« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月15日 (日)

大分の旅・岩を穿つ~その2

12月半ばになりました。今年も残すところわずかとなりましたが、あまり切羽詰まった気がしないのは、少し暖かな日が続くからでしょうか
大分の旅はゆるゆると更新しています。

高原の宿でしっかり朝食を取ったら出発~
大分2019-3-01 
朝の高原は気持ちがいいです。久住高原から牧草地帯を抜けていきます。

大分2019-3-02 
見晴らしのいい場所に停車してやまなみを見ようとしたけど、足元が気になりました牛さんの元気印です

大分2019-3-03 
坊がづる湿原をちょっと散策。

大分2019-3-04 
見渡す限りススキの原。湿地なので木道が整備されています。
春なら湿地特有の花が見られたでしょうね。

大分2019-3-05 
あちらに見えるのは日本一のつり橋「九重(ここのえ)夢の大吊橋」です。

大分2019-3-06 
車両は通行できません。長さ390m、高さ173m、歩道専用の橋です。
通行料は大人500円。では渡ってみましょう

大分2019-3-08 
橋の真ん中あたりまで進むと滝が見えます。
左側の大きい方が震動の滝・雄滝、右側は雌滝です。
高さはあるのですが、眼下の川は原生林に覆われて殆ど見えないので恐怖感がありません。
 
大分2019-3-07 
お金かかったんだろうなって思いますが、観光客がわんさと押しかけて1年で元が取れて町は潤ったとか…
最近はお隣の国のお客さんが減ったのでガランとしていました…(ちょっと心配)

大分2019-3-09 
紅葉の時期は激しい渋滞になる耶馬渓(やばけい)。
一目八景という展望台から対岸の奇岩群を見ました。
 
大分2019-3-10 
「群猿山」それぞれの岩には名前がついています。
木が茂り過ぎるので岩がよく見えるように修景(邪魔な木を少しずつ伐採すること)しているそうです。

大分2019-3-11 
紅葉前は閑散としていて、名物のそばまんじゅうのお店も開いていませんでした
耶馬渓はここだけじゃなくて見どころは沢山あるのですが、今回は奇岩群を見て次の岩場へ移動しました。

大分2019-3-12
国道沿いにある「青の洞門」に行きました。
山国川にせり出すように崖が迫っています。ここにトンネルを掘ったのは江戸時代の僧侶・禅海和尚でした。

大分2019-3-13 
崖道を鎖に吊り下げられて通行していた人々が、数知れず命を落としたのを見かねて、トンネルを掘ったという由来が書いてあります。

大分2019-3-14 
現在は車両も通ることができますが、昔のトンネルが残っているので入ってみましょう。

大分2019-3-15 
トンネルの奥に見える像は禅海和尚が鑿で岩を掘っている姿です。
重機など無い時代ですから手彫りです。


大分2019-3-16 
灯り取りの窓は当時のものです。

大分2019-3-17 
一人で掘ったわけではなく、資金を集め石工を雇ったのですが、
完成までに30年の歳月がかかりました。岩壁には鑿の後が残っています。

大分2019-3-18 
道路工事で変わってしまいましたがこんな穴を掘り進んだのでしょうか。

大分2019-3-19 
この実話をもとに菊池寛が「恩讐の彼方に」という小説を書きました
小学校の時に読書感想文を書いた記憶が…。

大分2019-3-20 
青の洞門のすぐそばの禅海茶屋で頂いた「だご汁定食」ちょっとビール付
川風に吹かれた後は暖かいだご汁が美味しかったです。

温かいものは苦手。犬も猫舌?なこまち&洋子

iine ポチッとよろしく!

| | コメント (10)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »