« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月30日 (火)

花便り~5

 6月ももう終わりです早くも1年の半分が過ぎてしまうのですが、ここ数か月のやりきれない日々を返してほしいし、もう一度お花見からやり直したいくらいです
今年の梅雨も一部地域で記録的な雨量を更新しています。こんな時に避難所で過ごすのは辛いですね。大きな災害が起こらないことを願っています
散歩途中で見かけた花などを少し紹介したいと思います。

(写真はクリックで少し大きくなります)

 花便り2020-6-01
ねじばな 
モジズリともいいますね。草丈は20cm位、一つの花の大きさは5㎜位でしょうか。茎の周りを螺旋状に巻いて咲く姿が何ともかわいらしい小さいけどラン科なので花の顔が確かにランです芝生の土に根や球根が混ざっているのか、毎年出て来ますが、少しずつ増えているようです

花便り2020-6-02
アガパンサス 
株が大きいのでうちの庭には植えられませんが、うっとおしい時期に歩道のグリーン帯などに咲いているとほっとします

花便り2020-6-03
合歓の花   
マメ科なので花が終わると莢がついて豆っぽいのがよくわかります。葉はべたつくので駐車場の近くに植えるとちょっと嫌われます

花便り2020-6-04
合歓の花(白花)
白い合歓の花は珍しいと思います。夕方の散歩途中で出会ったので葉っぱはもう閉じていました。花は眠らず,葉が眠る?

花便り2020-6-05
風知草 
とても涼しげな葉です。名前も素敵ですね庭主さんのお話では山野草なので水を切らさないようにしないといけないそうです

花便り2020-6-06
桜欄のつぼみ 
先回の記事で開花した写真を載せましたが、まだつぼみがあったのです。花芽は新しく伸びたツルにつきやすいそうです。確かに葉とは形が違いますね。

花便り2020-6-07
桜欄のつぼみ 
花芽が成長してくると花枝が伸びてきて一つ一つのつぼみが独立してきます。こうなってから1週間くらいで開花かな?

花便り2020-6-08
日日草 
夏の花といえば日日草です。濃いピンクや白がおおいのですが、これは少し紫がかっています。中心に白いボカシが入るので涼し気です。品種名は「爽夏(さわやか)」だと思います。

花便り2020-6-09
タスマニアビオラ(パンダすみれ)
這性のビオラで春先から秋口までゆっくり咲いています。鉢植えのようにびっしり咲かないし、花も1cm位の小ささですがタスマニアという名前が気に入ったので植えています。(植えっぱなしですが)近くにカマキリの赤ちゃんがいました

花便り2020-6-10
カマキリ 
まだ3cm位しかないけど元気そうです。卵を保護していたのですが産まれてくるところは見られませんでした。大きくなったらまた会いましょうね

花便り2020-6-11
オニヤンマ 
散歩途中でトンボを拾いました。羽根が少し傷ついていたので逃げません。雨も降っていて濡れてたしね大きなトンボだったので物差しを並べてみました📏体長は9cm位、オニヤンマの雄です。雌のほうがもう少し大きいそうです。肉食なので鶏肉を爪楊枝🍡にさして近くに置いてたのですが、翌朝居なくなっていました。羽根が乾いて飛んで行ったのでしょう。元気でね~

花便り2020-6-12
ヤモリ 
外灯の近くに毎年出てきます。家族でしょうか?大小で3匹見られることもあります。外灯に集まる虫を食べてくれるので感謝してます 

花便り2020-6-13
ブルーベリー 
去年より沢山収穫できそうですが、色づきが遅いなあ。濃い紫色になって表面に粉が吹いたようにならなきゃ美味しくないです。完熟したら甘みもはっきりしてきます。待ち遠しい~

花便り2020-6-14
アマビエ様 
我が街の老舗和菓子屋さんのお菓子を頂きました。箱書きには疫病退散と書いてありました🖌可愛いくて勿体ないけど、生菓子なのでさっさと食べちゃいました抹茶にすればよかったかな

緊急事態宣言が解除され、休業していたお店やいろんなイベント会場なども再開され、小学校も集団登校になっています。でも違うのですねウィズコロナなんて言い方は好きになれませんしマスクや手洗い、密回避の生活はやはり不自由です。ワクチンや有効な薬が開発されるまでの辛抱でしょうか?
第二波、第三波が必ず来ると言われますがいたずらにおびえるのではなく、自己管理をしっかりして過ごしていかねばと思います

今年の夏も猛暑のようです熱中症にも気を付けてお過ごし下さいね

まだ夏毛になりきらないこまち&洋子

 

iine

ポチッとよろしく!

| | コメント (11)

2020年6月13日 (土)

花便り~4

6月になりました。ここ東海地方も梅雨入りして一日中雨が降っています。新型コロナの新規感染者数は減ってはいますし、緊急事態宣言も解除はされましたが、元の普通の生活に戻るまでにはまだまだ時間がかかりそうです新しい習慣が身に付いたと言えば聞こえはいいのですがマスクをつけてるのはやはり息苦しいですね人と密に接近してない散歩道ではずらして息継ぎをしています
雨が降る前に夏の花たちに会ってきましたのでいくつか紹介しましょう。

(写真はクリックすると大きくなります)

花便り2020-5-01 
桜欄 
この花は茨城のココ友さんが差し芽をして下さったのをうちまで送って頂いたものです。植えてから数年経ってやっと花が咲きました。ツルが1mくらいになれば花がつくとネットの育て方に出ていたので行灯仕立てにしていますが、成長は早いです。1本の小さな花芽がだんだん大きくなって10cm位の半球型に開き小花を咲かせます。観葉植物なので室内に置きたいのですがいい場所がなくて今は外に出ています.
冬は寒さ除けのビニールで囲っていますがどんどん大きくなるので植え替えなくちゃね

花便り2020-5-02 
ミッキーマウスの木 
花は黄色なのですが残ったガクが赤くなり、黒い実が生ります。見る方向にによってはミッキーマウスに見えるのですが、なかなかこれぞという形になってませんね。低木ですがミッキーらしく夏の庭で主役の座を占めているようです🐭

花便り2020-5-03 
ヒペリカム 
蕊が可愛い黄色の花が一杯咲いていました。花期は短いけれどすぐに実ができてきます。だんだん赤くなってきて生け花の名脇役になってます。花屋さんでは花よりも実がついてる枝が売られていますね。

花便り2020-5-04 
アジサイ・アナベルホワイト 
散歩コースのお庭には色とりどりのアジサイが咲いていますが、一番小さな花をつけるアナベルです。ピンクもありますが、ホワイトがとても可愛いです。一枝頂いてきました。緑から白へ変化していくのを見てるのが楽しいです。

花便り2020-5-05 
ティーツリー 
いつも見かけている木に今年初めて花が咲いていました。庭主さんに名前を尋ねたのですがご存じないちょっと悩みましたがネットニュースで見た木と同じでティーツリーだと確信しました
葉にはスーッとする香りがあってアロマオイルなどにも使われているそうです。こまちが使っている犬用シャンプーとコンディショナーもティーツリーでした🛁道理で嗅いだことのある香りだなと思ったのでした

花便り2020-5-06 
シロタエギク 
冬の寄せ植えでシルバーの葉が重宝されていて大活躍していますが、花はあまり見かけません。咲いてみるとやはりキク科らしい花でした🌼

花便り2020-5-08 
ヒメシャラ 
緑の葉っぱの上の方に咲いているのでなかなか気が付きません。写真も撮りにくいし、一日花なので次の日にはもう落花してしまいます。木肌が赤みを帯びているので葉が落ちた冬でも樹形が楽しめます。

花便り2020-5-08 
ブローディア 
植えっぱなしの球根なので毎年同じところに出てきてきます。少しずつ増えているはずなので、いつか球根を分けてもらおうかなと思っています。細い茎に咲いてますがしっかりしているので一輪挿しにぴったりです。

花便り2020-5-09 
アリウムギガンチウム
散歩コースの駐車場の隅っこに咲いていました。 
立派なネギ坊主の帽子が外れると紫の小花の集合体が出てきます。

花便り2020-5-10 
ギガンチウムっていうくらいなのですべてのつぼみが開くと10cm位の球形になると思います。
存在感ありますねえ。匂いはネギですけど

花便り2020-5-11 
進化するマスク 
夏用のつもりで作ってみました。上は100均で買った濡らしてパンパンすると冷たくなる首巻きで作りました。布巾が足りないので継ぎ接ぎです顔に当たる面はガーゼに接着芯を貼ってます。濡らしてパンパンしてみましたが冷たくなりませんポリエステル100%でテラっとした布なんだけど~何が違うのかな?980円位した首巻は冷たくなりますけどねえ。
下は市販品っぽくプリーツ入れてみました。襞が取れないように、洋裁用品のプリーツ加工用スプレーをかけてアイロンでこれでもかというくらい抑えてありますマスクを少しでも息苦しくなく着けるためには密着しないようにすること。ノーズワイヤーを入れて形をキープできるようにして口部分に空間ができるようにしています。果たしてこんなので夏が乗り切れるかしら
どうかコロナにも熱中症にも気を付けてお過ごしくださいね

梅雨で食欲が落ちちゃった こまち&洋子

 

iine
ポチッとよろしく!

 

| | コメント (6)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »