019-2-23
草原を渡って来る風が気持ちのいい露天風呂でした。
料理はレゾネイトクラブ、お風呂は高原コテージがお薦めです

高原に行ったら匂い探しに夢中になる・こまち &洋子

iine ポチッとよろしく!

 

|

« 大分の旅・岩を穿つ~その1 | トップページ | 大分の旅・岩を穿つ~その2 »

コメント

全国ほとんどの県に行ったと思うけど、大分は?
大草原の小さな家
草原を吹き渡る風
行ってみたい
必ず行ってやる(キッパリ)

投稿: 酒が好き | 2019年11月28日 (木) 14時39分

せかっく旅に出るのならばやはり予習が必要ですね。
いつもながらのお見事なコースに感嘆しきりです。
べんがらの湯に入ってみたいです~

投稿: あめぶる | 2019年11月28日 (木) 16時11分

ばんびさん、こんばんは~☆

紫色のお花・・もしかして「アキギリ」(秋桐)かしら? 葉の形がちょっと違うかな?(^^ゞ

大分県はまだ足を踏み入れたことがありません。

お天気にも恵まれて、行いの良さが如実に~(^_-)-☆

テントでの星空観察、憧れちゃいます☆彡
いつか行ってみたい候補に登録しま~す☆★☆

投稿: チュチュ♥ | 2019年11月28日 (木) 18時43分

まだ景色が秋っぽいですかね。
1月も経ち、今週は急に寒くなって一気に冬のように。やっぱり出掛けられるチャンスは逃したくないです。
露天風呂でモザイクが掛かっているのは何ですか?
もしや風呂にデジカメ持ち込んで、そして露天風呂の縁に仁王立ちですか?
日常から離れて、リフレッシュですね。極楽、極楽。

投稿: ハル | 2019年11月28日 (木) 21時57分

いらっしゃいませ~❤
お待ちしておりました。

お食事、美味しかったそうで良かったです。
うっふっふ。露天風呂、狭かったでしょう( *´艸`)
私たちは近すぎて、なかなか宿泊までいきません。
いつもはお昼のビュッフェだけですが、久しぶりに
お泊りしたくなりますね。

花公園にも行かれたんですね。こちらは広すぎて
お時間たっぷりないと、難しいでしょう?

続きの旅日記も、楽しみにしています(#^.^#)

投稿: 四季 | 2019年11月29日 (金) 13時32分

たぶん、、、

紫の花 プレクトランサス ではなかと?
おらんちに以前あったプレクトランサス、ケープエンジェルって言ってサルビアに似たような咲き方だった
で、、、
あのモザイクが気になるだ( ´艸`)

投稿: あさひ | 2019年11月30日 (土) 16時20分

https://kurashi-no.jp/I0021173
 ↑
これ参考にしてちょ

投稿: あさひ | 2019年11月30日 (土) 16時23分

🍶 酒が好きさん、こんばんは
大分は麦焼酎ですよ~。二階堂酒造がありますのでぜひ行ってくださいね。高原で風に吹かれながら飲むお酒は最高です^0^

投稿: ばんび | 2019年11月30日 (土) 21時16分

🍁 あめぶるさん、こんばんは
旅の計画は立ててる時が一番ワクワクします。
期待が膨らみ過ぎて行ってみたらがっかりなんてこともありますがそれも経験ですものね。
思い立ったが吉日、迷いなく行っちゃいましょう!

投稿: ばんび | 2019年11月30日 (土) 21時20分

🍁 チュチュ♥さん、こんばんは
花の名前、あさひさんのコメントにあるプレクトランサス、ケープエンジェルだと思います。プレなんとかでケープなんちゃらってちょっとだけ思い出しました。長いカタカナ名は覚えにくいですね。
シソ科でサルビアに似た咲き方は共通してると思います。大分って穴場かもしれませんよ^^

投稿: ばんび | 2019年11月30日 (土) 21時27分

🍁 ハルさん、こんばんは
モザイクは~見えてはいけないもの…ではなくて、写真の加工でモザイクのかけ方を試していたのでちょっとやってみました。意外な効果が出ましたね( *´艸`)

投稿: ばんび | 2019年11月30日 (土) 21時29分

🍁 四季さん、こんばんは
四季さんがブログで紹介して下さったので絶対行きたいと思ってました。私たちが泊まった翌日からはラグビー観戦のツアーで外国からのお客様で満杯になってたそうです。去年ドタキャンしたので今年こそでしたが、ぎりぎりセーフでした(*_*;

投稿: ばんび | 2019年11月30日 (土) 22時36分

🍁 あさひさん、こんばんは
さすが!園芸家ですねえ。サルビアみたいだけどちょっと違うし、名前は長いしでぼーっとしてたら忘れちゃいました。間違いないです!!プレちゃんでした。モザイク??四季さんの真似をしようとして失敗したんですぅ~~😭

投稿: ばんび | 2019年11月30日 (土) 22時40分

こんばんわ~
お花がきれい!きれい! ここ日本ですか?
空も山もテントもお料理も絵に描いたようなリゾートライフですね。別の季節ならまた別の景色なのでしょうね。
白い小菊に埋もれているおばさんが小さいのか、お花が大きいのか面白いです。
私も皆さんと同じくモザイクが気になりました(笑)
チョロ

投稿: チョロ | 2019年12月 2日 (月) 21時09分

🍁 チョロさん、こんばんは
日本です。大分県ですよ~。標高800m位の高原なのでとても気持ちがいいです。晩秋の夕方はちょっとひんやりしてましたが、温泉で暖まりました。
モザイクはシンクロを特訓中の足です(極秘)
おばさんは身長25cm位なのでポケットにも入っちゃいます。

投稿: ばんび | 2019年12月 6日 (金) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大分の旅・岩を穿つ~その1 | トップページ | 大分の旅・岩を穿つ~その2 »