« 花便り~4 | トップページ | 花便り~6 »

2020年6月30日 (火)

花便り~5

 6月ももう終わりです早くも1年の半分が過ぎてしまうのですが、ここ数か月のやりきれない日々を返してほしいし、もう一度お花見からやり直したいくらいです
今年の梅雨も一部地域で記録的な雨量を更新しています。こんな時に避難所で過ごすのは辛いですね。大きな災害が起こらないことを願っています
散歩途中で見かけた花などを少し紹介したいと思います。

(写真はクリックで少し大きくなります)

 花便り2020-6-01
ねじばな 
モジズリともいいますね。草丈は20cm位、一つの花の大きさは5㎜位でしょうか。茎の周りを螺旋状に巻いて咲く姿が何ともかわいらしい小さいけどラン科なので花の顔が確かにランです芝生の土に根や球根が混ざっているのか、毎年出て来ますが、少しずつ増えているようです

花便り2020-6-02
アガパンサス 
株が大きいのでうちの庭には植えられませんが、うっとおしい時期に歩道のグリーン帯などに咲いているとほっとします

花便り2020-6-03
合歓の花   
マメ科なので花が終わると莢がついて豆っぽいのがよくわかります。葉はべたつくので駐車場の近くに植えるとちょっと嫌われます

花便り2020-6-04
合歓の花(白花)
白い合歓の花は珍しいと思います。夕方の散歩途中で出会ったので葉っぱはもう閉じていました。花は眠らず,葉が眠る?

花便り2020-6-05
風知草 
とても涼しげな葉です。名前も素敵ですね庭主さんのお話では山野草なので水を切らさないようにしないといけないそうです

花便り2020-6-06
桜欄のつぼみ 
先回の記事で開花した写真を載せましたが、まだつぼみがあったのです。花芽は新しく伸びたツルにつきやすいそうです。確かに葉とは形が違いますね。

花便り2020-6-07
桜欄のつぼみ 
花芽が成長してくると花枝が伸びてきて一つ一つのつぼみが独立してきます。こうなってから1週間くらいで開花かな?

花便り2020-6-08
日日草 
夏の花といえば日日草です。濃いピンクや白がおおいのですが、これは少し紫がかっています。中心に白いボカシが入るので涼し気です。品種名は「爽夏(さわやか)」だと思います。

花便り2020-6-09
タスマニアビオラ(パンダすみれ)
這性のビオラで春先から秋口までゆっくり咲いています。鉢植えのようにびっしり咲かないし、花も1cm位の小ささですがタスマニアという名前が気に入ったので植えています。(植えっぱなしですが)近くにカマキリの赤ちゃんがいました

花便り2020-6-10
カマキリ 
まだ3cm位しかないけど元気そうです。卵を保護していたのですが産まれてくるところは見られませんでした。大きくなったらまた会いましょうね

花便り2020-6-11
オニヤンマ 
散歩途中でトンボを拾いました。羽根が少し傷ついていたので逃げません。雨も降っていて濡れてたしね大きなトンボだったので物差しを並べてみました📏体長は9cm位、オニヤンマの雄です。雌のほうがもう少し大きいそうです。肉食なので鶏肉を爪楊枝🍡にさして近くに置いてたのですが、翌朝居なくなっていました。羽根が乾いて飛んで行ったのでしょう。元気でね~

花便り2020-6-12
ヤモリ 
外灯の近くに毎年出てきます。家族でしょうか?大小で3匹見られることもあります。外灯に集まる虫を食べてくれるので感謝してます 

花便り2020-6-13
ブルーベリー 
去年より沢山収穫できそうですが、色づきが遅いなあ。濃い紫色になって表面に粉が吹いたようにならなきゃ美味しくないです。完熟したら甘みもはっきりしてきます。待ち遠しい~

花便り2020-6-14
アマビエ様 
我が街の老舗和菓子屋さんのお菓子を頂きました。箱書きには疫病退散と書いてありました🖌可愛いくて勿体ないけど、生菓子なのでさっさと食べちゃいました抹茶にすればよかったかな

緊急事態宣言が解除され、休業していたお店やいろんなイベント会場なども再開され、小学校も集団登校になっています。でも違うのですねウィズコロナなんて言い方は好きになれませんしマスクや手洗い、密回避の生活はやはり不自由です。ワクチンや有効な薬が開発されるまでの辛抱でしょうか?
第二波、第三波が必ず来ると言われますがいたずらにおびえるのではなく、自己管理をしっかりして過ごしていかねばと思います

今年の夏も猛暑のようです熱中症にも気を付けてお過ごし下さいね

まだ夏毛になりきらないこまち&洋子

 

iine

ポチッとよろしく!

|

« 花便り~4 | トップページ | 花便り~6 »

コメント

持ち込んだフウチソウは、鉢から抜いて(根洗い)夏の盆栽として飾ります。
縞の入ったものが良しとされています。
水を控えて、短めの葉にスッキリと作ります。
持ち込むと球状になり、意外と管理は楽です。

投稿: 酒が好き | 2020年6月30日 (火) 12時14分

ばんびさん、こんにちは。
いつも心休まるお花の紹介をありがとうございます。
 
ねじりばな 10年近く前に亡くなった母方の祖母が
入院している時に、道端で摘んだこのお花を
押し花にして枕元に届けたのを覚えています。
最近、我が家にも咲き出したので
祖母が来てくれたようで
踏まないように気をつけています。
 
私も、ウイズコロナって言葉は凄く嫌です。
大切な家族は勿論のこと、見ず知らずの他人の為に
感染しない、させない…
なんだかこのウイルスに試されているようで
絶対に負けたくないって感じています。

経済も大切だから、ずーっと篭っているわけには
行きませんが、全ての人が以前の生活に戻れば
また犠牲になる人が増えてしまいます。
 
それぞれが守らなければいけない人を思い
考えて行動しなくてはいけませんね。
我が家の緊急事態宣言は継続中です。

投稿: あんず | 2020年6月30日 (火) 13時40分

こんにちは。
ねむの木、小学生の頃の通学途中に、当時は珍しいコンクリートの家があって、そこの広いお庭に咲いていました。その家と庭とねむの木が、子供の頃の思い出の一場面になっています。
山道をドライブしていて見かけると、それだけで気分が⤴(#^.^#)

まだまだ自衛・自粛の日々ですね。予定していたお食事会が三つあるのですが、それも今暫くは保留中です。

投稿: 四季 | 2020年6月30日 (火) 15時28分

うっほっほ
アマビエちゃん かわいい~
役病 退散~
\(^o^)/

投稿: おひるねおかん | 2020年6月30日 (火) 20時08分

いや
疫病。。。。

投稿: おひるねおかん | 2020年6月30日 (火) 20時08分

🍃 酒が好きさん、こんにちは
風知草はホームセンターの園芸部ではなかなか見つかりません。あったら育ててみたいなと思ってます。夏の盆栽にするのって素敵ですね。

投稿: ばんび | 2020年7月 1日 (水) 13時41分

🍃 あんずさん、こんにちは
いつもこのブログに「いいね」を頂きありがとうございます。
いよいよ都知事選ですね。とんでもない選挙放送してるおっさんもいるけど、遊び半分はやめてほしいです。コロナは生まれて初めて身に迫る危機を感じています。自然災害とはまた違う恐怖ですね。
一日でも早くワクチンと特効薬が開発される事を祈ってます。そしてその薬がくまなく世界中の人々へ届けられますように。怪しい委託会社に渡ってしまわないように( 一一)いろんなボロが見えてきて一国民として恥ずかしいです。
点検おばさんもなかなか出かけられませんが季節の移り変わりは見逃さないよう、人気のない所を散歩しています^^

投稿: ばんび | 2020年7月 1日 (水) 13時56分

🍃 四季さん、こんにちは
合歓の木があるお宅って殆どないです。以前、自宅でも鉢植えを置いてみたのですが、車に落ちた葉っぱがねばねばしててきれいに落ちないので撤収しました。上皇后さまが作られた「合歓の木の子守唄」を何となく思い出しています。誰が歌ってたんでしょうね?お出かけ殆ど無いので良く寝てます^^;

投稿: ばんび | 2020年7月 1日 (水) 14時02分

🍃 おひるねおかんさん、こんにちは
アマビエって初めはアマエビだと思ってました。
さすがにこれだけ有名になったら間違えませんけど^^;疫病退散は簡単じゃないけど、布マスク作ったり、お菓子やグッズを作ったりしてると少し気持ちが明るくなりますね。もちろんお菓子が美味しければ言うことなしです^^

投稿: ばんび | 2020年7月 1日 (水) 14時05分

こんにちは

ばんびさん おらんちにもアガパンサスは
あるだよ
で、、、これ増えるだいね、、、
で、、、二年前職場に株分けしてあげただよ
で、、、今年
売れ残りの植木鉢に移植して売っただ
なんと 二鉢とも利用者が買って
帰っただよ、、、、あはっ(;'∀')
おら コロナにも負けねえで土いじりで
免疫付けているだ ( ´艸`)
花はいいよね
癒されるだ~

投稿: あさひ | 2020年7月12日 (日) 16時41分

🍃 あさひさん こんにちは
アガパンサスは植木鉢でもいけるんですか?
庭だとかなりの大株で、うちでは無理だとあきらめてました。鉢でいいなら実家から貰ってこようかな^^小さいタイプのもあるみたいで探そうかと思ってたんです。梅雨の鬱陶しい時期に咲く花はけなげで心が和らぎますね。

投稿: ばんび | 2020年7月13日 (月) 10時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花便り~4 | トップページ | 花便り~6 »