« 弁当も傘も忘れずに北陸へ~1 | トップページ | 弁当も傘も忘れずに北陸へ~3 »

2020年3月21日 (土)

弁当も傘も忘れずに北陸へ~2

北陸の旅の続きです。十割蕎麦でお腹が満腹になった後は福井県が誇る恐竜博物館へ行きました。

(写真はクリックすると大きくなります)

北陸2019-2-01
福井県立恐竜博物館
丘の上に銀色に光る半球が…曇り空でも見事に輝いています
設計は黒川紀章氏。愛知県の名古屋市美術館や、奈良写真美術館、大阪民族学博物館なども設計されてたのですね。

北陸2019-2-01-1
玄関 恐竜がお出迎えしてくれます。
有名な恐竜博士のベンチもありますよ。他の方が座ってたので写真はありません

北陸2019-2-02
長いエスカレーターで地下へ 
33mもあるエスカレーターで地下展示室へ向かいます

北陸2019-2-03
ティラノサウルスのロボット 
全長7mのロボットが 唸る、吠える!
今にも襲いかかりそうなティラノサウルス。
よく動くロボットなのでシャッターチャンスがなかなか来ません
まさに映画「ジュラシックパーク」の世界です。 
2010年に博物館開館10周年を記念して展示されました。噂のお値段は5000万円

北陸2019-2-04
カマラサウルス 産状 
「産状」とは発見された時の状態のことです。卵でも産んでる所かと思っちゃいますね。
頭部と尻尾をくっつける「海老ぞり」の様子はいわゆる「死のポーズ」だそうです。アメリカで発見された時の状態の複製展示です。
全身の骨格(11m)はほぼ完全な状態で別コーナーで展示されています。

北陸2019-2-05
骨格群 
世界三大恐竜博物館と言われていますので実物大骨格群の数が凄いです
44体もあります。圧倒されますね。

北陸2019-2-06
タルボサウルス 9.4m 
アジア最大の獣脚類(肉食)北アメリカのティラノサウルスとよく似ていますね。前足ちっちゃい

北陸2019-2-07
アロサウルス頭骨 実物 全長9m 
北アメリカにいた獣脚類(肉食)口を大きく開けることができるように頭の骨がゆるくつながっています。大きい獲物を食べてたのでしょうね。

北陸2019-2-08
カマラサウルス頭骨 実物 全長15m 
北アメリカ 竜脚類(草食)4本の太くてしっかりした脚ですが、鼻の中が大きな空洞になっていて頭が軽かったので「空洞のあるトカゲ」と名付けられました。
 
北陸2019-2-09
草食獣が襲われるジオラマ 
大きい方がシュノサウルス 竜脚類(草食・全長15m)で中型のガソサウルス竜脚類(肉食)が襲っています。
中国・四川省で発見されています。
 
北陸2019-2-10
迫ってくるのはアギリサウルス
中国・四川省は恐竜の宝庫。ジオラマで四川省の恐竜たちが生き生きと展示されています。スクリーンもきれい。


北陸2019-2-11
オロロテイタン 
ロシア アムールで発見された鳥脚類(草食)8.1m 頭頂にあるトサカが扇形をしています。

北陸2019-2-12
パキケファロサウルス 堅頭竜類(草食)3.1m 
北アメリカにいた二足歩行の草食恐竜。頭骨全体がドーム状になっていてとげのような骨が頭の周りにあります。
メスをめぐっての争いのためでしょうか?

北陸2019-2-13
フクイサウルス 鳥脚類(草食)4.7m 
福井県勝山市で発見。全身骨格としては日本で初めて発見され、頭骨の特徴から新種の恐竜として「フクイサウルス」と命名されました。
福井県では他に4体の新種が発見され福井県の恐竜コーナーで見ることができます。

北陸2019-2-14
ディメトロトン・リンパタス 単弓類(肉食)1.5~3m 
背中に帆のような物があり、威嚇や熱交換器の機能があったと思われる。少し前までは歯の特徴が哺乳類と似ていたため哺乳類型爬虫類と呼ばれていたそうですが、どうやら間違いだったようです。まだまだ進化の謎は深いのですね。

北陸2019-2-15
アーケロン 古代ウミガメ(雑食)全長4m甲長2m 
前足というか前ひれが大きい!
 
北陸2019-2-16
ズンガリプテリス 翼竜 3~4m 
中国・新疆ウィグル自治区のジュンガル盆地で発見。
学名は地名から「ジュンガルの翼」という意味です。

恐竜が生息していたのはだいたい2億3千万年前の三畳紀、ジュラ紀、白亜紀にかけてでした。およそ6550万年前に絶滅するまでの1億6千万年もの間栄えていたのです。ジュラシックパークの夢,遭ってみたい恐竜たち。骨格だけでもわくわくしますね
発掘や骨のクリーニングなどもやってみたいと思いましたが、旅は始まったばかり。次の目的地へ急ぎましょう

北陸2019-2-17
北陸の冬は雨が多いとか
山裾から立ち上がる虹を初めて見ました。

北陸2019-2-18
恐竜博物館でちょっとうれしい物を見つけました。
キャラ弁にぴったりの海苔です

3月末で「みんなのデジブック広場」が終了しますので、昔の人形劇のデジブックを作りました。
よろしかったらご覧くださいね→かっぱのお守り

恐竜の縫いぐるみには興味がない…こまち&洋子

iine
ポチッとよろしく!

 

 

|

« 弁当も傘も忘れずに北陸へ~1 | トップページ | 弁当も傘も忘れずに北陸へ~3 »

コメント

地球上にこんな大きな恐竜たちが住み、生きるために争っていたかと思うと、ワクワクしますね。
でも、熊1頭で「うわぁ死ぬ」とか思うから、こんな大きな生き物(しかも凶暴)が居たら、見てる間もなくあっと言う間に・・・です。
翼竜が空を飛び、ティラノサウルスが歩き回る世界、たとえタイムマシンがあっても行きたくないです。想像するだけが楽しいのかもしれません。

現代でこの恐竜の名残りを感じるとしたら、海の中、ホオジロザメあたりでしょうか。
うーん。やっぱり化石だけ見てるぐらいで十分かも。(;^_^A

投稿: ハル | 2020年3月22日 (日) 06時58分

繁栄するために巨大化し、効率を上げたんでしょうか?組織を大きくし、自分たちの意見を通しやすくする。
繰り返された地球規模の噴火、巨大隕石など、何度か絶滅しかかった生物。それでも生き残ったことに感謝したいと思います。
恐竜は好きです
あの時代に行って、どんな自然環境だったのか肌で感じてみたい。雨、風はどうだったのでしょうか?
湿度は・・・・・

投稿: 酒が好き | 2020年3月22日 (日) 08時24分

こんにちは(*^-^*)
あらら。前の記事、読みそこなっていました。
北陸にはまだ行った事が無いのですが、曹洞宗は
うちの宗派で、所長は永平寺にお参りしています。
一度行ってみたいなぁ・・・。立派なお寺ですね。
お蕎麦も美味しそう。お代わりできるの?

恐竜って、なぜだか好きです。北九州に「命の旅
博物館」があって、似たような展示を見ました。
ツアーだったので時間が限られていて、もう少し
ゆっくり見たかったです(T_T)

投稿: 四季 | 2020年3月24日 (火) 11時39分

🦕 ハルさん、こんにちは
映画「ジュラシック・パーク」はCGを駆使して大迫力でしたが、やはり実物の骨や複製を見ると大きくてドキドキしますね。恐竜が日本にもいたと確認されたのは最近の事ですから、これからまだまだいろんな発見があると思います。北海道にあるアンモナイトの巨大化石も見に行きたいですね。

投稿: ばんび | 2020年3月25日 (水) 14時22分

🦕 酒が好きさん、こんにちは
「ジュラシックパーク」の原作本には恐竜の息が臭いなんて出てきます。映画ではよだれも出てましたね。骨格模型は乾いたイメージですが、湿潤な環境を想像しちゃいます。

投稿: ばんび | 2020年3月25日 (水) 14時38分

🦕 四季さん、こんにちは
永平寺は修行僧の方たちが沢山いらっしゃるはずですが、廊下ですれ違った方は少なかったです。蕎麦は1合から好きなだけ追加注文ができます。
恐竜の博物館はいろんなところにありますね。我が市の自然史博物館にも骨格模型が数体あります。実物の化石をアメリカから買ったのですが高額で物議をかもした事がありました><
こちらは大変な数が展示されていて疲れてしまうので、レストランで休憩してからゆっくり見たかったです。

投稿: ばんび | 2020年3月25日 (水) 15時24分

2010年に開館10周年という事は今年20周年ですね。
新しい展示が増えるのでしょうか?(今年は無理っぽいですが)
比較的上の方ばかり観る感じの様ですので首が疲れませんでしたか^^;
デジブック観させていただきます。
チョロ

投稿: チョロ | 2020年3月29日 (日) 10時21分

🦕 チョロさん、こんにちは
この博物館はもう展示物いっぱいなのでもう増やさなくてもいいんじゃないかな?恐竜関連の施設はまだいくつかあるし、駅にも道端にも恐竜のモニュメントがいっぱいあるんですよ。まさしく恐竜の街です。会館の中は3階から見下ろしたりもできるようになってます。

投稿: ばんび | 2020年3月29日 (日) 14時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 弁当も傘も忘れずに北陸へ~1 | トップページ | 弁当も傘も忘れずに北陸へ~3 »