« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月23日 (木)

大分の旅・岩を穿つ~その4 最終回

1月ももう終盤です。20日は大寒だったのに暖かで、雨降りが1週間も続く予報が出ています。菜種梅雨の走りかしらん
愛知県の渥美半島では1月に菜の花祭りが始まって、菜の花に埋もれて写真を撮ったりされているそうですが、このまますんなり春が来るとは思えませんね。
大分の旅いよいよ最終回です。国東半島の付け根にある宇佐神宮を出て少し山の中へ向かいました。
豊後高田市にある富貴寺へ。
(写真はクリックで大きくなります)
大分2019-6-01
「富貴寺大堂」こじんまりとしたお堂ですが平安時代後期に建てられた総素木(榧かや)造りで国宝に指定されています。
雨が降っていなければ廻り縁を回って横の扉から堂内へ入ることができます。

大分2019-6-02
拝観料は本堂の工事や修復の費用に使われるそうです。
塀の向こう側で本堂の解体修理工事が行われていました

大分2019-6-03
昨年は本尊の阿弥陀如来坐像と脇侍の勢至菩薩像、観世音菩薩像が三体一同に御開帳されていて、お堂の中で拝観することができました。

大分2019-6-04
門の仁王様達も独特な表情をされています。
石造りというのも珍しいですね。

大分2019-6-05
身長170cm程なので居丈高に見下ろされている感じがなくて親しみが持てます

大分2019-6-06
小さいお堂ですが、九州最古の和様建築物です。
本尊の阿弥陀如来坐像は重要文化財、写真は写せませんでしたが堂内の壁画も重要文化財に指定されています。

大分2019-6-07
同じ豊後高田市田染(たしぶ)にある「真木大堂」へ。
旧本堂から収蔵庫へ移された仏像9体は全て重要文化財に指定されています。
(パンフレットの写真より)左の牛に乗った大威徳明王の火炎光背と、右から2番目の不動明王の背負う迦楼羅焔(かるらえん)の違いが面白かったです。
真木大堂はホームページもあるので詳しくはこちらへ⇒真木大堂

そしてこの旅で最も過酷な登りを…
大分2019-6-08
熊野摩崖仏を見るためにこの乱積みの石段を登ります。ここまで来るのに既に山道と少し急な石段を300m程登っています。そして最後にこの乱積みの石段が待っているのです。
この石段は鬼が築いたという伝説があります。
★紀州熊野から移って来た権現様のおかげでこの田染の村人たちは健康に暮らしていましたが、それに目を付けた鬼が村人を食らおうと狙っていました。権現様は鬼に「日暮れから夜明けまでに百段の石段を造ったら人間を食べても良いができなければお前を食ってしまうぞ」と言い渡しました。勿論そんな事ができるはずがないと思っての事でしたが、鬼は空腹を抱え、食べたい一心で夢中で石を積み上げて行ったのです権現様がその早業に気付いたのは鬼が百段目の石を抱えて登って来る時でしたこのままでは村人が食われてしまうと思った権現様は、咄嗟に夜明けを告げる鶏の鳴き真似をしました。後1段で完成なのに、鶏の声に驚いた鬼は、今度は自分が食われてしまうかもしれないと石を担いだまま逃げて行き、石を放るとそのまま息絶えてしまいました
鬼の執念がこもっているのか、とにかくキツイ実際には下の山道から30分くらいで登ったのですが息が切れました

大分2019-6-09
石段を登りきって2体の摩崖仏とご対面。
国指定史跡。2体とも重要文化財です。平安末期の造営と推定されています。
臼杵の摩崖仏のような屋根はありません。雨ざらし、風雪に耐えてます(雪が降るかどうかは

大分2019-6-10
不動明王像 高さ約8m。半立像で体の部分はあまり人工を加えてありません。
右手に剣を持ち、左手は下げてこぶしを結んでいるのでしょうか?
お顔も怖い忿怒相ではなく広く横に広がった鼻、牙もみえますがどことなくおかしみがあります。

大分2019-6-11
右側の大日如来像は高さ、6.8m。地下に脚部が埋没しているのではなく半立像だということです。左の不動明王に比べるときりりと引き締まったお顔で、鬼と権現様のお話がダブってきます。
鬼の石段の話は人形劇にしたくなりますね。お腹が減ったまま死んじゃうのはちょっと可哀想な気がしますけど。
下りの石段を足元に気を付けながら降りてきたら雨が降り始めましたギリギリセーフまだこれからっていう方も数人いらっしゃいました。
豊後高田市の田染荘は宇佐神宮の荘園でしたので、現在も平安、鎌倉時代の田畑が位置も変わらず残っていて美しい棚田を見ることができます。

大分2019-6-12
最後の訪問先は二階堂美術館麦焼酎で有名な二階堂酒造さんが作られた美術館です。
近代から現代の代表的な日本画家の作品を収蔵している日本画専門の美術館です。
「橋本雅邦と門下の俊英」展を堪能しました。

大分2019-6-13
二階堂美術館のある日出町(ひじ)は別府湾の城下カレイで有名お昼はもちろん城下カレイを頂きました平目のお刺身は普通にありますが、カレイのはお刺身は食べたことがない気がします。平目は餌をとる時に活発に泳ぐけれど、カレイは海底の砂に潜っていて、近づいてきた獲物を食べるだけなので平目に比べると筋力が弱く、身が引き締まっていないと言われます。
大きなカレイの形のお皿にお刺身が一杯!ほかに切り身の煮つけ、から揚げなども頂きました。確かに身がふにゃっとした感じで独特の風味です。高級魚だそうでお昼の定食は数名分しかなかったようです。美味しいけれど平目の方が好きかも

大分2019-6-14
デザートもカレイの形のお皿に乗ってきました。

大分2019-6-15
今回行った大分の地図の一部です。黄色の印へ行きました。

大分2019-6-16
お土産は少なめ。TVで紹介されたらしい「ごまだし」。濃厚な摺りごまを出し汁で練り上げたもの。鍋料理や、麺類に合うそうです。臼杵名物の生姜砂糖がかかったせんべい。昔話に出て来るきっちょむさんの漬物。
大分の旅、これで終了です。岩が穿かれた場所それぞれに、昔の人々の想いがこもっていて、楽して見られるものではないなあと感じました体力があるうちにぜひ、訪れてみてくださいね。

もう老年期だから寝てる方がいい・こまち &洋子

 

iine

ポチッとよろしく!

 

| | コメント (10)

2020年1月11日 (土)

大分の旅 国東半島へ

 お正月休みも終わって寒に入りました。
いよいよ一年で最も寒い時期になりますね
今年は暖冬のようで、窓から入る日射し、お日様暖房のおかげで灯油代がちょっと助かっています

さて大分の旅、3日目は国東半島へ向かいました
高原から少し海が近くなってきました。
朝一番に宇佐神宮へお参りしました。

大分2019-5-01
境内が広い!はるか彼方に朱色の建物が見えます
人が少ないのでとても静かです。

大分2019-5-02
やっと鳥居まで来ました

大分2019-5-03
西大門
安土桃山様式の唐破風が美しいですね。
宇佐神宮は全国の八幡様の総本宮です。隣の敷地には弥勒寺というお寺も建てられ、神仏習合の発祥地として有名ですが、明治の廃仏毀釈令によって取り壊され、現在残っているのは礎石だけです。

大分2019-5-04
簡単な案内図を頂きました。
(写真はクリックすると大きくなります)
上宮本殿からお参りしましょう。

大分2019-5-05
南中楼門でお参り。ここでのお参りの作法は「二拝四拍手一拝」です
奥の方でわかりづらいですが、本殿の三棟がM字型に並んでいます。
本殿三棟は八幡造という古い神社形式で建てられていて、国宝に指定されています。

大分2019-5-06
一之御殿に祀られている八幡大神は武運の神様だけど、おばさんの願いは一つ「世界平和」です

大分2019-5-07
南中楼門(勅使門)の正面から
二之御殿の前です。それぞれの殿社にお祭りされているのは、
一之御殿には八幡大神(はちまんおおかみ・応神天皇)
二之御殿には比売大神(ひめのおおかみ・多岐津姫命・・・)
三之御殿には神巧皇后(じんぐうこうごう・応神天皇の母)
日本書紀に出て来るそうですから読み返すともっと詳しくわかると思います
大分2019-5-08
皇室も伊勢神宮に次ぐ宗廟として崇敬されているそうです。
令和XX年の御下賜の札が立つ日も近いかな?

大分2019-5-09
若宮神社
応神天皇の若宮・仁徳天皇と4人の皇子が祀られています。

大分2019-5-10
兆竹(さましたけ)
下宮の横に細い竹が一叢植わっています。
若宮神社の拝殿の内庭で亀卜(きぼく)が行われた際に、この竹で熱を冷ましたと伝えられています。
亀卜とは、亀の甲羅を焼いてできたひびで五穀豊穣などを占う古代からの儀式ですが、つい最近、大嘗祭に用いる米の産地を決めるのにも亀卜が行われたそうですね

大分2019-5-11
苔むした石灯篭の上に可愛い顔の狛犬が乗っていました。
薄暗い所でしたのではっきりわかりませんね

大分2019-5-12
もう一方の狛犬は逆立ちしています。
下宮も同じ神様が祭られているので写真は省略します。
宝物殿もあるので見どころは一杯ですが、国東半島をもう少し回っていくのでこの辺で次へ…

大分2019-5-13
散歩コースにあるお庭にジャンボレモンがなっていました。
一つ頂いたのですが、普通サイズのレモンも下さったので比較写真です。
4倍以上ある気がします。

大分2019-5-14
果汁だけ絞るのは勿体ないので皮も実も使ってジャムにしました
夏みかんのマーマレードより香りが強いけどちょっと酸っぱいかな。
ヨーグルトに混ぜたり、はちみつを足してホットレモネードにも使えそうです

酸っぱいのは苦手~なこまち &洋子

iine ポチッとよろしく!

| | コメント (10)

2020年1月 1日 (水)

大分の旅・岩を穿つ~その3

皆様,明けましておめでとうございます。
今年こそ災害の少ない明るい年になりますように
旧年中はブログ訪問、コメントを頂きありがとうございました。
今年もゆる~い記事更新ですが、時々お付き合い下さいますようお願い申し上げます。

さて大分の旅、あと2回ほどで終わる予定です。
青の洞門を見学した後、禅海和尚のゆかりの品があるという羅漢寺へ行ってみました。

大分2019-4-01
山国川にかかる「耶馬渓橋」通称オランダ橋です。
1923年(大正12年)に竣工された日本最長の石造アーチ橋です。
長崎県にある石橋と石の組み方が似ているのでオランダ橋と呼ばれているのだそうです。
ここから少し上流へ行ったところに羅漢寺があります。

大分2019-4-02-1
(大分県観光情報サイト提供)
岩に貼りつくように建てられた山門。
岩肌がえぐれた岩窟には3700体余りの羅漢像や石仏が並んでいます。

大分2019-4-02
「リフト券」の写真です。
リフト乗り場の横に「禅海堂」があり、「青の洞門」の掘削に使ったノミや槌が展示してあります

大分2019-4-03
(下りの方が余裕があったので写真が撮れました)
山道を登ると30分、リフトなら5分弱で山門近くに着きます。

大分2019-4-04
何故、このような岩山にお堂を建てたのでしょうね。
室町時代、三代将軍足利義満が建立したと伝えられる山門です。山門から中は撮影禁止

大分2019-4-05
千体仏や、羅漢像がぎっしりと並んでいて圧倒されます
本堂は昭和の大火(昭和18年)で消失した後に再現されたものですが、内部も見学でき、岩と一体になった堂の骨組みを垣間見ることができました。秘密のお願いもできるのです
本堂から出て庭へ回ると眼下には耶馬渓の絶景を望むことができます。
耶馬渓は有名ですが、羅漢寺は知らなかったので行ってよかったと思いました。
耶馬溪へ行かれるならぜひこちらも、リフト使わずに登ってみてくださいね

耶馬渓の奇岩群を見た後は湯布院へ向かいました

大分2019-4-06
由布岳がきれいに見えています。阿蘇の山々は放牧や牧草のために山焼きをするので大きな木が生えていません
冬枯れになる前は抹茶をまぶしたような美しい山肌になっていました

大分2019-4-07
方角が変わると由布岳の形も変わるけれど、見えてるとちょっと嬉しいですね。

大分2019-4-08
この日のお宿は湯布高原にある温泉付きの山荘。
友人が管理しているので宿代は要りませんが食事は出ません…

大分2019-4-09
山荘からも由布岳が見えます。周りの林には鹿が居ました。
植木など新芽を食べられるのが悩みだとか…

大分2019-4-10
夕食は湯布院の街へ出て居酒屋さんで頂きました
左下の茶色のものは大分特産のシイタケのステーキ。
ネギかかってないほうがいいんだけど…

山荘の温泉に入って2日目が終わりました
  
大分2019-4-11
お正月なので登場!こまちからもよろしくです。
禅海茶屋のお土産コーナーで買ったこまちにそっくりな指人形(作ればいいのにって言われそう)
今年は病院通いが減りますように・こまち &洋子

iine ポチッとよろしく!

 

| | コメント (14)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »