« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月20日 (月)

ささやかな花見

4月も半ばを過ぎました。新型コロナウィルスの感染を防ぐため、すべての都道府県に緊急事態宣言が適用され不要不急の外出は避けるようにとのお触れが出ました
時代劇なら高札や瓦版で伝わるのでしょうが、今やネット社会ですので世界の情報もいち早く伝わってきます。
毎日もの凄い勢いで感染者、死者が増えていて恐怖を覚えますね
自分は大丈夫と過信せず、しっかりと予防対処していかなくてはと思います

のんきにお花見なんかしてる場合じゃないので、朝夕そそくさとこまちの散歩だけしていますが、目に映るのは今を盛りの花たち。どんな風が吹こうと季節が廻れば花は咲きます散歩で出会った花たちを少しだけ紹介しますね。

(写真はクリックすると大きくなります)

花便り2020-01 
毎年楽しみにしている散歩コースにある養魚池には20本ほどの桜が植わっています。
池の水面に伸びている枝のおかげで花が倍に見えます。

花便り2020-02 
満開を過ぎると池に花びらが一杯落ちます。
池の管理人さんは毎日花びらを片付けるのが大変

花便り2020-03 
御衣黄桜。
花の色は薄緑。
日が経つと花の色が少し黄色味を帯びてきて花芯が赤く染まってきます。
花芯が血で染まってくるようだとどこかの本に書いてありました

 花便り2020-2-04
ハナミズキ 白が多いのですが実家の庭はピンク。

花便り2020-2-05 
ハナカイドウ 
つぼみの時はぷるんと丸くて可愛いですね。

花便り2020-2-06 
花の王様 牡丹 真っ赤です。

花便り2020-2-07 
ピンクの牡丹もあります。 
白や紫もこれから咲いてくるはずなんだけど、このところの猛暑のせいで少し痩せてしまいました。

花便り2020-2-08 
最近よく見かける花なんですが、名前が分かりません。
ムシトリなでしこに似ているような気もしますが…
散歩コースの家々のプランターからこぼれ種が飛んでどんどん増えているのですが、どなたも名前を知らない。ご存じの方教えて下さいな。
(コメントを頂きまして、「シレネ・カロリニアナ」と判明しました)

花便り2020-2-09 
ブルーベリーの枝に羽化したばかりでしょうか?
羽を広げたままのアゲハチョウがいました🦋

花便り2020-2-10 
ご近所の椿 紅白の染め分けがとてもきれいです。
椿の種類は沢山あるので名前が分かりません。
岩根絞りの何とかかな?

花便り2020-11 
我が家のスミレたち。下は普通のビオラです。
上の鉢にいつの間にか生えてきたスミレはとても小さくて、花は1cmもありません。
何かの土に混ざってきたのだと思います。毎年あちこちの鉢から生えてきます。
可愛いのでどんどん植えてほしいな

花便り2020-2-12 
近くの公園では八重桜が満開なのですが、酷い雷雨だったので花が一杯散ってしまいました。

花便り2020-13 
家にいると運動不足にも関わらず食欲は落ちません
自宅でできる桜餅セットを買ってきて「道明寺粉の桜餅」を作りました。
食紅は別売り。ちょっと入れすぎてしまいました。

ウィルスとの戦いは長期戦になりそうですね。暑くなるとマスクしない人が増えてきそうな気がします。
手洗いのせいで冬場はそんなに荒れてなかったのに、手がカサカサに干からびてきました
手にも心にも潤いを忘れないようにしたいと思います

運動量は変わらないけど食欲がない こまち&洋子

iine
ポチッとよろしく!

 

| | コメント (14)

2020年4月 2日 (木)

弁当も傘も忘れずに北陸へ~3

4月になりました。新年度を迎えましたが、新型コロナウィルスの猛威は鎮まる気配がありません
不要不急の外出を止めるようにとのお達しなので、できる限り人混みを避け、ひっそりと暮らしています
記事はまだ平穏だった昨年の初冬、北陸の旅の続きです。
福井県立恐竜博物館を後にして、車はサスペンスドラマでも有名なロケ地の海岸へやってきました
(写真はクリックすると大きくなります)
北陸2019-3-01 
「東尋坊」 
岸壁は複輝石安山岩の柱状節理で、これほどの規模の柱状節理の安山岩は日本でもここだけです。柱状節理・世界三大絶勝の一つになっているそうです。名前の由来は極悪非道の東尋坊という僧兵がいて、同じく僧兵の真柄覚念(まがらかくねん)との間で、あや姫(土地の美女?)をめぐって恋争いをしていました。ある日、真柄覚念たちは崖の上で酒盛りをしていて、酔った東尋坊を崖の上から海へつき落としてしまいました東尋坊の恨みからか、それから49日の間海が荒れ狂ったそうです

北陸2019-3-02 
風が強くて下まで行けません。
上から眺めていても吹き飛ばされそうです。

北陸2019-3-03 
長い年月の間に波と風で岩が侵食されていきます。

北陸2019-3-04 
怖いですねえ
心霊スポットとか自殺の名所とかいろいろ言われていますが、海が穏やかな時にクルーズ船で観光してみたいですね

北陸2019-3-05 
海岸で冷え切った体を温泉で温めて、さて夕ご飯~
こちらはあわら温泉の某旅館のお座敷。
6人なんだけど、とても広い宴会場に案内されました

北陸2019-3-06 
北陸の海の幸が次々に出てくるのね~

北陸2019-3-07 
特別料理は越前ガニ
高い美味しい
みんな無口になる時間でした

北陸2019-3-08 
朝ごはんも同じ広い宴会場で頂きました。
カレイの干物を焼きながら…。
なかなか焼けない人もいましたね

北陸2019-3-09 
北陸自動車道を金沢へ向かって走ります。
運転手さんが海が見える展望台があるからと「徳光PA」に停まってくれました。
展望テラスから海を見ました。荒れてます

北陸2019-3-10 
日本海。
鳥取出身のメンバーが「冬の日本海はこれでなくっちゃ」と海を見ながら叫ぶ。
大粒の雨と吹き付ける寒風に顔が痛くて目を開けていられません東尋坊も凄かったけど、この海岸も寒い~冷たい~
おばさんも吹っ飛ぶ

北陸2019-3-11 
「兼六園・徽軫(ことじ)灯籠」
兼六園といえばこの灯籠です。難しい漢字が出てきましたが、灯籠の足の部分が琴の糸を支える琴柱に似ていることからつけられました。
高さ2.6mもある立派な灯籠です。兼六園前から2人が合流したのですが、待っている間に霰が降ってきました
凍えそうだけど観光名所なので一回りしなきゃね。

北陸2019-3-12 
「唐崎松(からさきのまつ)」
琵琶湖の唐崎から種を取り寄せて育てた黒松です
冬の風物詩、雪吊りが美しいですね。

北陸2019-3-13  
人面松?笑っているように見えました

北陸2019-3-14 
「時雨亭(しぐれてい)」
平成12年に江戸時代の平面図を元に復元された建物です。
お座敷では煎茶か抹茶がいただけます
ここで一服したかったのですが待ち時間が長そうで今回は断念しました

北陸2019-3-15 
「内橋亭」
兼六園内で一番大きな池「霞が池」の池端に立つ食事処です。
お土産も売ってるのですが、雨が激しく降ってきたので眺めるだけ~

北陸2019-3-16 
園内にある茶屋で雨宿りしながら金箔ソフトクリームをゲット。
さすが加賀百万石、金箔でおおわれています
味?金の味は無味無臭

北陸2019-3-17 
雨宿りしていると何度か雷鳴が轟きました
冬の雷は雪おこしの雷と言われています。
12月初めの冷たい雨。
雪が降ってくるかもと内心期待していたのですが、雨は一向に止みません
予約してある昼食会場へ向かいましょう

北陸2019-3-18 
マスクを作ってみました。
家にあるもので洗える布マスクを作ってみました。
ガーゼのハンカチを畳んで折り曲げて柔らかいゴムを折り目に挟むだけ。
マスク用のゴムも売り切れているらしいので履かないパンスト🧦を輪切りにしてゴムの代わりにしています。簡単です
立体マスクは表地は日本手ぬぐい、裏はダブルガーゼです。こまちの散歩ならこっちがいいかな?

日本全国マスク不足が続いています。緊急事態の施設や医療関係に優先的にマスクが届くといいのだけれど…自分たちにできることは何か?大きな災害の時もそうでしたが、まず自分の身の安全を図ること。いたずらに買いだめに走らない。怪しい情報に惑わされない。目に見えない恐怖との戦いはしばらく続くと思います。どうか皆様ご無事で~

みんなのデジブック広場が3月末で終了しましたが、簡易バージョンを保存してあります。右サイドバーの「ばんび日記・動画集」からご覧になれますのでお暇な時間にぜひ覗いてみてください。

散歩から帰ったらちゃんと足裏を拭いている こまち&洋子

 

iine
ポチッとよろしく!

| | コメント (12)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »